26年の作品情報・感想・評価

「26年」に投稿された感想・評価

韓国で実際に起きた、光州事件を基に企画された作品。

1980年5月、光州で民主化運動の最中、市民軍が大韓民国国軍(戒厳軍)に「アカ野郎」と罵られながら虐殺された事件。その被害者親族の群像劇であり、事件から26年後の復讐劇でもあります。

冒頭は、事件の残虐さをアニメで説明します。
「そんな演出『キル・ ビル』以降、よく見る手法だ」
と思いつつ、グイグイ作品に引き込まれて行く自分がいました。

26年間、光州であった悲劇に関わった人たちは、あの日の恨みや痛みを一生忘れません。あの事件で親を殺された子供たちも同じです。その子供たちはそれぞれ、ヤクザ、国家代表射撃選手、現職警察となり、鬱憤を溜め込んだまま現在に至ります。

その三人の前に謎の男が現れ、光州事件の首謀者であり、元大統領である、"閣下"と呼ばれる男の暗殺を依頼します…

ーーーーーー
先程も言いましたが、冒頭から引き込まれる作品でした。短時間ではありますが、事件後の三者三様の26年を表現し、暗殺に至るまでの根拠をしっかり描いています。

そして、AAA級の要人を暗殺することの難しさ。要人は、要塞のような家に住み、警察官、SP、私設ボディガードに守られています。それを崩すには綿密な計画が必要。なのに、スタンドアローンで行動したり、計画をぶち壊したりと、上手くいきません。

その計画が失敗に終わるごとに、暗殺の難しさを実感し、絶望の言葉が頭によぎります。そして暗殺に関わる人たちの心理も少しずつ変わっていきます。

作品のプロットとしては、元大統領を暗殺するという単純なものですが、構成や人物像の描きかたが秀逸で、失敗を繰り返せば繰り返すほど面白くなっていき、登場人物たちがとことんドン底に突き落とされたときの最後の悪あがきは、とても見事で見応えがありました。ただ…

最後の溜めは本当に要らなかったと思います。あの間延びは作品をダメにしています。それで正直、僕は興ざめしてしまったので、かなりのマイナス点。本当に残念。もったいない…

情報ではこの作品は3部作となっているみたいですので、そちらに期待したいと思います。

この映画は、元大統領暗殺というシビアな題材のため、何かの圧力がかかったのか、完成間近にスポンサーが降りてしまったそうです。そこで一般に募金を募り、完成に至ったそうです。今で言うクラウドファンディングというやつです。

当初の上映しようとした年は2008年。その待つこと4年後の2012年見事上映に至りました。エンディングテロップで、その投資家達の数え切れない名が書かれています。時間で言えば約10分間、投資家の名前だけが延々と流れます。

その投資家達の名前を眺めているだけで、韓国国民にとってのこの事件の重要性というものを感じられると思います。
IPPO

IPPOの感想・評価

3.9
「光州5.18」→「タクシー運転手」ときて遂にこちら「26年」という良い流れ。
1980年5月、韓国光州で起きた光州事件。
目の前で家族を殺された若者たちの復讐のドラマ。

光州事件からその後を生きる遺族の苦しみが題材というのは、なかなか面白かった。
予想していたよりずっと見応えがあってキャストも良い。

何となくこの結末は最初から予想は出来たけど。も少し胸を打つものがあっても良かったけど。

今もなおこの事件の遺族が苦しんでると思うと胸が痛む。
冒頭のアニメはトラウマものだけど、あれが現実だったんだよなぁ…。
カナイ

カナイの感想・評価

3.6
エンタメ色もあり、面白かった。キャラクターが立っている。冒頭の実写以外による描写による演出もうまいと思う。
光州事件は深くはまだ知らないけれど、実際に今と地続きの物語なのだと思うと、人によって見方は様々だけれど、私はあのラストまでの展開はすごく誠実なように感じた。
途中のシーン、びっしりと並ぶ写真のシーン、言葉を失う感覚になる。そこでのセリフも良かった。
それと、とてもドキリとしたのが、終盤で、とある人物が口にした「正当性するために」を含むセリフ。
見終えたあと、実際にその後元大統領はどうなったのか思わず調べてしまった。

