26年の作品情報・感想・評価・動画配信

「26年」に投稿された感想・評価

Smiley0808

Smiley0808の感想・評価

4.0
光州事件を題材にした映画は他にもあるけど、製作時に存命している人物を暗殺するというテーマはハードル高いし、実際に難航したようです。ですが、クラウドファンディングによって完成に漕ぎ着けたという。この時点で多くの完成への願いが込められ注目されていたんですね。

元大統領を演じたベテラン俳優
チャン・グァンssi。
観る者の反感を買う役柄を演じるのがピカイチです。私史上、トガニ(映画)が強烈でした😱

ハッキリしないラストでしたが、余韻を残す手法としてはアリなのかなと。
hajimez

hajimezの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

存命中の実在の人物だから仕方ないとはいえ……という終わり方。
ジンベいいよ、ジンベ。
かおり

かおりの感想・評価

3.5
復讐しても何もいいことないけど、感情的に報われないから、そもそも復讐の種が起きないことが大切。始まってしまったもの(過去の出来事)は本当にどう考えたらいいんだろう…公開された当時、韓国内ではどんな扱いのされた映画なのだろうか。
JG

JGの感想・評価

2.7
光州事件から26年という事ね。
やはり歴史に残る韓国の汚点なんだろうな。ソン・ガンホのタクシー運転手を思い出した。

このレビューはネタバレを含みます

韓国で1980年に実際にあった民主化デモを軍部が武力で鎮圧した「光州事件」を元にした映画。
光州事件で起きた民間人虐殺の被害者家族が軍の指揮者だった元大統領を暗殺しようとする話。
計画は中々上手く進まず、最終的には元大統領の自宅に突入し、狙撃の銃声が鳴るところでシーンが変わり映画は終わる。

この元大統領がまあムカつくんだが、現実の人物も殺されてはいない為、狙撃が成功したかどうかは明確にされない。
が、元大統領が生き続けているような描写がある為、失敗した事は予感させる。

これが完全フィクションの娯楽作品なら復讐は成功しただろうが、そうはいかず終わるところが良い点。
チャン・グァンさんが演じる大統領がもうめちゃめちゃ全斗煥(チョン・ドゥファン)で、この映画が公開された時には当人存命中、というのはすごいですね……日本で森友問題とか映画に出来る人はいるだろうか…….

『この世の中はズルいことや汚いことばかり』
というセリフがなんだか耳に残りました。

全斗煥はすごい経済的成長を成し遂げた一方で光州事件みたいな汚点も目立つ人だったのだと思うけど、
自分も政治的にアパシーなところがあるから、同じ時代に同じ社会で生きていたら、特に声を上げることもなくそーっと暮らしてしまうような気がしてなんとはなしに胸が苦しくなるような感じがありました。
最初のアニメーションはエグかった。あとこれも序盤ですがシーンの繋ぎ方が悪いのか、誰が誰だか…?って一瞬なりました。
題材としては良いと思うのだが、イマイチ盛り上がらなかったかな。見せ場がやたら長く緊張感が持たない。チンピラどももややこしくなったし、期待キャラのマ室長もよく分からない迷走。
残念で勿体ない作品だった。
そう言えば射撃競技の選手が出てくる韓国映画多いよね。「青い塩」「名もなき復讐」。
no

noの感想・評価

3.2
光州事件を忘れてほしく無いと願った作者がウェブトゥーンで発信、その漫画で人気を集め映画化
政権で起こる惨事は韓国ならではで、今も。。
mckee

mckeeの感想・評価

2.8
重めなので飲みながらながら観。
歴史を背景にしてる割には、奥深さがもうひとつ。遺族の子どもたちが今のようになった流れとか、繋がりとかもっと意味を持たせても良かったのではと。そもそもなぜあの人たちになったのかも曖昧。
アンガールズ田中みたいなのがヘタレ過ぎて気持ち悪いし、射撃とチンピラはいつの間にか淡い恋みたいになってるし…、室長も言ってることはわかるんだけど、唐突に本性出してくるし、結構雑。
そもそも26年も待ったわりには練りが甘い。相手方は鉄のディフェンスなんだからw
熱さはわかるけど色々急に来るから置いてきぼりにされたように感じる。理解しようとするとめんどくさいので、なにも考えずに画面だけ楽しめばソコソコ。
光州事件を知らないと、初っ端からなんのこっちゃ?ってなると思うけど、
自分も韓国映画にハマってからなんとなく概要を知っただけだが、
それでも全く知らずに見るよりは良いかと。

不条理な殺され方をした人、その遺族。

権力があるからと、非道な事をして良い訳ではないし、
ましてやその罪を償わずのらりくらりと何一つ不自由ない暮らしをしていて良い訳がない。

光州事件と元大統領そのものが胸糞要素。

ラストめちゃくちゃ胸熱。
>|

あなたにおすすめの記事