女は二度決断するの作品情報・感想・評価

女は二度決断する2017年製作の映画)

Aus dem Nichts/In the Fade

上映日:2018年04月14日

製作国:

上映時間:106分

あらすじ

ドイツ、ハンブルク。生粋のドイツ人のカティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚する。ヌーリは麻薬の売買をしていたが、足を洗い、真面目に働き、息子も生まれ、幸せな家庭を築いていた。 ある日、ヌーリの事務所の前で白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが犠牲になる。トルコ人同士のもめごとが原因ではないか?と警察は疑うが、移民街を狙ったドイツ人によるテロであることが判明する。突然愛する家族を奪われた…

ドイツ、ハンブルク。生粋のドイツ人のカティヤはトルコからの移民であるヌーリと結婚する。ヌーリは麻薬の売買をしていたが、足を洗い、真面目に働き、息子も生まれ、幸せな家庭を築いていた。 ある日、ヌーリの事務所の前で白昼に爆弾が爆発し、ヌーリと愛息ロッコが犠牲になる。トルコ人同士のもめごとが原因ではないか?と警察は疑うが、移民街を狙ったドイツ人によるテロであることが判明する。突然愛する家族を奪われたカティヤ。憎悪と絶望の中、生きる気力を失いそうになりながら、カティヤはある決断をするのだった。

「女は二度決断する」に投稿された感想・評価

自殺やめてバスタブから這い上がり
両腕にタオル巻きつけて留守電聞く女の底力に鳥肌
それでも生きて戦った裁判があんなんで
もうこの女には絶望しかないわけ
これでもかと絶望ばかりが降ってきて
復讐して何が悪いと思っちゃう

女は二度決断した
二度目を私は尊重する
テーマは素晴らしい。しかし、それを伝える方法を間違えたような。
三部構成の二部までは、なかなか面白い。法廷映画好きには、堪らないシーンが続く。が、三部で雰囲気が変わってしまう。そこも面白いのですが、前を観ていると少し違和感が。その違和感により、テーマが薄れてしまったような。二部までを膨らませた方が、テーマは伝わったような。
惜しい映画、という印象。
Hidezou

Hidezouの感想・評価

3.1
『女は二度決断する』

移民やネオナチの問題を背景に描かれる、爆弾テロで家族を殺された女の復讐劇。
苦しみ絶望するD・クルーガーの演技が素晴らしい。

被害者なのに悪人扱いされる裁判と、理不尽な判決。正義とは何だろう。

観客にゆだねられた、ラストの彼女の「二度目の決断」に考えさせられる 。

https://t.co/0XEkFcKztt
ある日突然、夫と幼い息子がテロの犠牲に。
大切な人をこんな形で失ったら、私だったらどうなってしまうだろう。
愛するものを失うということは、自分の半分が消えるようなもの。自分の半分がもぎ取られるようなもの。
たとえ加害者に罪をつぐなわせたとしても、それは悲しみの終わりではなく、始まりでしかないのかも。
ダイアン・クルーガー、こういう演技ができる女優さんなんですね。リアルで自然。本当にすばらしかった。
人が人を裁く限界について考えさせられました。いい映画です。
モリタ

モリタの感想・評価

4.2
封切りで観てきました。
アタマからケツまで刮目して観てました。
何かを学んだとか感じたというよりは、普通に寝て起きて、普通に家族がいてっていうごくごく普通の自分が、まだ体験したことのない状況に連れていかれたというか、、
SFとかそういうのとは全く違う、違う世界だけど、間違いなくこの世界のこと。と言えば伝わるだろうか伝わりませんよねはい。
こういうのを「決断」って言うんだなという感覚は、観た人ならきっとわかってくれるはず。

このレビューはネタバレを含みます

悲しすぎるけど傑作。
ある意味もうひとつの『スリー・ビルボード』だと思う。

ラスト、車の扉を閉めるところか、暗転してから音だけドカンだったらさらに高得点でした。

丁寧に見せられすぎると何となく安っぽく感じてしまうこともあるのだな~と学習。
そういえば『RAW』も、ラストの父親が丁寧に説明しすぎで勿体ないと思ったんだった...
yosko

yoskoの感想・評価

3.8
事件後のシーンはしばらく雨が続くなど重苦しい雰囲気が続き、そのなかで麻薬に手を出していくなど混沌といった印象を受ける。そこからは容疑者や弁護士だけでなく、家族や友人との関係もうまくいかずに追い詰められていく。そして最後のシーンまで繋がっていく…

何よりも演技力が素晴らしくて惹きつけられる。ミステリアスな展開にも終始見入ってしまいドキドキさせられる。観て損はない秀逸な作品。
実際に起こった移民を狙った連続テロ事件に着想を得た映画です。

テロによってトルコ系移民の夫と息子が殺され、犯人はすぐ逮捕されます。
この法廷シーン、双方の弁護士によるやり取りが見応えありました。

司法の判断とその根拠、主人公の次なる決断については・・・意見が分かれるところだと思います。

テロについて、移民問題、民族差別について、司法の在り方について考えせてくれる映画でした。


★以下、気になったこと
刑事裁判の場合、日本だと「検事と被告」の争いになるはずなのに、映画では「被害者遺族と被告」で争っていたので、「?」と思い、鑑賞後調べてみました。
スクリーンでも少しだけ出て来るのですが、ドイツでは被害者やその遺族も「控訴参加人」として、刑事手続きの当事者になれるとのことでした。
tamom

tamomの感想・評価

4.3

ダイアンクルーガーを止めたくなるけどそのまま突き進めよとも思う。

ラストの曲ありき。
hiro53

hiro53の感想・評価

4.3
ストーリーは、予想を裏切って、極めてシンプル。強く印象に残る。法廷場面が息詰まる!裁判のりある、を見た思いだ。ひどい話なのに、画面が綺麗なのも好感が持てる。ラストは、うーーん日本的かな。
>|