万引き家族の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治…

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

「万引き家族」に投稿された感想・評価

zmmmy

zmmmyの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

安藤サクラの押し付けない愛情深さを感じるたくさんのシーンに胸しめつけられた。

罪を引き受けて「楽しかったから、こんなのお釣りがくるくらい」って言うところとか
面会のシーンで、本当の親の事を教えて「私たちじゃもう無理なんだよ」って言うところとか
何が本当に大切なことなのかって温かい心で決められる人に見えた。

正論だけど、事情を知らずに決めつけて問いつめる池脇千鶴のほうがよっぽど嫌な人に感じてしまうよ

何が良いとか悪いとか、人間が人間を正しく裁くなんてことそもそも出来るのかな

悪いことは心から償われ、優しさが損をしない世の中になったらいいのに。
久々の映画鑑賞ー✨。

これを観て 「誰も知らない」を思い出してしまった。


ケイトブランシェットさんを唸らせた、という 泣きの演技はこれかーーー!…と思った。納得…。

本当の家族じゃないけど、「本当の家族より絆あります」系の映画は今までも結構あったので 自分的に過去一!とまではいかなかったけど、良かった。
祥太くんも鈴ちゃんも上手でした。

子供って大人が思うような子供じゃなくて何でも感じているし一生懸命考えて生きてる 見た目小さな大人なんだよね と改めて感じました。

最後、鈴がフェンスで何かを待っている様な あのシーンで閉じた所が ガツンと余韻残されてとても良かった。

終盤、捜査員が出てくるのだけれども、そこは有名な俳優揃いじゃなくても良かったんじゃないかなー…と
この映画の折角の空気感が有名俳優 で 少し 変わっちゃった感じがしてそこだけ残念でした。
安藤サクラが、カメラ目線で、BGMもなく、淡々と台詞を言うシーンが圧巻だったな。彼女の出演作品にハズレはないんじゃないかって言うくらい。

元からの設定もあってか、子役もよそよそしくなくて、一種のドキュメンタリーなんじゃないかと思うくらい。子役2人の、それぞれの最後のカットは、人によっていろんな解釈ができるのもおもしろい。

総合的にはよかったのだけど、冒頭は「パルムドール受賞作品って案外静かにストーリーが進むんだったな」と思いながら寝るかと思った。
是枝監督の集大成!煌びやかなカンヌ国際映画祭で見事、パルムドール受賞。日本映画史に残る快挙、まずはおめでとうございます。
いやぁ是枝監督、かっこいいなぁ
やっぱり表現を極めた人の口から出る言葉って研ぎ澄まされていて、それでかつ重みがありますね〜

(ここからネタバレ含みます)
さてさて、映画の中身ですが…一回目(二度映画館で観ました)。構成はもちろんのことなのですが、それより役者の演技力にただただ圧倒されました。初枝(樹木希林)のみかんを頬張るシーン、信代(安藤サクラ)の尋問での泣くシーンなんかは本当に他のどの役者でも真似できないシーンで、かつ是枝組の自由な雰囲気だからこそ成し得た賜物なのかなと思います。見ないと分からないと思います。是非まず一回は観てください。

そして二回目。今度は構成(家族とは、正義とは、を巡る対比、子供と大人の対比)、これでもかというぐらい奥深い問い、が詰まっていて、思わず「是枝監督半端ないって。こんなん一回じゃ分からんやん、普通。」となってしまいました。笑
構成の他にも風景描写の上手さ、また風景自身を対比させることで、より構成の対比を色濃くしていると言うか…
なので、とにかく二回は観てもらいたいなぁ、と。

