15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.6

あらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かった――。

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

事件が起こることを除いては、若者たちのロードムービー。素人さん出演による事件の再現でイーストウッドは何を伝えたかったのか?アメリカではそれだけ大きく取り上げられた事件なのかな?
クリントイーストウッドあっぱれ。点と点が線になり感動。さらに、主演に実際の事件の当事者たちをキャスティングしたことに驚き。主演の3人にもあっぱれ。
事件がメインかと思いきや、主人公3人の幼少期やその事件に遭遇するまでの経緯がメインにストーリーが描かれている。
実際の当事者が出演しているところがすごい✨そして、もし彼らがあの号車にいなかったらどうなっていたんだろう..と考えさせられる。
烏龍茶

烏龍茶の感想・評価

4.0
ドキュメンタリータッチで、本人達の子供時代から事件までを描く映画です。
もうもろもろ漫画みたいな話だけど、実際の出来事なんだからすごい。
もうあの3人の勇気と行動が凄すぎて何も言えん。
mat

matの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

クリントイースドウッド87歳!
主役の三人、ルックスグッド!
本人達が演じてるというのが凄い。しかし途中の旅行シーンはややダレる。やたら自撮りしてインスタ映えするぜなんて言ってるのは現代の若者っぽくて面白いけど。

電車に乗ってからはあっという間。それまでののんびり旅行記から打って変わって緊迫感マックス。
haruka

harukaの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

本人が演じてることもあって、とてもリアル。3人の関係性も良く表されてる。
この3人じゃないと、あの状況でテロリストに立ち向かうことはできなかったと思う。
列車での再現もとてもリアルで、テロリストに銃を向けられても向かっていったスペンサーは本当にすごい。救命士として訓練を受けていたことも、銃について知識があったのも、本当に彼らが言うように神の導きで、その日のために生きてきたかのような。楽しいヨーロッパ旅行が一転してしまったことには間違いないが、あの列車に3人で乗り合わせて、あの行動が出来たのは奇跡であり必然だったのかも。
bokujo_san

bokujo_sanの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

当の事件に割く時間は後半だけで、前半部は主人公らの生い立ちに割かれていた。正直、それほど見応えはない。アンビリバボーや世界まる見えで紹介されるお話ていどで済む内容…
angela

angelaの感想・評価

3.7
途中はただの男子たちのヨーロッパ旅行記録がだらだら続くけど、それはそれで「男だけの旅行ってこういう感じなのか〜」とわかって面白かった。
イーストウッドってもうフィクションには興味ないんですかね。
Takahiro

Takahiroの感想・評価

3.3
事件そのものよりも、事件に至るまでの3人の出会い、成長、パリ行き列車に乗る前までの旅行をたっぷりと描いた上、それらを演じたのが本人という異色の映画。

イーストウッドはこの年になっても中々挑戦的なことをしますなぁ。

小学校の時はかなり校長室に呼ばれていたり、入りたかった軍の部隊には入れなかったりと、そういった経緯が列車の事件での活躍につながったのかなぁと思わせる構成は見事。
まぁ旅の描写が長すぎて、途中でこれはテレ東の旅番組かなと思ったけどw

総じてアメリカの一般人スゲーだろ的な映画だけど、rotten tomatoesでの評価は散々(24%/39%)。

てか3人中2人が軍人って時点で、もう一般人じゃないよね。笑