あの日のオルガンの作品情報・感想・評価・動画配信

あの日のオルガン2019年製作の映画)

上映日:2019年02月22日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.8

あらすじ

『あの日のオルガン』に投稿された感想・評価

RinRinS

RinRinSの感想・評価

3.7
戦争中、未就学児を守るために疎開保育園を開くことに。

親元を離れたまだ小さい子達に
寂しい思いをさせないようにと
一生懸命生きた保母さん達を描く。

あの保母さん達、今の私よりうんと若いのに、しっかりしているなぁ。
本当ならしっかりしなくても良い年頃なのに
生きた時代でこんなにも違ってしまう。

戦争は嫌だ。
2022.1.8
実話なのが切ないというか、心がキュッとなる
子供たちあっての未来だよね
公園

公園の感想・評価

3.9
幼児の疎開をする保母さんの話
最後ボロボロ泣いた
松尾寺がロケ地らしいけどどこで使われてたか分からない
自分のひぃおばあちゃんの戦争時の話しや現在のウクライナロシアなど色々思いながら観てました。
「戦争は昔のことだから」で今まで生きてきたけど
リアルに身近のこと。
泣いてしまった(;_;)
澪

澪の感想・評価

4.5
何が正解か、している事が本当に正解かも分からない中、小さい命を守り続けた保母さんも、頑張り続けた子供たちも、耐え続けた親たちもみんなかっこいい。

戦争物の映画に対して良いって言葉は適切では無いと思うけれど、本当に良い作品でした。
ちか

ちかの感想・評価

3.5
戦争はだめだ

関係ない人を巻き込んで
命を奪って

うまくいかないからって
そんなことしたらよくない

どうすることもできない
つらい

戦争はこわい
ゆう

ゆうの感想・評価

4.0
戦争の裏にある女性や子供たちのお話。
戦争時代の映画って観ることがないから新鮮だった。東京大空襲の時に子供を守るために保育園ごと疎開させる保育士さんと子供の話。この時代に生きてたら死んだ方がマシだって思いそうだな。川辺のケンちゃんとみっちゃん先生のシーンと、最後みんながそれぞれの場所に帰って行って先生たちが大声で泣くシーンはほんとに泣けた。見て良かった!
戦争映画って男の人を
中心としたのが多いけど

保育園児の集団疎開があったのは
知らなかった。

自分だったらどうしたかなぁ〜
晶

晶の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

差し迫った状況にみんなに前の晩めっちゃ切れた恵梨香やけど、迎えた清々しい朝との温度差に喜ぶべきか肩透かし食らった
 第2次世界大戦時、保育士や園児たちが東京大空襲から逃れた「疎開保育園」の実話を映画化!

 東京空襲の最中、子どもと引き離される親の気持ちを考えるととても辛い!いのちをつなげた保母たちに感謝!

 戦争は嫌いだ!
>|

あなたにおすすめの記事