薔薇の名前の作品情報・感想・評価・動画配信

「薔薇の名前」に投稿された感想・評価

みずき

みずきの感想・評価

4.0
原作を読んでから見たのでイメージしていた通りで当時の雰囲気を感じられて良かった。不気味で不穏な感じもまたいい。時間が経ったら見たい。
あきひ

あきひの感想・評価

3.5
ずっと見てみたくて、ようやく視聴。
100分で読む名著を見てたから、あらすじは分かってたけど
初見だとついていくのにイッパイイッパイになるかも。

キリスト教においては、知性すらも愚かなことなのかなぁと思ったり。
歴史的な背景や情勢を知ってると、より楽しめたはず。

異端審問で反論したウィリアム(ショーン・コネリー)の堂々さと
焼け落ちた塔から持てるだけの本を持って出てきたウィリアムの人間くささが
この映画の主題なのかな、なんて思ったり。
bonbon222

bonbon222の感想・評価

5.0
はちゃめちゃおもしろい。愛・権力・金・性・信仰。ヒトの持つあらゆるグロテスクが詰まっている。目が離せない。観てくれ。
OYUKISAN

OYUKISANの感想・評価

3.2
醜悪で不潔なんだけれども、びっくりするくらいの美しさと、対比されていた。原作よりも、映画の方が好きでした。どれくらい風俗がリアルなのかわからないけれど、もしリアルなら結構ショックだった。女の子が素敵。
miyu

miyuの感想・評価

3.9
かなり、昔に見た映画だが、当時、よくわからなかった気がする。。。

宗教は、民の心に寄り添うものじゃないの?
何故に、高い位置にいて 踏ん反り返るような教義があるのか…って 思えた。。。

民が飢えているのに…救済することすらなくて…
それは 正しい事ですか??

ワタシ自身、宗教に携わって生きているんだゎ。。。 
ワタシなんか まぢ レベル低いけど…
ウチの檀家様の 幸せは ココロから願ってますゎ!

チョット 思ったょ!
コロナウィルスって 富めるものも…貧しいものも…関係なくなるんだ〜って!
コレ 凄くないですか?
貧富とか 関係ないんですょ。。。

今 何故に こんな事が起こるの???…って

この映画〜
若い時は よくわからなかったょ!
でも 今なら わかる✨

人を救う…って事の尊さ…
いまだに 自分自身のレベルの低さを突きつけられた気持ちが しましたゎ!

宗教は ヒトの気持ちに寄り添ってなんぼなんょ!

それ以上でも
それ以下でも
ないのょ!!
もぅ それ。。。
桃子

桃子の感想・評価

4.9
「中世修道院ミステリー」

14世紀のイタリアの修道院が舞台というだけでわくわくしてしまうのに、ジャンルはミステリー!大好物すぎる映画である。中世ミステリーなんて激レアで、めったにお目にかかれない。ずいぶん昔に1度見たことがあるのだけれど、なぜか急にまた見たくなった。アマプラでは見放題に入っていなかったので、別の配信サイトで鑑賞。見られて良かった~~!!
原作はウンベルト・エーコの同名小説である。バスカヴィルのフランシスコ会修道士ウィリアムが、ベネディクト会の見習修道士のアドソと共に、重要な宗教議論を開催するため設置された修道院での連続殺人を調査するという歴史ミステリー。エーコの蔵書は5万冊に及んでいたそうだ。探究心が旺盛で知識も豊富な文筆家だったのだろう。
二人組で謎を解くというところや、「バスカヴィル」という名称で、シャーロック・ホームズを連想した。ウィリアムはショーン・コネリー、アドソはクリスチャン・スレーターが演じている。コネリーは存命しているが(御年89歳)、残念なことに2006年に引退している。スレーターは撮影当時17歳だったが、子役からキャリアをスタートさせていたようだ。私は全く知らなかったのだけれど、拳銃不法所持、飲酒運転、薬物摂取や暴力行為などのトラブルが多く、ハリウッドを代表するお騒がせ俳優の1人だという。あのアドソがそんな残念な大人になっていたとは… 1度でも実際に修道院で修業すればいいのに(笑)
冗談はともかく、中世の修道院がこれでもかと出てくる映像に感激しっぱなしだった。いったいどこの修道院でロケをしたのかと思ったら、北イタリアの山地に実際に巨大な修道院と文書館の建物を建造したそうだ。といっても、パネルだけで実際の建築物ではなく、建物の中はドイツにある使われなくなっていた修道院を改修して撮影したという。さらに、迷宮図書館はチネチッタ撮影所内部に作られたセットだそうである。ハリー・ポッターに出てくるような階段がとても印象的だった。
舞台となる中世修道院での生活や道具、慣習などを忠実に再現するため、衣服から小道具に至るまで詳細に復元を行ったとのこと。コスプレ映画を見る醍醐味は、こういうところにある。小道具のひとつひとつまでこだわっているのがわかると、嬉しくなってしまう。
ストーリーはただただ面白い。原作を読んでいなのだが、おそらくもっと長いのだと思う。2時間12分という長さにまとめるのはなかなか大変だったのではないだろうか。いつか原作を読んでみたいものだ。ただ、今現在「断捨離」の最中なので、本を買うのは躊躇する。kindle版を探したけれれどなかったので残念だ。
ミステリーなので、未見の人のためにネタバレできないのが辛い。中世のカトリック修道院でしか起こりえない殺人事件と言えるのだけれど、そもそもキリスト教では「汝殺すべからず」と教えているはずなのに殺してしまうという矛盾もあるにはある。でもまあ、そこはフィクションでありエンターテイメントだから突っ込まないでおくのがいいだろう。
修道院のお話なので、男性しか登場しないのかと思いきやさにあらず。アドソが大胆な行動をしていた。スレーターの体当たり演技というのか何と言うのか、目のやり場に困ってしまった。原作にあるからそうしたのだろうけど(マイナス0.1ポイントはこの部分です)。
近々、NHKのBS4でドラマ版を放映(再放送のようだけれど)するようだ。私は見られないので残念無念。見られる方は是非見てください。感想も聞きたいなあ。
PI

PIの感想・評価

3.7
中世の世界観は苦手。
何だか不気味で恐ろしい。
でも、ショーン・コネリーの存在感とクリスチャン・スレイターの初々しさで少し中和されたかな。
Momo

Momoの感想・評価

-
フランスの高校の文学の授業でみたけど、フランス語版だったうえに、中世の人々の生活が恐怖に思えて仕方なかった笑
そんな印象しかないから機会があればちゃんと見直したい!
Abu

Abuの感想・評価

4.2
当時、話題になったので映画も観て原作も読んだ筈なんだけど、又しても何にも覚えていない。
何となく通り過ぎて行った映画だったような記憶なんだけど‥

とんでも無かった!
実におもろい!
参った!

若い頃は何で分からんかったんやろか?
今よりもアホやったんかな?
どんだけアホやねん?!
nor

norの感想・評価

4.1
映画を観てから原作を読んだ。
映像が素晴らしくて興味を惹かれた。
何度みても発見がある。
>|