ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへの作品情報・感想・評価・動画配信

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ2018年製作の映画)

地球最后的夜晚/UN GRAND VOYAGE VERS LA NUIT/Long Day's Journey into Night

上映日:2020年02月28日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」に投稿された感想・評価

だるま

だるまの感想・評価

3.6
まるでバイオハザードのような、ゲームかのような写し方。


さいごの花火のシーンはとても粋でした。
Y

Yの感想・評価

3.9
タルコフスキーがいっぱい
なるほど、劇場では半分3Dだったのか

記憶を放浪する感覚
Hy

Hyの感想・評価

3.5
タイトルのタイミングが秀逸
それに続くワンカットシーンの形状し難い美しさ

語りが気持ち良過ぎて睡魔との戦いでもあったのだけど、観てよかった。
映画館で観ればより美しさが際立ったろうに、少し残念。
中庭

中庭の感想・評価

1.8
なんともだらんとした時間の移ろいが、やけに話題になった二部構成の仕組みによって寸断された印象を受けた。長回しがもたらすもの、失うものについて再考させられる。前半部のショットの記憶のほうが鮮明さを保っている。
ten47

ten47の感想・評価

3.7
現実と夢どちらとも取れる曖昧さが絶妙
高校生の時に、好きな人の顔が思い出せないと友達に言ったことを思い出した
自分が主人公と同じになりそうでなんか怖くなった、、
・食べているとき人は嘘がつけないものだと

・ある呪文を唱えたら家が回る
akk

akkの感想・評価

2.5
課題で見た
映像は美しいけど、正直それ以外の良さがあんまりわからなかった、、、
世界観に入り込めなくて、途中で諦めた
映画館で3Dでみたら良かったのかも
本当に映画を見ている人たちがこぞって褒めるビー・ガン監督。どんなもんだろうかということで、NETFLIXにて拝見(さすがNETFLIX!)。映像美とロケーションのセンスには才気がバリっバリだし、ずーっと画面に縛り付けられているような気分になる。謎多き映画であることは間違いないが、没入感は映画史の中でも屈指ではないだろうか。ただ難しいよw 何が言いたいか、どういう話だったのか、っていうのはシンプルに説明できるものではないし、正直よくわからないw 中島みゆき出てきたのとあともう一個日本的要素が出てきた覚えがある。

確実に注目していかないとと認識できました。
shaw

shawの感想・評価

4.9
来た。オールタイムベスト級。

ここまで胸躍る作品に巡り会えたのは久しぶりだ。タランティーノや、ノーランの映画を見るときの興奮に近いものを感じた。

監督の趣味全開の、超ムーディーなアヴァンギャルド/ノワール。

「ストーカー」、「インセプション」、「バードマン」など、様々な映画のエッセンスを感じる。

とにかく超かっこいい。タイトルがちょうど半分のところで現れて、後半ワンカットが始まった時はもう鳥肌が立った。

これこそ自分が映画を見る理由だと思う。
OnOrOff

OnOrOffの感想・評価

4.5
似ている作品の欄にタルコフスキー監督作品が幾つか出ているのが、納得の世界観。

前半は万人受けはしないだろうが、四の五の言わずにこの独特の生々しい湿度をただ感じるべし。

後半の色彩の使い方、静かで不思議な雰囲気、新旧混ざった景色、素晴らしい。あの旧式ロープーウェイみたなやつ、乗ってみたいなあ。
>|