恋は雨上がりのようにの作品情報・感想・評価 - 215ページ目

恋は雨上がりのように2018年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

3.9

あらすじ

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤へ…

高校2年生の橘あきら(17)は、アキレス腱のケガで陸上の夢を絶たれてしまう。 偶然入ったファミレスで放心しているところに、優しく声をかけてくれたのは店長の近藤正己(45)だった。それをきっかけにあきらは、ファミレスでのバイトを始める。 バツイチ子持ちでずっと年上の近藤に密かな恋心を抱いて…… あきらの一見クールな佇まいと17歳という若さに、好意をもたれているとは思いもしない近藤。しかし近藤への想いを抑えきれなくなったあきらはついに近藤に告白する。 近藤は、そんな真っ直ぐな想いを、そのまま受け止めることもできず―― 真っ直ぐすぎる17歳、さえない45歳。ふたりに訪れる、人生の雨宿りの物語。

「恋は雨上がりのように」に投稿された感想・評価

小松菜奈のお顔がありえん良い、満点









映画を撮るぞ!という熱意が伝わる良い映画だった
説明台詞なし映像と音楽、物の視点、映画版ならではの解釈、小松菜奈のお顔の良さを限界まで引き出すためのシネスコスクリーンかな?とにかく顔(映像)が良いので観てください。

「走り方を教えてくれ」る映画だ
cangal

cangalの感想・評価

3.7
大泉洋の店長感ハンパない(笑)なんだかんだバイト仲間みんないい人!ちひろの言葉が突き刺さった。終わり方はちょっと納得いかないな~。
とても幸せな映画で好き。前向きで。
みんないいやつ。
大泉洋くらい良識ある大人になりたいものです。
あと小松菜奈が神。
ケビン

ケビンの感想・評価

3.5
まず、オープニング、エンディングの曲たちが最高。
あとは、小松菜奈がひたすらびしょびしょに濡れまくる映画(雨に打たれて)





大泉洋と小松菜奈が恋愛関係にはならずに、絶妙な距離感がある感じを
絶妙に"これぞ青春'感を出しすぎずに淡々と進められていくのだが、
これがめちゃくちゃ作品の雰囲気にマッチしていて良かった。




ひたすら心地よい風に当たり続けていたような2時間で、たまにはこんな映画もいいなーとほっこりさせられた。
オチの大泉洋の、リアルな昇進話も現実感があってよかった。
ぱぴ

ぱぴの感想・評価

3.5
終始穏やか←恋愛映画の中では比較的
大泉洋かっこよく見えた。
エンドロール良き。泣きそうなった😢
夢を諦めないって大事。
小松菜奈が可愛すぎる件
すっごい引き込まれる目してるし
走ってる姿いつまでも見てられるで。

このレビューはネタバレを含みます

小松菜奈も大泉洋もだいすきだったし原作読んで行ったけどよかった~~😂🙏🏻
ぁぃぁぃ出てくるの知らなかったし寄生獣も出るの知らなかったんだけど😂😂😂
原作未読。

素敵な映画だった✨
大きな出来事が特別な起こるわけでもないけど終わった後、あぁ良い映画だったなって。
なんか晴れ晴れした気分になるというか、とにかく癒された。
完全に私は店長の年代で…店長のかける言葉や、同級生との距離感に共感した。あーそうだよね、うんうん、なんかわかるって心の中で頷いてた。
あとエンドロールも好きだったな!

小松菜奈ちゃんの目ってすごく良いよね!
惹き込まれる✨


今年は本当に良い映画に出会う🙌
こんな爽やかな恋愛映画は初めて!

アニメもすごいよかったし、実写化となるとガッカリするかと思ったけれど全然そんなことなくて、終わり方とかはむしろ実写化の方が好きかも!ってくらい完成度が高かった。

恋愛要素だけじゃなくて青春も含まれているので観ていて重たくない。

この人のここが好き!みたいな恋愛じゃなくて、気づいたら自分にとって大きくて大切な存在になってたっていう恋の形がすごくいい。アキラが自分の気持ちをまっすぐに何度も伝えるのも観ていて幸せな気持ちになる。

このレビューはネタバレを含みます

すごく良かった。
実写化知ってから「え…オジサンとJKの恋…?」と食わず嫌いしていた原作も読みまして。
原作もそうなのだけれど、女子校生がオジサンに恋をすることはあるけれど、その恋が本当に素晴らしいものになるために必要なことが丁寧に描かれていてすごくいい。
アキラのあの真っ直ぐな目で「好きです」と言われて、それをきちんと受け止めて、だけどそれを文字通りには受け取らず、きちんと応える店長の誠実さ。
なんでこんなオッサン…?だったのが、ああ、こんなオジサン好きになっちゃう…と思える。
漫画実写化ハズレなしの小松菜奈においても鋭く真っ直ぐな眼差しとすらりとしなやかな手足を活かしたハマり役ダントツ1位だと思う。
試写会で「女子校生とオジサンの恋なんて…と戸惑ったりもした」と言っていたけれど、『渇き。』を経験していればそりゃそうだろう。若さと欲望の具現化をしたのだもの。
それが今回は裏切られない若さと青さと誠実さ。
彼女の陽の代表作になったと思う。
原作の店長ビジュアルが堤真一では…?というのは私も思っていたけれど、原作で劇中に観る映画が『アイアムアヒーロー』なので大泉洋が大泉洋になるのでは…と期待したのにさすがに違いましたか笑。
大泉洋は過去に共演者の未成年淫行で完成間近だった映画を撮り直したことがあるですよね。当時カメラの前でも何重にも怒りをあらわにしていたことをふと思い出す。
勝手にそれも思い出して店長に重なる。
あとは九条ちひろが言わずと知れた旧友戸次さんなのがもう、役と役者がオーバーラップして熱い。
大泉洋だった意味がある。
原作は比較的静かでまったりしていたのに対して映画は音楽で要所要所盛り上がってテンポも良くて、映画としての魅力が上がっていた。
サイコー!