恋は雨上がりのようにの作品情報・感想・評価 - 215ページ目

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

あらすじ

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤へ…

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤への想いを抑えきれなくなったあきらはついに近藤に告白する。 近藤は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―― 真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

「恋は雨上がりのように」に投稿された感想・評価

コミックだかアニメが原作みたいですけど、観た事はありません。てか、ある事すら知らなかったです。(^^)なので、先入観とかも無しで普通に映画を楽しむ事が出来ました。

これは、なかなか面白かったですよ!45歳バツイチのファミレス店長と青春真っ盛りだが、怪我で夢を断たれた女子高生の恋のお話。勿論いかがわしい話じゃないです。どっちかって言うと恋愛映画と言うよりは、青春映画の様な爽やかさな印象です。まさしく、タイトルにもある様に雨上がりの空って感じです。

気持ちを真っ直ぐにぶつけてくる女子高生あきら(小松菜奈)と、その気持ちを困りながらも誠実に受け止めていく店長(大泉洋)のやり取りがコミカルに描かれていて面白いです。

小松菜奈ちゃん可愛いんですが、空手チョップのTシャツが気になって仕方なかったです。(^^)TEAM NACSコンビの絡みは、いつも通りと言うか、観てるとやっぱり笑っちゃいます。

映画の空気感もなんか心地よく、希望と元気をもらえる映画でした。若い人だけじゃなく、オイラみたいな中年男が観ても、グッときましたよ。(^^)
ぬる坊

ぬる坊の感想・評価

4.5
漫画で感じた以上の疾走感。音楽が半分くらい盛り上げてたかな。オープニングもエンドロールも良い曲。
「恋は雨上がりのように」とは言うものの、「恋」と呼んでしまうにはあまりにも軽薄な2人のやり取りに心動かされました。
惜しむべくは漫画に忠実にあろうとしすぎたこと。原作がわりと文章量が多いためか、実際まるごと発言すると少々長く、説教臭く感じる場面があった。
ただ、原作をきちんと尊重しつつ映画のあの流れに持っていったところはすごい。ラストにあの顔であの台詞はすごい。

洋ちゃんは良い役ばかりもらうね。近藤はイメージとはちょっと違うなー、と思っていたけれど、実際観るとこれ以上ないくらいぴったりで驚きました。あと、小松さん最近ちょっと気になってたんだけど、一気に好きになった。あんな顔できるんですね。
原作は3巻ぐらいまで読んでいたけれど、役者は皆うまくハマってた。
メインである恋愛要素を展開させつつ、店長とアキラが抱える各々の課題を織り交ぜ、恋愛だけでない人と人のストーリーに昇華されてたように感じる。

小松菜奈の雰囲気の出し方は好きだった。
基本物静かだけど、走ることが好きな静と動がはっきりしていたし。
大泉洋もいい具合に中年のおっさんを出していた。素なのかもしれないけれど。

細かいけど、店長と九条が話してるのが、ただ大泉洋と戸次重幸が話してるようにしか見えなかったけど、これは先入観のせい?
さ

さの感想・評価

-
大泉洋さんが雨男だから適役だと思ってテンション上がってたのに全然降らなかったっていう面白いエピソード聞いてたけど雨が全然嘘っぽくなくてとてもよかった。透明な傘も青っぽい画面も清涼感があっていい。
ガーデンメンバーのやりとり、間が良すぎてあちこちで笑いが起きてた。
性的な匂いがしないので安心して観れた。素敵な関係だな……
帝一の國でも思ったけどマンガ的な動きを違和感なくさせるのすごくうまい。
emi

emiの感想・評価

4.2
こんな作品すきです。

好きな気持ちに理由がいるの?❤

好きな人と一緒ならどんなことも幸せだし笑顔になれる🎵終わってほしくないと願う✨

子供は自分の気持ちを押し通す。
でも周りの大人は、ちゃんと見てくれてる。

優しい気持ちになれる作品でした🍀

大泉洋さんと戸次さん(^^)
いい感じでした🎵
costam

costamの感想・評価

3.6
映画のゆったり雰囲気は好きでした。

ただ、あきらや店長の心の声があったらより感情移入できるのかなと思った。
meco

mecoの感想・評価

3.8
原作のイメージを崩さずに忠実に実写化しているキャスティングはみごと。でも、ちょっと忠実すぎて中盤以降、面白味が半減してきたのが正直な感想。アニメはキラキラときめき感が強すぎてしまったが、映画はややときめき感が弱かったかも。原作(漫画)で表現されている高校生が恋するときめき感って20代の小松さんが演じるのは難しかったかな(めちゃ、かわいいんだけど)。
ただ、未来を感じるラストはこの先の二人がどうなるのか想像をかきたてられてよかった。
ちむ

ちむの感想・評価

3.5
大泉洋最高。小松菜奈ちゃん最高。

大泉洋の息子役の子供がえげつない天パだったときに劇場中が沸いた。

私も小松菜奈ちゃんのあの三白眼気味な瞳に見つめられたい〜〜!
simashima

simashimaの感想・評価

3.8
小松菜奈かわいいし、大泉洋が役にピッタリすぎる!
少し演出的にん?てとこあったけどいい映画だった。
意外と余韻ある終わり方も良かったし、エンディングの曲も良かった!
なお

なおの感想・評価

3.5
さわやかで後味がいい映画。原作とはちがう描写もあったみたいなので、漫画アニメも見てみたい。