万引き家族の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

万引き家族2018年製作の映画)

上映日:2018年06月08日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.0

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治…

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。 冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく──。

「万引き家族」に投稿された感想・評価

カナダ

カナダの感想・評価

4.0
樹木希林すごい
嫌いなタイプのテーマだけど
映画自体はすごく面白かった

悲しい結果なのかな?
少し寂しい映画
捜して、見つけて、罰して終わり?

「なぜ」を追及しない限り、終わりは訪れない。
RyotaSaeki

RyotaSaekiの感想・評価

4.0
現実に起きていそうだけど中々触れられていない家族の話。
どうすれば救われるのか、そもそも...??
佳子

佳子の感想・評価

3.9
安藤サクラがいい。取締りのシーンでは、涙が止まらなかった。子役の2人もいいが、子どもたちや役者をナチュラルに撮る技法は是枝監督の得意技。演技力でなくて、その役者のからでるナチュラルな空気感をそのまま生かしてるんだろうな。
Dai★

Dai★の感想・評価

3.8
人間臭さと家族の絆。血の繋がりだけが家族ではない。ただ人は誰かといることで、繋がっていく、家族になっていく◎樹木希林の躊躇いのない演技が濃厚。妹にはやらせんなよ。
しお

しおの感想・評価

-
血縁のある家族よりも強い繋がりがある家族。
役者さんが実力のある方ばかりなので安心して観られるし、是枝さんの脚本はやっぱり良い!
食事シーンがリアルっぽくて好きです。
これぞ是枝ワールド!という感じ。
所与の関係を前提とした愛や責任が当然とされていることを疑問視し新たな視座を出すのほそして父になるでもあったことだが、本作はそれの出し方が良い。
最後に「世間」の価値観に戻されたとき、観客の価値観は既に真逆の世界に消化されているので、ただただ違和感をもつしかないのである。
キャスティングも安藤サクラに松岡茉優と本物ばっかり使ってるから完成度ハンパなし。やはり良い映画は良い俳優女優が必要だなと思った。そのあたりはストリーミング文化へのアンチテーゼともなりうる一本だね。
観賞後に抱く感情は複雑過ぎてとても言語化できない。

家族か。
結局お互いにどう思っていたんだろう。
また、家族のあり方だけではなく、社会のあり方に対しても考えさせられる。
泥眠

泥眠の感想・評価

3.8
たぶん、タイトルは絆でもいい。選んだからこその強かさ脆さと、背負いきれない初期設定。
愛情のせいにされると、なんも言えないけど、みんながんばってるんだよ。
ちょっとこすいおやじや、生活感なんて綺麗にも表せない汚れた部屋、目と、なんてことない昼間の街なんかが胸をつく