• Filmarksトップ
  • 牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版の感想・レビュー

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

Gu ling jie shao nian sha ren shi jian/A Brighter Summer Day

上映日:2017年03月11日

製作国:
  • 台湾
  • / 上映時間:236分
    監督
    エドワード・ヤン
    脚本
    エドワード・ヤン
    ヤン・ホンカー
    ヤン・シュンチン
    ライ・ミンタン
    キャスト
    チャン・チェン
    チャン・クォチュー
    リサ・ヤン
    エイレン・チン
    チャン・ハン
    チェン・シャンチー
    ニー・シューチュン
    リン・ルーピン
    あらすじ
    1960年代の台湾・台北。夜間中学に通うスーは不良グループ・小公園に属するモーやズルらといつもつるんでいた。スーはある日ミンという少女と知り合う。彼女は小公園のボス、ハニーの女で、ハニーは対立するグループ・軍人村のボスと、ミンを奪い合い、相手を殺し姿を消していた。ミンへの淡い恋心を抱くスーだったが、ハニーが突然戻ってきたことからグループの対立は激しさを増し、スーたちを巻き込んでいく。

    「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版」に投稿された感想・レビュー

    Pokoma
    Pokomaの感想・レビュー
    1時間
    4.0
    4時間弱という長い映画なのに長さを感じさせない。
    映画の中の闇がそのままその時代に生きる人たちの闇に通じるのかと思わせる。
    観た後の余韻が長い映画。

    内容は個人的には、とはいえこの話が外省人の悲哀なのであればまだ本省人に比べて裕福な人たちじゃん。と思ってしまった。
    人それぞれ悩みは尽きないし、上を見ても下を見てもキリはないけど、台湾の歴史を考えるとこの映画の登場人物達よりもっともっと辛い思いをしていた人たちが大多数だったはず。と、どうしても考えてしまった。自分が台湾人じゃないからそう思うのか…
    anzaiKONAMI
    anzaiKONAMIの感想・レビュー
    2時間
    4.8
    映像内の少年たちの苦悩や焦燥、ドキドキが内蔵にまで響く236分。
    Mikiyoshi1986
    Mikiyoshi1986の感想・レビュー
    4時間
    4.0
    念願のクーリンチェ!
    Film Foundationの尽力によって蘇ったデジタル4Kの美しさ!
    エドワード・ヤン幻の傑作を劇場にて、やっと拝謁することができました。

    時は1960年前後の夏。
    長年続いた国共内戦の末、中国本土を掌握した中国共産党の勝利の裏で、台湾島に逃れた蒋介石は中華民国を設立。
    そこではまだ将来の展望すら望めない不安定な社会の中、カメラはあらゆる光源に触れながら人々の営みを実直に照らし出してゆきます。

    かつて日本に翻弄され、中国に翻弄され、そして今は中国国民党に翻弄される大人たちの動揺を尻目に、
    少年少女は勉学や恋愛、友情、喧嘩、音楽、嫉妬、博打に明け暮れ、青春の真っ只中を体現するヒリヒリとした情感が画面全体を覆い尽くします。
    無垢さと残酷さが表裏で共存する、彼らに用意された唯一の閉塞的世界。

    鑑賞中は「リリィ・シュシュのすべて」だったり、「青い春」だったり、「恋恋風塵」だったり、「霧の中の風景」だったり、「さらば青春の光」だったり、はたまた西尾市女子高生ストーカー殺人事件だったりと、
    もどかしい思春期のギザギザハートっぷりを反芻しながら主人公・小四と世界との距離感を終始追っていました。

    "純真"であるが故、突発的に世の中の"不純"を討つに至った小四が切なすぎてツラい…。

    カットの絶妙なタイミングに幾度となくオォ…!ってなったし、息を呑む構図、小明の透明感、小四の家族模様、暗闇から飛んでくるバスケットボール、保健室の扉にぼんやりと反射する二人の姿など、打ちのめされた瞬間は数知れず。
    意外と睡魔に襲われることもなく、すんなりと四時間弱を乗り切ることができました。

    また2,200円払って四時間座り続けるのはさすがに躊躇するけども、もし国内盤Blu-rayが出たら是非とも購入を検討したいです。
    milagros
    milagrosの感想・レビュー
    4時間
    4.6
    3回目でようやく全体像がわかった。エドワード・ヤンはわざと分かりにくくつくってるとしか思えない、世界を描くために、世界の不透明さを、不条理さをそのまま映しているよう。

    ビデオでみるよりもずっと暗闇が深くて、音が澄んでいて、より世界が広がった。
    電気をパチパチ点けたり消したりするのも、いつも懐中電灯を手放さないのも、少年の、暗闇を照らしたいという純粋な想い、世界を変えたいという無謀で独りよがりだけど、切実な願い。
    それを非情なまでに遠くから捉えつづけるカメラは、残酷だけどきちんと寄り添っている。