映画本編とは別に、たくさんの苦労とたくさんの人からの支援を受けて作られた作品ということで、興味があれば調べてみるのも良いと思います。
つ

つの感想・評価

3.0
この作品見てからタクシー運転手見に行くと良いと思います。アニメーションパートが相当エグい。けど見る価値あります。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.4
アニメーションから始まる惨殺なシーン。
原作が漫画だし、この惨殺シーンを実写化するには惨たらし過ぎるという配慮からなのかも知れないが、このあとの復讐にしっかり感情移入させるにはここも是非実写で演じて欲しかった。

とは云えこの事件、「タクシー運転手」を観て興味を持った人が多いのか、ここにきて更に反響しているみたいだ。

題材はしかるべく質は良いのだけど、ストーリー展開がイマイチ足踏み状態。
そこまで意を決していながらもしっかりとした計画性のない暗殺。射撃にこだわる意味も分からないし、いっそ首を締めてしまえばいいのにとも思った。

不甲斐ない結末を訴えるも、何かが先走り過ぎたような気がする。

ただこの光州事件、この事実だけは重くて考え深い事件なのでそれに助けられた作品だったと思う。
みゆき

みゆきの感想・評価

3.2
「光州5.18」「タクシー運転手」と観てきた流れで鑑賞。
「光州事件」の遺族達が「あの人」に復讐しようとする話。
映画的にはイマイチだったけど、遺族の悲しみは想像するに余りある。
今、この瞬間も苦しんでいる人がいるということを思い起こさせてくれる映画。

良かったのはイ・ギョンヨン演じる元兵士。
ベトナムの帰還兵と同じように罪悪感で苦しんでいる。
彼らだって命令に従わなかったら殺されてたかもしれない。

「あの人」は死刑判決を受けるも恩赦され、 今も悠々と生きている。
大統領時代、経済発展とオリンピック開催を成し遂げ、日本に対しては友好的で、歴史問題にも「韓国にも原因はあった」と発言したという。
なんだかな・・・
コブラ

コブラの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

惜しい。

冒頭のロトスコープアニメと競技用エアライフルのギミック、それを使った美進の暗殺失敗シークエンスは何度も観返したいと思うほど素晴らしく。

ただ本編の方は、指名手配中の奴が易々と拘置所に面会行ったり、今時ここまでの悪代官キャラはもはやコメディだよなとか、光州事件の絶望を描いた素晴らし過ぎるオープニングアニメとのリアリティレベルにギャップを感じる。

惜しい。
光州事件から26年後、惨劇により家族を失った4人の男女が「あの人」に復讐する話。あまりに凄惨な場面は実写を避けアニメで見せるが却ってグロさが際立つ。紅一点ハンヘジンが一敗地に塗れながらも再び銃を取るシーンが一番胸に来る。「光州5・18」「タクシー運転手」を観た人は光州事件関連作として本作も是非観てほしいです。
「タクシー運転手」を観たいのに、風邪で行けなくて、光州事件の予習と思って家で鑑賞。何も知らないで観たら、ストーリーがもどかしい、と思ったかもしれないが、そのもどかしさが、光州事件を表しているようでした。
最後のクレジットが、ものすごく長く、(ネトフリは、放っておくと、勝手に切って次の作品に行ってしまうのを、切り替えで見てみました)調べたところ、この映画の制作費をら寄付された方の名前が出されていたとのこと。
歴史的悲劇を題材に、エンタメ性も失わず、資金まで募って、韓国映画界ってすごい。
kyoko

kyokoの感想・評価

3.7
「タクシー運転手」からの流れで鑑賞。

光州事件から26年。
ある人物のもとに集められた光州事件の遺児たち3人は、当時軍のトップだった元大統領に対するある計画を持ちかけられる。

実在の人物(はっきりと名前は出さないけれど明白)をフィクションに取り込むと、ラストが曖昧になることは避けられない。

この作品において重要なのは結末ではなく、何をしても遺族の気持ちに決着をつけることなど不可能であり、光州事件はいまだ終わってはいないということを伝えるためのものなのだろう。

チン・グの演技が泣ける。
ラストの絶叫が刺さった。


遺族だけではなく、市民を撃たざるを得なかった戒厳軍の心情もまた重い。ベトナムでの米兵同様今もPTSDに苦しむ人がいるだろう。
なんとなく「タクシー運転手」での検閲兵とのやり取りを思いだした。

原作がマンガなので、市民の惨殺シーンはアニメーションで描かれるのだが、これがかなり描写がキツイので要注意。
>|