サーホーの作品情報・感想・評価・動画配信 - 56ページ目

「サーホー」に投稿された感想・評価

candy

candyの感想・評価

4.3
心に沁みず
頭に滲みる
ガンガン ギラギラ グリグリ ゲロゲロ ゴリゴリ
SHOW TIME ムービー

今日も朝から
ナマステ 然り
サーホー! サーホー! バーフバリ!

体力勝負

ようメーじん❤
KAORI

KAORIの感想・評価

3.5
#まちゃお765
プラバース好きには待ちに待った作品。2、3回騙されてどんでん返しをくらい、160分あっても疲れない!(好きなら笑)
アクションも、まぁよくぞここまでやったな…とものすごい迫力!でも細かく考えると突っ込みどころは満載。もうでも、なんか、そんなことどっちでもいいやろと言わんばかりの勢い。そして、踊る踊る!!!とにかく、好きなら映画館でみるべき作品。
インド映画ってほんとエンターテインメントの極みやなー。
本国ではタイトル出たあとインターバルなのかな。とにかくツッコミどころも含めて楽しむのがインド映画なんだと思う。
日本では映画中のおしゃべりはしないけど、インドはどうなんだろう。
この映画はツッコミ入れながら皆んなで楽しむのもいいのかも
yusuke

yusukeの感想・評価

4.1
誰が誰か分からなくなるので、公式HPにキャラの相関図とか載ってます。あらかじめ予習するのも手です。観終わった後の消費カロリーが普通の映画の3倍はあるので注意です。本編3時間近くあるのでトイレは始まる前に行きましょう。
『バーフバリ』で本国どころか世界にその名を知らしめた制作チーム、主演のプラバースの凄さを全面に押し出した痛快B級バトルアクション。話筋の作りが八十年代後半〜九十年代前半の米アクション映画らしく出来ているので、そちらのヒトにもおすすめできる一本。

舞台を現代に移してもなお、銃がメインの社会になりながらも、その鍛え抜かれた肉体と機転、知恵者でチャーミングな魅力は何一つ衰えないんだからまァすごい。この辺は作り手が撮り方わかってるんだろうなあ。
周到な準備で他を出し抜き、惚れたオンナにゃあ滅法弱く、常にユーモアを忘れず振る舞うキャラクター。
これはつまり『義賊』の映画なのかな、と思いきや、なる程こうやって裏切るか、という半ばからの転換。

潤沢な人員と予算で手当たり次第ぶっ壊し、遥かに大きな相手を技で捩じ伏せるわかりやすい筋肉映画ながら、主人公を含めて三つの勢力がそれぞれ動き続けており、これらをカッティングで見せる部分はなかなか複雑。というかバーフバリのように明朗なストーリーを期待して観に来ると、先読み先出し、後々実はこうだったんです!って部分が幾重にも重なっていて、少し気を抜くと話についてゆけなくなる。

とはいえ、ワンワンアーミーというべきところまで極まったサーホーのアクションにうっとり。脇を固める連中にも相応のドラマが用意されていて、この辺はバーフバリよりもマフィア・ギャング映画らしさが出ているかなと。
当然のごとくダンスシーンも多数実装。比較的空気を読んだタイミングで入れてくるものから、だいぶ予算かかってるんだろうなあってロケーションのものまで盛り沢山。

最後まで観終わり、サーホーの心境・出自・境遇を考えるとまた見方の変わる、複数回鑑賞を想定した映画でございました。
Kuni

Kuniの感想・評価

4.5
まず皆さんが言うように、ハリウッド大作が上映延期になる中、公開してくれてありがとう💕
B級映画バンザイ‼️

見終わって興奮冷めやらず、感想がひとことでは言い表せない❗️

突然始まる歌と踊りのミュージッククリップは、「なんの意味があるんだろう?」と真面目に考えてはいけません(笑)
深く考えずに、映像美とセクシーさ、ファッション性を楽しんだモン勝ちです。

インド映画は初めてで、サリーと仏像のイメージがあったけど、予想以上に都会的、ハイテクでした。

とにかく長い❗️
登場人物が多すぎて、誰が味方で誰が敵かわからない❗️

わけわかんないうちに進み、銃撃戦、肉弾戦、車の爆破シ-ン、金の雨の中美女が踊りまくったり、とにかく全てが派手‼︎

エンターテイメント性重視で、ストーリー性ないみたいに書かれたりするけど、私はそうは思わない。

オチが読めるコメディではなく、2転3転して、最後まで展開が読めない面白さがありました。
シリアスなところもあり。

警察組織と悪の組織事情、アクション、恋、家族など、色んな要素が入ってます。

盛り込み過ぎ❗️
こりゃ2時間40分かかるわけだわ❗️という突っ込みもしたくなるけど、私は好きだな〜。

パンフで人物相関図を復習して、もう一度観たいです。
サーホーの色気に悩殺され、アムリタの可愛さ&セクシーな魅力が最高でした‼️

コロナ鬱、コロナ疲れを吹き飛ばしてくれる衝撃度。
笑って免疫力を高めましょう。
ストーリー、演出、音楽、全てが過剰で想像の斜め上をいく作品。ホント凄かったです。
たむ

たむの感想・評価

3.5
170分が上映時間としては、確かに長いです。
しかしこの映画に込められたドラマの量で考えると、むしろ170分でよく納めたな、と感心してしまう超怒濤の映画です。
二部構成になっていますが、衝撃のどんでん返しがあり、後編のクライマックスも超衝撃のどんでん返しがあります。
もはや最初のコンセプトは何だったのか、わからなくなる衝撃です。
これを一本の映画で、力業とはいえ、成立させられるのは、インド映画の物語構成の歴史の賜物です。
きっとアメリカこれをやろうとしたら、連続テレビドラマで1シーズン、日本のドラマだったら10年はかかるでしょう。
テレビドラマといえば、インド映画にも『ゲーム・オブ・スローンズ』の引用があり、その影響力に驚きます。
これは、バーフバリと沢尻エリカ似アムリタのアクション付きラブロマンスものと括ってもよろしいか?ただ、後半のっけセクスィーな男女が踊っているのを観ていると、女をなめんなよ!と言いたくなった。
広大なインドでは、どんな設定も全部有りと許したくなる不思議な土地柄。敵と味方がクルクル変わり、更に顔も名前も覚えられず、あららと思う内に大団円。スローが多いから長いのかしら。
coffee

coffeeの感想・評価

4.1
名前と顔が一致しないのが悔しいところ。誰が悪で誰が味方か、果たしてサーホーは正義なのか、あれ?この人どっち?ってことがよくあった。終わりの方でようやく繋がったので良かった笑
もう一度見たらスッキリ見れるんだろうなー。長いのですぐにみようとは思わないけど笑
アクションは色々な映画の全てを詰め込んだ感じで面白かった。インドらしいところももちろん多くてそこも良かったと思う!
空を飛んで凄かったり、カーアクションが凄かったり、銃撃戦が凄ったり笑
特にマシンガンの銃撃戦の中1発も当たらずに走り抜けるのは、違うところを撃ってるのかな?って思うほどだった笑
まあ、2人で玉を普通にかわしてたから、そんなものなのかなー