狙撃の作品情報・感想・評価

狙撃1968年製作の映画)

製作国:

上映時間:86分

ジャンル:

3.7

「狙撃」に投稿された感想・評価

しゅん

しゅんの感想・評価

4.0
<殺しの依頼をこなす射撃のプロ松下徹。恋人との将来を考えていたがある日別の殺し屋に命を狙われるアクション映画>

和製ハードボイルド。
国本圭一拳銃殺陣師のもと細かく作られた銃描写が見所。
冒頭から淡々と射殺する加山雄三が渋い。
前衛的な演出のラブシーンもあったりしつつ緊張感のあるアクションが楽しめる。

AK-47珍しいと思ったら日本映画初登場だって(特典映像より)。その他ホークアイvsモーゼルとかリバース・ドローも初めてとか珍しいとか。
敵役の森雅之も存在感あるし、浅丘ルリ子綺麗。昭和のスターってオーラあるよね。

“有楽町ビルヂング”に時代を感じた。ポケットのないビリヤード昭和の流行り?

このレビューはネタバレを含みます

 殺し屋のスナイパーがファッションモデルと愛を育みつつ、金塊の争奪戦で空いて組織から殺し屋も放たれて戦う話。

 冒頭のセリフもなく静かに始まる狙撃シーンが興味深くバッチリと掴まれるスタートでした。

 主人公とヒロインが出会ってデートをしたりベッドシーンが多くしかも途中で原住民の格好をしてダンスをするというシーンが意味不明で映画史に残る呆然とするシーンだと思いました。サイケなダンスシーンも結構長いこと入っていて、殺し屋としての仕事よりもヒロインとのやり取りが多くてダルく感じる映画でした。

 主人公がどうして殺し屋をしているのかとかをセリフで語ったりして面白さがどんどんなくなっていく主人公で、それに対して対峙する殺し屋の森雅之さんの魅力が最高でセリフも少なくカタキ役の方をずっと見ていたいキャラクターでした。使っている銃とかもかっこよかったです。金髪美女を従えて飛行機のタラップを降りてくる初登場からバッチリかっこよかったです。

 主人公とカタキ役の対決で車とヘリコプターのチェイスシーンとか日本映画ではあまり見たことのない迫力あるアクションシーンがあったりして気合のある映画だと思いました。
「俺は一発で仕留める」は加山雄三が元祖だった!

映画タイトルどおり「狙撃」の物語。
加山雄三が凄腕スナイパーを演じていてカッコいい。
そして、「俺は一発で仕留める」というセリフは、映画『ディア・ハンター』のロバート・デ・ニーロの専売特許でのように思っていたが、この映画での加山雄三の方が元祖であった。

冒頭、有楽町のビル屋上から「走る新幹線の7両目の最後列の男」を一発で射殺する狙撃犯(加山雄三)、また彼は射撃場でも凄腕を見せる。
また、乗り回しているスポーツカー(フェアレディZ)が格好いい。
射撃場で出会った女(浅丘ルリ子)とイイ仲になるが、孤独感を維持するあたりもこの狙撃犯のクールなところ。

銃ショップの男は、岸田森。
岸田森が「俺は、銃が好きなんだ」と言うと、あの名作テレビドラマ『怪奇大作戦』の第24話「狂鬼人間」で「銃をブッ放しながら、街中を駆け巡る岸田森」を思い出してしまう。(あれも凄かった。)

さて、この映画の狙撃犯は、3億円の金塊強奪で数人を射殺したことから、金塊の元締め男(森雅之)…これまた凄腕ガンマン…に狙われる。
そして、物語は………。

クライマックスまで息をのむ緊張感が心地よい凄い映画であった。

堀川通弘監督の傑作エンターテインメント映画。
金塊の横取り作戦に加担することになった狙撃手(加山雄三)が、恋仲となったモデルの女性(浅丘ルリ子)を敵対組織との攻防戦に巻き込んでしまう。日本映画初の「実銃描写」を実現させているアクション映画。

一部のライフルは実銃だが、拳銃は精巧に作られたモデルガンを使用。そして流麗な所作で拳銃を操る場面では、銃器専門振付師の第一人者・国本圭一がボディダブルを務めている。

本作の主人公は、銃撃の緊張感にアイデンティティを見いだしている狙撃手。一挙手一投足が真に迫っており、とりわけ左肩のホルスターから左手を捻りながら銃身を抜くというアクションが身震いするほどカッコいい。「拳銃=男性器」の比喩を潜ませているあたりもさすが。

登場人物ではリー・ヴァン・クリーフのような渋さを醸し出している敵役・森雅之と、ガンショップ店主の岸田森が絶品。鈴木清順や石井輝男の二番煎じの香りがあるけれど、イタリアのギャング映画、マカロニ・ウェスタンのエッセンスを適度に混ぜ合わせた、意欲作としての完成度は高い。
otom

otomの感想・評価

4.0
ちょっと駄目になった『殺しの烙印』みたいだが、そこは流石の東宝作品で話は大して面白くないのだが、凝りに凝りまくった映像で思わずギャフンとなる。原住民コスでノリノリの加山と見所多数。良作。
mingo

mingoの感想・評価

3.9
東宝ニューアクションの記念碑的初期作にして銃マニア発狂の本格アクション。流石は堀川弘通。漢字2文字の水色のタイトルバックがセンス良し。加山雄三はじめてかっこいいと思った作品になったわけだが、海外に影響を受けた原色を使った衣装がハンサムには似合う。加山に対するは最強の早撃ちスナイパー名優森雅之。「夜明けのうた」から3年後の浅丘ルリ子はまだまだ瑞々しさとエロスも充分。ニューギニアの世界最大の蝶に魅せられた彼女だが、時折挿入される演出がまた活きている。2人して部族の格好して狂ったように踊るのには笑った。ラストの砂浜から海に走って撃ち合うシーンはもっと語り継がれても良いレベルでイカしてる。イカロスみたいに太陽に向かってはいけない、背を向けなくては。
有楽町のあそこのビルから、走る新幹線への狙撃ではじまる。浅丘ルリ子森雅之岸田森、脇が素晴らしすぎて霞みそうだけれどかっこいいぞ加山雄三。そつなくナルシシズムな世界をがんがんキメてくる堀川監督。終始ニヤつく森雅之の持つモーゼル銃がカッコいい。
矢作俊彦の名作小説『ららら科學の子』で、主人公が国外逃亡する前に最後に観た映画としてたびたび回想されていたため、ずっと観たかった映画でした。
加山雄三はもちろん、森雅之がかっこいいのよ。ほんと。カッコつけっぱなしが成立しているのがすごい。AKの音がヘンな気がする。
ysak

ysakの感想・評価

3.9
少し饒舌だけど、全体的にとてもゴルゴ。漫画の連載開始とほぼ同じ頃の映画というシンクロはとても興味深い。サイケ描写も劇伴も衣装や美術も好みだし、実写ゴルゴより全然おもしろい。裸コンゴシーン謎だけど、名作。
>|