ジョーカーの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(2館)

ジョーカー2019年製作の映画)

Joker

上映日:2019年10月04日

製作国:

上映時間:122分

あらすじ

「ジョーカー」に投稿された感想・評価

評判以上の凄み。いい映画だった。気持ちは暗く、涙無くしては見れない。。悲哀感がハンパない。。(ドバイ帰りの飛行機)
私は、あまり好きではない。期待値が高すぎた!?ホアキンの演技は素晴らしかった。デ・ニーロも良かった。でも暗かった。
穴金

穴金の感想・評価

5.0
ホアキン・フェニックスの演技・役作りはアカデミー賞取るだけあって、凄い。1つの笑い方の中にも色んな感情が読み取れる。
いままで辛そうに登ってた階段をジョーカーの格好で踊りながら下りるシーンは印象的だった。
人と違うことをただ「イカれてる」で片付けてしまう社会、貧困や病気に苦しむ下層階級の人々のことなど目に入っていない社会。この映画の世界だけの話じゃないなと感じた。
何もかもうまく行かず悲しく狂ったアーサー(ジョーカー)、人を笑わせようとすると酷い目に会い、人を傷つけると称賛される、「狂ってるのは僕か、それとも世間か」という台詞が印象に残った。

このレビューはネタバレを含みます

まずは少なくとも2度観ることをお勧めします。

中身を知らずに観る1度目。
それはバットマンが空想上の人物であると言う帰結。
ゴッサムが完全に救いようのない街であり続ける現実。
心の病んだアーサーフレックという1人の男の絶望的な人生。

1度観た上で2度目。
ジョーカーはいずれバットマンというライバルに出会い、完全に悪としての自分を見つける人生。

この物語はスタート時点で観る人によって少なくとも2つに分岐します。

1人の男の幻のお話だとしたら、僕はこの絶望感に耐えられません。
しかし、もしもこの後、彼がバットマンに出会うとしたら、光と影の関係性の中で、不思議なことにジョーカーはときに光の存在のように人間の闇を照らし出し、人の邪悪性を暴き、バットマンに"それでも人を救うのか"と問い、悪に染まった街と悪に慣れた人々を救うバットマンをむしろ闇の存在にしてしまいます。

ジョーカーの徹底した悪は人の弱さを問うものです。
この映画では、少しばかり夢オチによってしまうところが僕は気になったかな。

現実なのか思い違いなのかわからないところにストーリーを着地させたところに驚きはありましたが、その着地の仕方のせいでアーサーがただの精神異常者だという位置づけにもなってしまったように思います。

とはいえ、僕の感想なんか気にせず、必見!
tn

tnの感想・評価

5.0
もうゴッサムは核でも落として滅ぼしたほうが人類にとってプラスなのでは
BBMR

BBMRの感想・評価

3.9
観る前の方にはとりあえず現状のバットマンシリーズとはほぼ無関係ってことは伝えたい。

どちらかというと「ジョーカー」の物語、というよりも「現代の貧困格差」を描いてる作品。

めちゃくちゃ面白いし、重く響くけど、個人的にはスゲー辛くなるんでそう何回も観たい映画ではないです...
(ダンサーインザダーク系の...)

主人公は変わり者、見た目もキモいし精神疾患のせいで突然笑いだす。挙句の果てに母親は床に伏せてるどうしようもない人間。だけどそもそも誰も彼を知らない。だから理解はされないし、もちろん救ってもくれない。

言い方はとても悪いけど「そりゃこんな扱いされたらこうなるよなぁ」っていうのと「そりゃこんなキモいやつ相手には関わりたくないなぁ」っていうのがダブルで効く。そこが謎の納得感というか、説得力を持ってきてるんですよね。

演技も役の作り込みも完璧で「キモいけど不憫!」「可哀想だけど怪しい!」をバッキバキに両立してて、狂気すら感じました...
社会が無意識に個人を除外している。
マクロ視点で言えばナショナリズムの高まりはその一端であり、教室内のイジメもそう。

クレイジーといえばその一言で片付くが、
互いの違いを許容していかなければならない。
違う事は自分にとってもスパイスになる。
sawakomrt

sawakomrtの感想・評価

3.7
タクシードライバーと続きで見て
ちょっとゴッチャになった

すごくドラマチックで
悲しくてリアルな映画
MuguxxN

MuguxxNの感想・評価

3.5
【JOKER】

アーサーが笑うとき、
誰かに見下されたり、バカにされたりした時
心が悲鳴を上げる時 彼は笑っていたのだと思った
冒頭部分、ピエロの化粧をしながら
口角を上げるアーサーの目から涙が零れていた

「狂っているのは僕か、それとも世間か」
精神疾患を抱えながら生きる
アーサーが人生でずっと心に抱えていた疑問
何が正しくて 間違ってるのか
何が 善で何が悪なのか

バカにされ、痛めつけられ、笑われて
惨めな思いを必死で耐えてきた
虫けらみたいに扱われても
だれも気にとめない街の人々
貧困層や病気を患う人々は、いつも
上級社会の中で犠牲になっている。


「悲劇か喜劇かは主観によるものだろう」と
答えを見つけたアーサー

答えを見出したアーサーが社会への与えたのは
人々に笑顔を届ける ピエロではなく
状況をひっくり返す 最強の切り札
まさに ジョーカー 。
衝撃のラストの展開でアーサーの行動は
悪ではあるのか、善であるのかも
私自身が決めることなのかーと。
見終わったあとの余韻が残った 。
>|