女は二度決断するの作品情報・感想・評価

女は二度決断する2017年製作の映画)

Aus dem Nichts/In the Fade

上映日:2018年04月14日

製作国:

上映時間:106分

3.8

あらすじ

ドイツ、ハンブルク。生粋のドイツ人のカティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚する。ヌーリは麻薬の売買をしていたが、足を洗い、真面目に働き、息子も生まれ、幸せな家庭を築いていた。 ある日、ヌーリの事務所の前で白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが犠牲になる。トルコ人同士のもめごとが原因ではないか?と警察は疑うが、移民街を狙ったドイツ人によるテロであることが判明する。突然愛する家族を奪われた…

ドイツ、ハンブルク。生粋のドイツ人のカティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚する。ヌーリは麻薬の売買をしていたが、足を洗い、真面目に働き、息子も生まれ、幸せな家庭を築いていた。 ある日、ヌーリの事務所の前で白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが犠牲になる。トルコ人同士のもめごとが原因ではないか?と警察は疑うが、移民街を狙ったドイツ人によるテロであることが判明する。突然愛する家族を奪われたカティヤ。憎悪と絶望の中、生きる気力を失いそうになりながら、カティヤはある決断をするのだった。

「女は二度決断する」に投稿された感想・評価

ドイツ版スリービルボード?これもまた赦しの物語か。ドイツのトルコ移民とネオナチってテーマ選びがそう思わせるんだろうか。
冒頭から、まるでドキュメンタリーを見ているような臨場感でこの世界観に引き込まれた。吐きそうなほど、リアルな問題作。
AtsuyaGoT

AtsuyaGoTの感想・評価

4.2
面白かった〜、ダイアン クルーガーの演技素晴らしい!

法廷シーンもなんか見応えあったな〜
Yukko

Yukkoの感想・評価

4.2
ドイツで台頭するネオナチに、トルコ系移民で元犯罪者の夫(更生済)と子供を殺された嫁が復讐する話

犯人と法律がほんとーーーーに💩で最後までハァ????っていう怒りと絶望。
主人公にがっつり感情移入しながら鑑賞

ネオナチの女の方の声があからさまにアホっぽい
TaroAwano

TaroAwanoの感想・評価

3.6
唯一の救いがあるとすれば復讐という、あまりにもやるせない話。
土砂降りの悲しみのスタートに対し、晴天で迎えるラストは不思議と爽やか。
法廷での議論のテンポの良さや、後半のスリリングな展開など、飽きさせない映像でした。
ricky

rickyの感想・評価

3.0
一度目の決断の後の二度目のあの決断。
私には出来ないな、と思いました。
観た後に気分が重くなる映画でした。
nogsing

nogsingの感想・評価

4.3
とてつもない悲しみと重み、苦しみに押し潰されそうな感覚。その二度の決断は「自分ならどうするだろう」と熟考せずにいられないもの。

二度目の決断。もしかしたら僕も同じ決断をするかもしれない。それが良いか悪いかは別として、本能的にそう思う。
しかし人によっては決して受け入れられないだろう。人それぞれの信条の多様さ。そもそもそれによって争いが生じる訳で、正解の出ない命題を突きつけられた気がしました。

主演のダイアン・クルーガーの演技が圧倒的。感情移入し過ぎて、その日一日グッタリでした。
あよい

あよいの感想・評価

4.0
マージナルな立ち位置にいる人への偏見や差別意識が辛い、救いがない
ずいぶん前にみた『異国の肌』を思い出した
sy

syの感想・評価

3.9
怖い、そして内容が重い

かなり良く出来た映画。扱うテーマ、そして演出が素晴らしい

加えて、画の撮り方もとてもよくて、ダイアン・クルーガーがバスタブで自殺を図るシーンは圧倒的であった

ラストシーン、想像はついていたもののやはり衝撃で、特に見せ方が上手いから強く印象に残る。あの見せ方をされると、あとから思い出してもやはり重いんだよな
minico

minicoの感想・評価

3.6
重い。。。
非常に重いが良作。役者も素晴らしい。
エンディングテーマがまた泣かせる。
社会問題に興味があるのであれば観ておいて損なし。
rerere

rerereの感想・評価

3.0
法律がクソクソクソクソクソ〜〜でア〜〜ってなってハァ〜〜ってかんじ
結局差別的に狙われただけだったのかなんなのかわからなかったし最初の結婚式シーンいる?
>|