ジョーカーの作品情報・感想・評価・動画配信

ジョーカー2019年製作の映画)

Joker

上映日:2019年10月04日

製作国:

上映時間:122分

4.0

あらすじ

「ジョーカー」に投稿された感想・評価

とにかく笑いがとても印象に残る作品。
どこまでが妄想でどこからが現実なのか、実は全てが妄想なのか、もはや妄想であって欲しいとまで思ってしまう、辛く苦しい、でもどこか笑える不思議な作品であった。
史上最高の悪役ヒース・レジャー
越えてきました 
三回も観ちゃいました
okm

okmの感想・評価

-
凄ぇ

あんなに苦しそうに笑う人を見たことがない
髪を緑に染めてメイクをしてスーツ着て踊る彼はクソキマってた
青いアイメイクが垂れて涙に見えるシーン
自分の血で笑顔を作るシーン
どちらも鳥肌が立った

わたしだってアーサーになるかもしれない
わたしのせいで誰かがアーサーになるかもしれない
何が正しくて何が悪いのかわからなくなる
衝撃的で悲しくて心がぐらぐら揺さぶられた122分でした
実の親に捨てられ、養子先で虐待に遭い、養母に見捨てられ、偽りの生い立ちを刷り込まれ、本人も精神的に病み、仕事も私生活も行き詰まりドン底の日常のプレッシャーに狂い逆恨みをして犯罪を犯す。
ネガティブな生い立ちが犯罪者を産むのか、先進国の貧富の歪みが悪いのか、自由過ぎるイデオロギーに甘えて暴走に歯止めがかからないのか。
Potaro

Potaroの感想・評価

3.5
主人公が感じている悲しみも喜びも全て歪めて混ぜ合わせた結果かがこの結末なのだろうと。ジョーカーなので可哀想とも良かったねとも思わず、ただただなるほどなって感じでした。
わーお

わーおの感想・評価

3.7
ジョーカーがどのようにしてジョーカーになったのか見える映画。
私にはどこまでが現実で妄想なのかさっぱりわからなくなっていた。

私は現実と妄想の堺がこの映画でさっぱりわからなかったと言ったが、これはジョーカー自身もすでに現実と妄想の堺がつかなくなっているのではと感じた。ジョーカーという姿が妄想、ジョークの中の自分であったのだがそれがいつの間にか現実になっていたみたいな感じに思えた。個人的には時計の針が妄想の世界という暗喩なのかもしれないと考えている。

なにはともあれめちゃめちゃ面白い。個人的にはタクシードライバーを最近鑑賞したばかりなので、その世界にとてつもなく類似しているように感じた。特に、銃を構えたり、ジャスチャーなどとても似ていた。
きょ

きょの感想・評価

3.2
心優しい男が徐々に悪にって感じじゃなくない?最初から狂ってるよ。
シロー

シローの感想・評価

3.7
音すこ

車の上に担ぎ起こされて目覚めるシーンは、イエスの復活を想起させるようで、アーサーの内なる悪意の復活=ダークヒーローとしてのカリスマ性の表現として見えた。

このレビューはネタバレを含みます

全体的に暗めでしとしと降る雨の中って感じの映画だった。
ジョーカーの過去重いな…
虐待から笑うことで現実逃避をしたジョーカー。
格差社会、母親の精神病、治安の悪いゴッサムシティ、ゴッサムシティだからこそジョーカーは生まれたんだろうし、支持されたんだろうな。
ジョーカーなんかイメージ違うな?と思ったけどスースクとは俳優さんが違うのね。
あと今まで派手だけど何処か人を信じてない、寂しい人だなっていうふうに感じたけどこんな激重過去ならそれもそうだな…
ジョーカーが最後テレビに出て司会者の頭ぶっ放したの狂いすぎててやばかった。
憧れだった人にバカにされたり、もうこれさえも本当なのか?ジョーカーの精神病によるものなのかわからない、多分本当だと思うけど。
たかが外れたというか全てがどうでも良くなって最狂になってしまったジョーカー、ハーレイとぴったりじゃんって思った。ジョーカーとハーレイのカップルが好きなので。ハーレイと化学薬品に落ちるシーンが大好きなんだよ。ハーレイはジョーカーによって狂わされたんだけど、ジョーカーも社会、世間によって狂わされちゃったんだよな。
ジョーカーが殺してしまった両親の子がのちのバットマンなんだよね?私はバットマンシリーズ見たことないけどジョーカー視点から見た両親とバットマンシリーズから見た両親の印象が違うと聞いた。ジョーカー側を掘り下げた映画なのでジョーカー側につい肩入れしてしまう。
KAGOME

KAGOMEの感想・評価

4.5
お洒落だったなあっていう映画は
面白くない映画に使う言葉だと思っていた。

映像、色、衣装、動き全てにとってジョーカーだけのものだった。こういう、いかにもな映画最高やん?

ジョーカーになりたいなんて不謹慎な言葉は隣の連れにだけ伝えました。
>|