• Filmarksトップ
  • 牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版の感想・評価

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

Gu ling jie shao nian sha ren shi jian/A Brighter Summer Day

上映日:2017年03月11日

製作国:
  • 台湾
  • / 上映時間:236分
    監督
    エドワード・ヤン
    脚本
    エドワード・ヤン
    ヤン・ホンカー
    ヤン・シュンチン
    ライ・ミンタン
    キャスト
    チャン・チェン
    チャン・クォチュー
    リサ・ヤン
    エイレン・チン
    チャン・ハン
    チェン・シャンチー
    ニー・シューチュン
    リン・ルーピン
    あらすじ
    1960年代の台湾・台北。夜間中学に通うスーは不良グループ・小公園に属するモーやズルらといつもつるんでいた。スーはある日ミンという少女と知り合う。彼女は小公園のボス、ハニーの女で、ハニーは対立するグループ・軍人村のボスと、ミンを奪い合い、相手を殺し姿を消していた。ミンへの淡い恋心を抱くスーだったが、ハニーが突然戻ってきたことからグループの対立は激しさを増し、スーたちを巻き込んでいく。

    「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版」に投稿された感想・評価

    その時代の闇やそこに生きた人々の表現が素晴らしい
    長時間だが目が離せなかった
    20170428
    この映画を観られたことに感謝。

    鑑賞、というより体験した感覚の強い映画だった。この時代を透明な少年少女を通して目撃する。
    もろもろ凄いよかったからこそ小休止挟んでもっと噛み締めて観たかった。
    ケツの痛さとの闘い。
    エドワード・ヤンは初めてみましたが、ホウ・シャオシェンの時も感じた小津のように客観性をもたせた演出や構図、視点が美しかった。
    全く音楽を使わず、しかし効果音の使い方は恐ろしいほど気を使っていて見事に効果をあげている。台湾だけに言葉は違えど昭和の日本のにおいを感じるので余計に迫力というか現実味があるのかもしれない。田舎の風景はなにか殺伐としながらも美しい。土ぼこりのまうような道の雰囲気や屋根を漂う煙(おそらく炊事や家のゴミなんかを焼いている)のにおいも感じられて細やか。画面の空気そのものが主人公の小四の気持ちを写し出しているのかもしれない。
    小四やそのまわりのこどもたち、小明も本当によい。皆素朴で力強く特にいい目をしてた。
     上映時間約四時間は、丁寧に小四と小明に起こったエピソードを綴ることでラストの事件に至った説明をするために必要な時間だったのであろう。
    後でじわじわ来る映画はよい映画である証拠だ。もう一度映画館で観てみたい。
    ますます台湾に興味を持ちました!
    誰が誰だかわからず、内容もパッと理解できないけど、飽きずに観れたのは時代背景に興味があったからかも。もう一回観たい。2回目観たらいい作品だって言える気がする
    ひとりの少女にひとりの男の子が翻弄されてしまうお話は好きだけど小四も小明も尊くて苦しくて人は戦いながら生きているなと思った狂わされる感情にさせる存在、それは良いことなのか悪いことなのか、
    4時間も映画館にいて観るという人生初の体験をした
    一言で言うと「少女に翻弄された少年」
    今年2度目の5.0です。
    【あらすじ】
    1960年代の台北。夜間高校に通うシャオスーは不良グループのワンマオらとつるんでいた。ある日彼はシャオミンという少女と出会い、淡い恋心を抱く。彼女は姿を消していたグループのボス・ハニーの恋人だった。そして、ハニーが帰ってきたことで事態は思わぬ方向に....。
    長らくおまたせしてすみませんでした。
    高校に入ってから時間が全くありませんでした。
    それはさておき、二度と観ることができないと思っていた今作ですが、なんと!マーティンスコセッシの手によって、4Kリマスター版として映画館に返り咲いたのです!!!
    これは見なきゃ損と思い、小さいミニシアターへ駆け出した結果、今まで観てきた作品の中で物凄い衝撃があった作品でした。
    たった一人の少年が少女を殺す話なのですが、その少年の動機やら、少女との出会いやら、1から10までことこまかく描くので、多少中弛みがありましたけど、面白い作品でした。
    それにしても長い、長すぎる...
    いままで150分越えの映画ですらビビってたのになんと今作236分というなんとも暴力的な時間ですけども、何故か不思議と飽きなかったです。
    エドワード・ヤン作品は初めてですが、これ程見易く、そして少年達や少女の自然な演技に引き込まれた感覚はなんとも不思議でした。(しかし、長時間座席に座ってた痛みはありましたwww)
    人生に一度は見とくべき作品の映画でした。
    うーむ、、
    これ系が苦手なんだな、ということごわかった。
    やっと見ることできました。
    瑞々しい日々の積み重ねを描く美しい映像に浸るだけでも見る価値ありました。
    4時間の長さもそれほど長くは感じませんでした。
    >|