牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • 牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版の作品情報・感想・評価

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版1991年製作の映画)

Gu ling jie shao nian sha ren shi jian/A Brighter Summer Day

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:236分

4.3

あらすじ

1960年代の台湾・台北。夜間中学に通うスーは不良グループ・小公園に属するモーやズルらといつもつるんでいた。スーはある日ミンという少女と知り合う。彼女は小公園のボス、ハニーの女で、ハニーは対立するグループ・軍人村のボスと、ミンを奪い合い、相手を殺し姿を消していた。ミンへの淡い恋心を抱くスーだったが、ハニーが突然戻ってきたことからグループの対立は激しさを増し、スーたちを巻き込んでいく。

「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版」に投稿された感想・評価

治雄

治雄の感想・評価

4.5
すごい作品だった。
大傑作。四時間があっという間に過ぎた…なんて事はまるでない。鑑賞者は小四が持つ懐中電灯に照らされたわずかな場所を少しずつ目で追わされる。じんわりじんわり映画を見せられる。

しかし退屈さをまるで感じさせない、美しすぎるショットの連続。小津映画からの影響もひしひしと感じる構図。時に写すべき画を写さずに想像力を喚起させる。四時間眠くなる事はあっても眠る事は許されない。圧倒されっ放しとはこの事か。

最後、小四はここまで我々を導いてくれた懐中電灯を捨ててしまい、闇の世界へと身を投げ出す。そして「この世界は僕が照らしてみせる」と呟く。小四の選択は愚かで欠片もフォロー出来ないが、我々をこの四時間引っ張ってくれた彼には感謝してもしきれない。
http://naminonamimatsu.hatenablog.com/entry/2017/05/14/164813
美しい光と影。それをずっと見てるだけでも価値がある。
映画自体は分かりにくいようで最後しっかり説明してくれる。
uppi

uppiの感想・評価

4.3
その時代のその人たちの置かれている状況があまりわかっていないまま見てしまったので鑑賞中も鑑賞後も考える事が多かった。自分が何者なのか最初からはっきりしていること、無理強いなく生きていける環境があるという事は恵まれている事であるということに気付かされる。色々な登場人物が出てくる事で救われる。終わり方がとても好き。
SK-1

SK-1の感想・評価

3.8
占領され続けた台湾史を背景に、リトルプレスリーがいい味出してました。
shoito

shoitoの感想・評価

-
内容はよく覚えてないけど、なんか凄かったていうのが、1番映画らしい映画だよね。『マッドマックス』とか、大林宣彦作品に近い。
呑芙庵

呑芙庵の感想・評価

4.8
四時間ぶっ続けで観るのは多少しんどかった。

撮り方がめちゃめちゃカッコいい。空気や光や雨の線が粒子としてスクリーンに張りついていた。さらに人物の心情もスクリーンに載っていて、最高だった。ドストエフスキー的モチーフにはすこし笑ったが。もう一度観てまたちゃんと感想を描き直したい。日本との関係についてもうすこし考察したいかも。大変劇的で鮮やか、重厚だがどんくさくない、最良の部類に入る映画だった。

このレビューはネタバレを含みます

3時間と思ってたら4時間あったのね。いろいろが反面教師すぎて何も言えない。家族・友人の関係性とカメラアングル、電気…。
変えられる?変えられない?
男と女の心理。
仄めかし方が上手だなあとも。

かなしくてかなしくてとてもやりきれない。
ついに見た。
(まだよくわかってないけど取り急ぎ。)
>|