    少年の物語は、家族の物語へ、そして国の物語へと、ごく自然に伝染していく。こうしてクーリンチェは映画それ自体が1つの世界になる。

    それにしても、映画内映画のシーンがやたらに多いことに改めて気づく。少年の懐中電灯と同じく、エドワード・ヤンにとっての映画とは、暗闇を照らし世界を映す、一筋の光だったのかもしれない。
    ちろる
    ちろるの感想・レビュー
    10時間
    3.9
    1960年代の台湾で起こった少年による殺人事件が起こるまでの物語。
    上海から台湾に渡ってきた主人公小四の家族。小四の通う学校と不良チームの抗争など、それぞれの世界を軸としながら不良でもない、模範学生だったはずの少年の転落までの道のりを、だれでもない第三者の視点で追想していくような作品。

    敢えてまったく前情報なしで臨んだので、この4時間の間に不良同士の殺伐とした世界から微かな純愛、そして新たな友情や仲間との出会いなど、少年時代ならではの様々な人間模様が組み込まれてから、ラストに向かって徐々に夢から醒めていくような絶望感。なんだか心乱された。
    スタジオを天井裏から覗く少年たちや、学校の窓枠から手を振る少女など、一見ただの瑞々しい青春映画のように、少年少女たちの日常を描くシーンの情景や彼らの配置などが絶妙で、物語云々よりも個人的にはそのエドワード ヤン監督の魅力的な映像画力に流石と唸ってしまう作品でした。

    14歳、努力すれば何もかもがどうにかなると思ってた時代。世界も人も変えられると過信してしまう危うい年代。
    そうじゃないことは悲劇が起こらない限り解らなくて、物語が終わった後にあの時にこうしなければ、というような数々の小さなキッカケを思い出しても手遅れだと知るこの虚無感はどうしようもない。
    とりあえず主人公の親友、エルビス プレスリー大好きな小猫王君の存在がこの殺伐とした世界の唯一のオアシス。

    テイストは異なるけど、この残酷な青春時代の描写は岩井監督のリリィシュシュのすべて、不良ギャングの対立の世界観なんかはクドカンの池袋ウエストゲートパークなんかも、実は少しはこの作品からもインスピレーション受けたのかなと…ふと思ってしまった。

    物事の出だしは、名前なのか、地名なのか何なのかほんとに分からない漢字2文字が会話の中に沢山織り込まれてかなり集中力を要します。
    私は右隣の人がいきなり鞄ガサゴソやり始めてかなりの長時間お菓子をビニール音出して食べてたのでイラつきマックスで大事時にかなり集中力途中で削がれました。
    ここの集中力もっとあったら世界観にもっと入り込めたのでスコアが上がったのかもしれません。
    これからこちらを映画館で観る方は左右前後の人間のマナーが良いことを祈るばかりです。
    mio
    mioの感想・レビュー
    10時間
    5.0
    音楽には音楽そのもののよろこびがあるみたいに、これはすごく「映画」なんだ、と思った、映画しか表現できない純粋な部分みたいなものが、わたしを混乱させた。みてよかった
    中山
    中山の感想・レビュー
    10時間
    4.0
    新宿武蔵野館
    AKINAKAZAWA
    AKINAKAZAWAの感想・レビュー
    12時間
    4.5
    やっっと見れた。
    長いから観客の集中力がためされていて
    集中したいときにゴソゴソ動かれて
    オイコラァって何度思ったか。

    物語は登場人物を追っていくのに
    必死で、あれこいつは誰だ?
    みたいになったけど、
    映像の引きのアングルが脳内混雑を薄くしてくれてた、と思う。引きの画がほんといい

    時代の味とか色とか温度とか伝わる。
    夏を感じます。

    若いって一括りにはしたくないけど
    若いものの世界であってそうでなくて。っていう。可愛くて不安定で楽しくて残酷

    この時代の女子はみんなこの髪型なのか、
    したくなったぞ。
    なにより、チャンチェンイケメンだったわぁ。すき
    アップもっと欲しかったわぁ
    じまつー
    じまつーの感想・レビュー
    12時間
    3.3
    登場人物やストーリーの細かい説明は無く淡々と進むので個人的に理解が難しかった。勉強してもう一回見たい。最後の小四と小明の追い込みは息も出来ない世の中の不安定さを感じた。もっと歴史を知りたい。長時間で尻は痛い。
    ピリピリピカソ
    ピリピリピカソの感想・レビュー
    12時間
    3.4
    やっぱりエモすぎるけど、腰痛すぎて死ぬかとおもった
    >|