だってパルムドールですよ?これを見ずに、どの邦画を見るんですか?と本当にたかが素人のレビューで熱くなってしまう僕はまだまだ未熟者のようです。

(以下、独り言)
「僕らの若い頃なんかは、映画を見に行くってのは、小さいなりに知的好奇心を満たすものだったんですけどね、最近そういう子供も少ないじゃないですか」(試写会でのリリーフランキーさんの言葉を引用、多少実際とずれてるかもしれません)。この映画の評価とか見てても、是枝監督の発言が左右に寄ったとかどうやらで騒いだりしている人を見て、溜め息が漏れてしまう。
この映画は、「表現」でしょう。そんな事関係ありますか。本当に素晴らしいものを見れて良かったです。
残念ながらわたしにはダメでした。
ただ、ただ自分が是枝作品にはあまり合わないのではないかとの結論。
内容は淡々とドキュメンタリータッチで進む、わぁ、次の展開は?なんか起こる?山場は?など思っていても特にこれと言ってストーリーに強弱があるわけでない
ひとつひとつ丁寧に素敵な俳優陣たちが凄い演技だなぁ表情だなぁって•••そこは純粋に素晴らしいなぁと思った。

ただ、この流れの映画は私には合わないのだと思う(笑)
自分なりに広げながら考えながら頭を使いながら見ていく。人それぞれに捉え方を任せていく感じ。白黒つけてある映画で話はなくてつけてくださいって感じの。
やっぱ凄い映画なんだろうな•••
わたしは、あ•••早く終わらないかな
と思ってしまった映画でした🙇
•••と職場で同じ見解の人がいて、なぜダメなのか話し合ったところ上記のようなまとまりになった次第。
実は初めての是枝作品。血でつながっていても幸せじゃなかったり、つながっていなくとも幸せだったり。家族じゃない人ってどこで、なにでつながっているのか。そんなことを少し考えさせられる映画。

安藤サクラの「捨てた?私たちは拾ったの。捨てた人たちは他にいるんじゃないですか。」という台詞が棘のように印象に残ってる。
Ryohei

Ryoheiの感想・評価

4.5
松岡茉優かわいい〜

とか言おうと思ってたけど、そんな軽いもんじゃなかった。

リアリティがとてつもない。

松岡茉優ではなく柴田亜紀で、他の役者陣も完全に柴田家の家族になっていた。
樹木希林が柴田家の複雑な関係性を決めていた感じがする。

特に地上げ屋と話す樹木希林の迫力がすごい。

あと、今回は子役が本当にかわいい。
特に城 桧吏くん。
イケメンすぎ。声もかわいいし演技もうまいし、それで『じょうかいり』って名前まで。スターダスト凄いな。これから引っ張りだこやな こりゃ。

いやぁ作品としてはすごく繊細で重いし、劇場の雰囲気も物音ひとつしない静かな空間で、1人でヘッドマウントディスプレイで見てるような集中力が高い空気だった。
ただ、家でDVDで見ればいいかとか思ってる人はいっそ見ないほうがいいと思う。
映画館で見ないとこの凄さはわからない気がする。

余韻がすごくて、帰ってからメイキング動画みてこれ周りにこんなスタッフ居たんやってなった。カメラマンも凄い。

ミュージカル好きな自分としては、映画にはわかりやすい救いがあったり、ハッピーエンドであってほしいという気持ちがあるけど、この作品はエンターテイメントじゃないんやな。ドキュメンタリーか。
ましー

ましーの感想・評価

3.2
物語のヒントは全部会話の中にふっと出てくるから、1回見ただけじゃわからないかな

そーいやしばらく実家に帰ってないなぁ、と見ながらしみじみ思うのでした
mgc

mgcの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

この家族の収入源は、妻のパートに婆の年金と夫の日雇い。それから万引き。

家族のメタファーとして
「スイミー」の話を嬉々として話す息子。スイミーは身を呈して家族を守ったサカナの話の絵本だが、、、、

(束の間の)幸せ〜な一家の描写で、リリーがインチキマジックを子どもに見せたり。
この一家の幸せなんかかりそめの、虚無でしかないが子供は騙されている事のメタファーだったりするのかも。

結果、一家は散り散り。ゆりが元の虐待夫婦のもとに戻ってしまうのも苦い結末。変にハッピーエンドにしない。カンヌは本当こういうの好きね!!
Megumi

Megumiの感想・評価

4.5
安藤サクラの泣きの演技がずしっと心にきた。もう一度丁寧に観たいな、、。