15時17分、パリ行きの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

15時17分、パリ行き2018年製作の映画)

THE 15:17 TO PARIS

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.7

あらすじ

2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの高速列車タリスが発車した。フランス国境内へ入ったのち、突如イスラム過激派の男が自動小銃を発砲。乗務員は乗務員室に逃げ込み、500名以上の乗客全員が恐怖に怯える中、幼馴染の3人の若者が犯人に立ち向かった――。

「15時17分、パリ行き」に投稿された感想・評価

Konbanwine

Konbanwineの感想・評価

3.5
ごく自然な休暇を過ごしていたら、こんなテロに遭遇したのだなぁというのがよくわかった。

この行動ができてなかったら乗客皆殺しだったろう銃器の数に立ち向かって勇気がすごい!
りお

りおの感想・評価

2.0
まず、同じ感想を抱いた人も少なくないと思いますが・・・
前置きが長い、長すぎる!
予告編の印象とは随分とかけ離れたドキュメンタリー映画でした。
ちゃんとあらすじ読んでおくんだったわ。
実際にあったテロを、現場に居合わせた当事者である3人の若者が本人役を演じて再現したもの。
問題のテロに至るまでのストーリーに3人の過去を挟むのはまあいいとして、旅行のシーンの再現はあんなに尺を使って再現する必要があったのかが甚だ疑問 。
3人のテロを防いだ勇気ある行動は勿論賞賛しますが。
あや

あやの感想・評価

3.5
前半はちょい退屈。けど、だからこそ実話みがあるというか。笑 でも最後は現実以上にリアルというか、圧倒的に瞬きの数少なかったと思う。見入ってた。オランド大統領が彼らを表彰してて、わあーっ本当に起こったことなんだなって思ってたら終わってた。色々と苦労してた3人だけど、とっても勇敢で素敵だった!
lily0x0

lily0x0の感想・評価

4.0
イーストウッド先生のファンとしては劇場で見逃したの悔しかったんですが、目黒シネマでやってたのでやっとの思いで観ました!
賛否両論あるようですが、結論から言うとわたしはこれ好きです、、

映画的な、エンターテイメント性を求める人には、ちょっと違うってなってしまうかもしれないです。
派手な演出など変に脚色されておらず、本人たちをキャストにして、あくまで再現しているという感覚です。
なので、彼らの生い立ち、事件までの経過を辿っている間は、退屈だと思う人もいるかもしれません。
けど、面白くしようとか感動させようとかそういう細工をしていないところから、イーストウッドは、この実際に起きた事件 を慎重に、大切にしているというのが伝わってきました。
作る監督によっては、同じ事件が題材であっても個性が出て全く違う作品になり得るだろうけど、彼が伝えたいこと、彼の人間性がこの映画から伝わってきて、わたしはやっぱかっこいいなと思いました(^.^)
鍛え上げられた軍人と言えばそうかもしれないけど、ADDて学校で言われたり、どちらかというと問題児だし、自撮りしてSNSにUPしたり2日酔いになったりする、ごく普通の若者たち、、
自分が特別じゃなくても、少しの勇気と、平和のために役に立ちたいという気持ちによって、人を救える!ということ。
与えるから、与えられるし、赦すから赦されるみたいな、キリストの教え。
あれもいいなーと思いました。
あと、どこまで本当の話に基づいてるかわからないんですけど、劇中、子供の頃の「平和のための道具になりたい」とか、ヴェネツィアでの「大きな目標に向かって動かされている」という発言、事件後の「このために生きてきた気がする」っていう彼らの発言から、人生における自分の使命みたいなものって本当にあるのかもしれないなと思いました。

あとエンドロール始まってすぐ帰る人いてもったいないです!
パレードの映像、実際の映像のためリアルで、3人よく頑張ったなーて思いました。

普通に感動しました。
87歳、、
やっぱりイーストウッド先生すごい。
なまず

なまずの感想・評価

3.0
予告編を観た時は、「電車内でのテロ事件を描いた映画なんだな」くらいに思っていたけど……
単調だったけど、最初の子供時代、旅行シーンがあるからあの事件のシーンの緊迫感の一瞬が伝わった感じする。
演技力の問題は吹き替えを見よう。笑
前置き長いなと序盤は思っていたけど、これがないと「あの瞬間」は単なる出来事としてしか認識されない。監督の仕掛けた罠に最後に気づいた。
一

一の感想・評価

-
すっごい変な映画だ!昔から知ってるアイツが凄いこと成し遂げて「すげえ!お前マジですげえよ!」っていうかんじの、映画で味わったことのない感動。なっがいヨーロッパ観光のシーンとかホントくだんなくて楽しい~。アンソニー「さりげないかんじで横顔を撮ってくれ」うるせ~。そういうどうでもよかったような、不本意にも感じられたような人生の断片がすべて収斂するラスト。イーストウッドどこまでやるんだ。
ざっくり言うと…素行の悪い子供が、軍人になり、軍で学んだことを活かして列車テロにおいて活躍する話。ユニークな点としては、この映画は実話で、出演しているのがその本人たちということ。

テロのシーンは5分程度で、それまでは主人公の生い立ちに時間が割かれる。

感想としては…わかりやすいプロパガンダ映画。
陳腐なナショナリズムにしか感じられなかった。

宣伝も悪いかもしれない。テロの映画っぽく客を呼んでるけど、実態とかけ離れている。釣り記事を読んだときのイライラに似た感覚。釣り広告は良くないなと身をもって体感できたという意味ではよかった。

本人たち出演というのも、宣伝しやすさ的には抜群だけど、映画の上がり的には当然俳優を使ったほうが良くなる。なんというか、全体的に宣伝チームがダメだったのかもなあ。クリントイーストウッドはどういう気持ちで作ったんだろう。
miho

mihoの感想・評価

3.5
思ったよりも銃撃シーンが短くて拍子抜けしたけど、実際あの場に居合わせたら永遠のように感じたんだろうなあと。
そのあたりが逆にリアルで、苦しかった。
現実は小説よりも奇なり。