グリーンブックの作品情報・感想・評価・動画配信

グリーンブック2018年製作の映画)

Green Book

上映日:2019年03月01日

製作国:

上映時間:130分

4.2

あらすじ

「グリーンブック」に投稿された感想・評価

とにかく前半45分我慢してほしい。
ものすごくスロースターターなので。

二人の友情がかなり良かったな。
ちなみに自分としては潔癖気味のドクの気持ちが手に取るようにわかった。
ay

ayの感想・評価

3.3
吉祥寺の映画館で観た。周囲の評価が高すぎて、少し辛口な採点に…。メリーに首ったけのファレリー兄弟の兄が作った映画というと、なかなかギャップを楽しめる。重厚感がある作品なので、シリアスなものがお好きな方は楽しめると思います。
強い信念を持って黒人差別と戦う黒人と、味方をする訳でもなく、差別をするわけでもなく、黒人を1人の「人」として扱う白人が繰り広げる、感動の映画です。
ダイ

ダイの感想・評価

4.0
強気のイタリア系、ボディガード運転手!
洗練された天才ピアニストの黒人!
交わら無いようで、お互いに持って無い物を、持っている所が、刺激になり惹かれあって行く姿が見ていて心地よかった!

この時代に南部でツアーを回る事が、どんなに勇気が行ったかとても考えさせられました。
人種差別との戦いは、今も続いているが沢山の人の活動によって前進していると信じています。
とてもいい作品だと思いました。

追伸 KFCを食べながらの視聴をお勧めします。
レイシズムにモヤモヤさせられながらも、人が人として在ろうとする姿。人が人を受け入れて変わろうとする姿勢が本当に美しくて素晴らしい。
Hikari

Hikariの感想・評価

4.0
ベタなストーリー展開。
それでも、心動かされた。社会から何度も踏みつけられ、蔑まされてきた黒人が血を流しながら立ち上がって行く姿には敬服させられる。
小娘がちょっと傷ついたくらいですぐ折れるのは甘ちゃんだったと反省!
momo

momoの感想・評価

4.5
ふふふって笑える部分が随所にあって、最後もハッピーエンドでよかった!
DVD借りて家族で観賞。ホームステイ期間だからこそできたな~っと。2作目
miy

miyの感想・評価

4.0

︎︎︎︎︎☺︎映画館︎︎︎︎︎☺︎

最強の2人みたいな感じを期待♡
手紙のくだりとケンタ投げるところ
おもしろかった♡
七沖

七沖の感想・評価

4.6
〝行こうぜ、相棒。あんたにしか出来ないことがある。〟
これは良かった!バディものだとすぐ分かるキャッチコピー。

まだ黒人差別が根深い時代の1950年代アメリカ。黒人ピアニストのシャーリーは、差別がはびこる南部のツアーに赴くため運転手の求人を出す。応募してきたのは、黒人への差別意識バリバリのイタリア系白人のトニーで…というストーリー。

諍いを通してお互いを認め合っていく…バディものの鉄板展開。かたや教養高い黒人男性・シャーリー。かたや粗野で腕っぷしの強いイタリア系白人・トニー。そんな共通点のない凸凹な二人の前に立ち塞がる障害は、南部の人々による黒人差別だ。
これをシャーリーは誇り高い心と忍耐で、トニーは機転と胆力で乗り越えていく。
こんなの面白くないはずがない!
特にケンタッキーフライドチキンのやりとりは笑ってしまった。おずおずとチキンを素手で受け取るシャーリーが可愛い。

シャーリーが行く先々で受ける差別には気分が悪くなるが、こうした差別が本当にあったことを考えると、やるせない気持ちになる。
学生の頃、男用・女用の他に黒人用のトイレがあったのだということを習った。その時は「そうなのか…」と思っただけだったが、シャーリーが屋外のトイレを勧められるシーンに思わずハッとなった。
ゲストとして歓迎されながら、トイレは当然のように別だと言われる。この怒りや悲しさは、教科書で読んだだけじゃ分からない。
今回、自分はシャーリーという登場人物を通して、これがいかに屈辱的なものなのか多少知ることができた。もちろん、本物の経験には及ばないが、体験したことがない出来事や思いを疑似体験できるのは映画のいいところだ。
これからも色んな映画を通して、たくさんの価値観や経験をしていきたい。そんなことを思った。
のぐち

のぐちの感想・評価

4.3
主人公の2人は水と油のように、
背景も全く違う、真反対な性格。

だけどもそんな2人が、お互いを補完し合うように絶妙に噛み合って仲を深めていく様子が痛快。
「最強の2人」を思い出した。
コメディも交えたバディものロードムービーでありながら、黒人差別のシリアスな面もキッチリ描いていた。

ケンタッキーのシーンと手紙の件が好き。
ほっこりするラストシーンも◎
>|