ブラ! ブラ! ブラ! 胸いっぱいの愛を/ブラ物語の作品情報・感想・評価・動画配信

「ブラ! ブラ! ブラ! 胸いっぱいの愛を/ブラ物語」に投稿された感想・評価

みゅー

みゅーの感想・評価

3.8
テレワークのお供にとオススメされたので鑑賞。
(内容的にはお供に◎、セリフなしだから映画に熱中してしまったのは内緒🤫笑)


ブラの持ち主探しをするおじさんのお話。
セリフなしでシュールな面白さ!

ちょ、それ犯罪なんじゃ?!みたいなこともあったりなかったり。笑

ちょろちょろしてる子どもが可愛かった!
miyu

miyuの感想・評価

3.9
ブラっていうのは、あまり 締め付け感が強いと嫌なものだ。。。

女性運動からの ノーブラ運動とかもあり、ブラから解放されよう…みたいな時代もあったりしたけど…

最近、チョット ワタシは思う。。。
そこそこの 年齢になると キッチリしたブラは
必要だと…

あまり 胸を自由にさせていると 形崩れをしてしまう。。。

かと言って、キツいブラは、圧迫感がある…

サイズをキッチリ合わせる…ってのが非常に重要だと思う。。。

しかも 自分の気持ちを上げるデザインや色とかも、時として、大事だと思ってる。。。

ブラの事 力説した。。。😅🙏

『世界で一番のイチゴミルクの作り方』の監督だが、この監督、画像がメチャ 綺麗なんですよね。
イチゴミルクは、ストーリー自体、響くものが無かったんですが、ウェス アンダーソンみたいな素敵な画像でした!

本作も 画像は、秀逸。。。

そうだなぁ…
考えてみれば、本作も 深いストーリーがあるわけじゃない…

このブラは 誰のブラ???
…って 一言で言えばそんな話なんだよなぁ〜

アゼルバイジャン…って、国を
ワタシ自身は、よく知らなかったんですが…線路ギリギリまで生活がある…
って感じの チョットのどかな世界でした。。。

まさしく、インド映画なんかでも そんな光景を見かけたりしましたが…
世界中を見渡すと そんな光景が 結構、見られるのかも…
って チョット思ったりしました。。。

ブラの持ち主探しのストーリー。。。
どこか ノスタルジックで ショーツとお揃いのブラは やっぱり テンション上がります🌸
🌈全編ドリーミーな🎞フィルム撮影(画像処理⁇)と印象的な色彩設計🎨✨不詳ぽい国籍(実際は現代の🇦🇿アゼルバイジャン)と年代。さらに『台詞ナシ💬』。要約すると『🏰シンデレラ』の王子さまを🚃👨🏻‍🦳鉄道運転士(GGE)に、ガラスのパンプスを水色のブラに変更…いや違うなぁ( •́ .̫ •̀, )💦

【🇦🇿アゼルバイジャン・イタリアン・アゼル国際映画祭(国際長編映画賞)など各賞5部門受賞🏆✨🇩🇪ドイツ映画賞(撮影賞)ノミネート】

独特なので比較対象がワカラナイww✨🎬アキ・カウリスマキ監督の作品のような”ほっこり🍠温かい”作風がお好きな方に好適👍🏻
abemathy

abemathyの感想・評価

3.5
リマスターかと勘違いするほどののんびりクォリティ。
他の落し物は持ち主にすぐ返すのに、何故か遠回り。
狭いベランダに椅子置いて、ただ座るってのがステキ。真似したい。東京だったら苦情が来るかな。
この監督のイチゴミルクのつくり方って作品が好きで、今回もあのゆる可愛い感じを期待して鑑賞。

作品も面白かったんやけどそれ以上に作品の制作実話が印象的で、よく撮りきったなと思いました。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.3
シンデレラのガラスの靴のブラジャー版?
おっちゃん、真剣にブラジャーの持ち主探してるんだけど、なんか失笑だよねー。
後半、男の子も巻き込んじゃってさ。
ドリフのコント観てる気分だったー。
まーし

まーしの感想・評価

3.8
とある電車運転士は民家と民家の間ギリギリに敷かれた線路を走る貨物列車を走らせていた。列車に民家の洗濯物などが引っかかるたびに彼は親切心から持ち主を探して返していた。しかし、ある日列車にブラジャーが引っかかっているのを発見する。彼のブラジャーの持ち主探しがはじまる・・的なお話。

なんともゆるい設定ながらクスッと笑えてハートウォーミングな良作でした・・なんと言っても無声映画なんですよね、これ。チャップリン観てるような気持ちになりました。
ブラの持ち主を探す主人公と持ち主候補の村人たちのやりとり(なぜかみんなブラを欲しがる)が面白い。毎回、なんでそうなるんだ!とは思いつつも全員愛らしいんだよなぁ。

観賞後に特典の制作秘話観てみたらこっちもおもしろかった。アゼルバイジャンのシャンハイという場所で撮ったらしいけどそれがめちゃくちゃ過ぎて笑った。
ちなみになぜ地名がシャンハイなのかというと、昔そこに住む一人が中国の上海に行ったことがあるらしく、『上海ってどんなところだった?』と聞かれた際に『ここみたいだったよ』と言ったことがはじまりらしい。私の知ってる上海とは似ても似つかないけどな・・。

難しいことは考えずに癒されたい方にオススメです。あとはおっぱい好きな人。
アゼルバイジャンの映画🇦🇿

電車の運転手が定年退職を向かえるが洗濯物のブラジャーが車両に引っ掛かっておりそれを届けてあげようとする物語



以下ネタバレ


荒涼とした所を走る列車
運転手のおじさんの家も何も無い山間に20軒余りがポツリ
日本では返してもらわなくてもいいですとなるんだろうけど。。
大きなお世話なのだろうが全力で探し回ります😁
女性の方も余り買える余裕が無いのか返してもらいたいんでしょうね。。
犬小屋に住む少年とおじさんの交流もまた良い
全編台詞無しで進んでいきます🎬

線路の真ん中にあるホテル泊まってみたい🏨





今日から夏休みです
更新多いかも。。😅
kaz

kazの感想・評価

3.1
セリフ0の作品。

電車に引っ掛かってしまった他人のブラジャーのためにそこまでするのかと。
最後の方はやりすぎなんじゃないかと、そこで笑えてしまった。

他国の生活様式ってやっぱり知らないことがたくさんあるなぁと感じた。
よしお

よしおの感想・評価

3.8
初めて台詞のない映画を観ました!

電車の運転士を引退したおじいさんが、ある日電車に引っ掛かった"ブラジャー"の持ち主を探し回るお話☺️
ストーリーがストーリーなだけにどんな展開になるのか気になるところでしたが、観終わったあとは心温まる作品でした✨

台詞がなくてもここまで引き込まれるとは
いや、むしろないからこそ引き込まれたのかもしれませんね❗
>|