• Filmarksトップ
  • 牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版の感想・レビュー

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

Gu ling jie shao nian sha ren shi jian/A Brighter Summer Day

上映日:2017年03月11日

製作国:
  • 台湾
  • / 上映時間:236分
    監督
    エドワード・ヤン
    脚本
    エドワード・ヤン
    ヤン・ホンカー
    ヤン・シュンチン
    ライ・ミンタン
    キャスト
    チャン・チェン
    チャン・クォチュー
    リサ・ヤン
    エイレン・チン
    チャン・ハン
    チェン・シャンチー
    ニー・シューチュン
    リン・ルーピン
    あらすじ
    1960年代の台湾・台北。夜間中学に通うスーは不良グループ・小公園に属するモーやズルらといつもつるんでいた。スーはある日ミンという少女と知り合う。彼女は小公園のボス、ハニーの女で、ハニーは対立するグループ・軍人村のボスと、ミンを奪い合い、相手を殺し姿を消していた。ミンへの淡い恋心を抱くスーだったが、ハニーが突然戻ってきたことからグループの対立は激しさを増し、スーたちを巻き込んでいく。

    「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版」に投稿された感想・レビュー

    SALLYDETH
    SALLYDETHの感想・レビュー
    53分
    4.6
    わたしは目撃してしまった…って感じ。4時間の間の無駄な映像すべてが愛おしくて目が離せなくなる。嫉妬って恋ってろくなもんじゃないし、金持ちの遊びはいつの時代もやっぱりすごい。はぁ切ない。エドワードヤンに恋をした。
    ariri
    aririの感想・レビュー
    1時間
    4.6
    4時間の素晴らしい映画体験。
    どういう風に素晴らしかったか、考えても説明出来ない。いつか、もう一度見たらその時には…w
    ネット
    ネットの感想・レビュー
    1時間
    4.5
    やっぱりかっこいい!襲撃シーンはモロに「GONIN」で興奮する。リトルプレスリーのような息抜きキャラを入れるのは、「恐怖分子」あたりから意図的なものなのかな?
    ここまで家族に焦点が当たると思ってなかった。いつもの調子で、学校周りの話と家族の話をやろうとすると、そりゃ四時間かかるよね
    まる
    まるの感想・レビュー
    1日
    5.0
    1年ぶりに映画館へ行く。これは映画というよりはもはや一つの世界じゃないか。ラスト1時間は生気がどこかに流れていった。思わずスクリーンに駆け寄りそうになったのは初めて。一生の中でこの映画に出会えて良かった。キャッチコピーの叫びよ……‼︎‼︎…
    けろろうるる
    けろろうるるの感想・レビュー
    1日
    -
    約4時間にびびるも観て良かった映画でした。睡魔にも尿意にもおそわれず無事鑑賞。印象的だったのは夜の明かりの色味がなんとも懐かしいような。子ども頃の夜を思い出す。(住んでいる家が日本人の家だったせいもあり)
     内容はやはりヘビー。国民党と一緒に移動して来た中国から来た外省人=帰れない大人達とその子ども達。生活は困窮。年頃男子達ってばの血の気が多いから学園生活荒くれ者ばっかりだし。派閥争いが怖すぎ。
    登場人物が多くて誰が誰だか把握するのに難しい。そんなたくさんの人達の生活はわりと簡単に壊れていって、人が死んでいく。
     主人公よりも周りの友だちやヒロインの小明が良い好印象。小明の何を考えているのかわからない達観した表情に魅せられる。主人公よりも絶対的に不幸な生活だし、ああ結局は本当こどもだからの悲劇なのかなとしみじみ。人間関係や台湾の歴史をよく調べてからもう一度観たいよな。
    美脚
    美脚の感想・レビュー
    1日
    5.0
    2017年4月鑑賞。
    途中寝てしまった部分があったんだけどすげーいい!ってなってて
    すでに観た人たちに話していたらどうやらとても大事な部分をかなり寝ていたようだった。。
    絶対2回目観る。2回目観て評価下がったらちょっとおもしろい笑
    pika
    pikaの感想・レビュー
    1日
    5.0
    初エドワード・ヤン。
    初めて見る映画に対して必ず感じてしまう「没入するまでの抵抗感」みたいなやつが何もなかった。時代も国も違うし、ほとんど中国映画を見たことがないのに違和感のカケラもない。

    画面の中があまりにも自然で、画面の中の空気や存在するものの感触さえ親しみがあるかのような距離感がすごい。
    音楽や細かいカット割りがないからこそのリアリティとか、実際の事件が元だとかドキュメントのようだとかそういう意味ではなく、画面のこちら側にある現実と画面の向こうにある作られた映画というものの境界線がわからなくなるような映画体験。
    人物にもドラマにも虚構とはとても思えない膨大な奥行きがあり、感情移入だとか説得力だとか共感だとか、そんなフィクションや他人に対して感じる隔てられたものを超越している感覚は一体なんだろう。

    何気ないカメラの流動が空気と時間を切り取り、滲み出る自然な所作ではなく意図的に構築されたものを純度100%のまま観客の元へと送るかのように、感情を押し付けることなくジワァと映画が体に染み込んでくる。凄い。
    喜怒哀楽なんて単純な感情には括れない感情を湧き起こさせる大傑作。泣いた。
    Marrison
    Marrisonの感想・レビュー
    1日
    1.2
    悪い映画。これ観てた四時間弱を、私の人生に返してくださいな。
    素敵だったのは、冒頭の美しい並木道と、チビくんがコニーフランシス歌うところだけ。
    まめだぬき
    まめだぬきの感想・レビュー
    2日
    5.0
    観てる間も、観終わってからも、この映画はなんだったんだ?とすぐには咀嚼できなかった。結局数日間ずっと頭の中はこの映画でいっぱい!

    まず登場人物が多すぎて、聞き慣れない名前の上、二つ名を持つ人もいたりしてややこしい…
    そして長い。四時間もある。のに、全然退屈しない不思議!
    とにかく暗いシーンが多くて、まるで自分もこの時代にいるような、先の見えない不安に包まれる。
    暗闇の中からバスケットボールがぽーんと飛んでくるシーンや、ロウソクを灯すシーンはゾクゾクする…
    懐中電灯など暗喩的なものが多分ほかにもあるんだろうけど一回観ただけじゃ拾いきれない…

    この映画を一言ではとても言えないけれど、若い時の危うさや美しさがぎゅっと詰まった映画で、観てよかった。家族の描写も好きでした。
    ▓
    の感想・レビュー
    2日
    4.0
    恐怖分子の方が好みだったけど、借りて観られるようになったら100円の日に借りたい。
    >|