牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版の作品情報・感想・評価

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版1991年製作の映画)

Gu ling jie shao nian sha ren shi jian/A Brighter Summer Day

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:236分

4.3

あらすじ

1960年代の台湾・台北。夜間中学に通うスーは不良グループ・小公園に属するモーやズルらといつもつるんでいた。スーはある日ミンという少女と知り合う。彼女は小公園のボス、ハニーの女で、ハニーは対立するグループ・軍人村のボスと、ミンを奪い合い、相手を殺し姿を消していた。ミンへの淡い恋心を抱くスーだったが、ハニーが突然戻ってきたことからグループの対立は激しさを増し、スーたちを巻き込んでいく。

「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版」に投稿された感想・評価

MOTO

MOTOの感想・評価

5.0
国共内戦に敗北したものの台湾がまだ国連常任理事国だった時代の青春群像劇。
国家のアイデンティティすら揺らいでいる不安定な社会では不条理が噴出しまくっており、それを多感な年頃の少年少女の集まる中学校という圧力鍋に入れてコトコト煮ると、濃密で歪んだ光と陰の青春模様が生まれるのだなあと。大傑作。

※この映画をより楽しむためには当時の台湾社会についての知識があった方が良く、「眷村」「二・二八事件」の二つのキーワードについては、ウィキペディアで良いので事前に読んでおくのがオススメです。
mizutama

mizutamaの感想・評価

4.1
BBC選出の21世紀に遺したい映画100本の台湾代表作品。
4時間の長丁場も見終えたあとはこの長さにも納得。

※コッポラの「アウトサイダー」を思い出した。
hal

halの感想・評価

2.0
雰囲気はいいんだけど名前が覚えられなくて誰が誰だかわからなかった。またそのうち挑戦。
久しぶりに見直したが、あまりにも達観した、人間は不条理なほど醜く、その歪な世界を浄化するのは「死」しかないと本気で信じているエドワード・ヤンの極まった思想に怖くなった。空虚やpessimismでは語りきれない、その先にあるのは生きものは生まれたこと自体が間違いであり、導かれた(選ばれた)死者だけが真に救われるという狂気。遺作のような『海辺の一日』からはじまったエドワード・ヤン、こういった絶望と向き合いすぎた映画(表現)ばかり撮っていると早死にする。
naopyonko

naopyonkoの感想・評価

3.5
長い、けど印象的なシーンが多かったので観れた。闇を照らす懐中電灯とロウソクの光が少年達の心を表してるよね。
台詞やカット等、心に残る映画だった
心情の機微・変化を手抜くことなく丁寧に誠実に描いていた印象
またしばらく経ってから見直したいな
gyawa

gyawaの感想・評価

3.0
色々すごいのかな?って思うところはありましたが、私が映画で内容以外の要素を軽視しがちなせいか、みんなが言うほどの大傑作とは思えなかったです。でも確かにめっちゃ長い映画なのにあんまり飽きずに観られた。たぶんみなさんが言う通り、傑作なのでしょう…私の映画の見方が浅いだけで。そして台湾の近現代史に興味が湧いた!
がみ

がみの感想・評価

4.5
後半2時間からおもしろくなる。
この時代の台湾の時代背景っていうものが相まってこういう映画が作れるんだなぁと感動いたしました。
この小四が後のレッドクリフの孫権やと思うとヨダレが出ます。
slow

slowの感想・評価

4.8
体内にありあまるエネルギーとは対照的に、人を照らすエネルギーは圧倒的に不足している。1961年台湾。社会に蔓延する鬱積した感情は大人から子供へと確実に伝染し、小さな好奇心を無軌道なものへと変化させるほどの影響を及ぼしていた。溜飲を下げるでもなく、因縁を付けては闇に葬る若者達の青春。再三の警告は耳鳴りにもならず、見つめる世界の擦れが、君と僕の歪みが、音と光の暴走が、物語の断絶まで途切れることはなかった。

爽やかな重力がそれを感じさせないまま負荷を与え続けるような、『恐怖分子』でも感じたエドワード・ヤン独特の圧。約230分という長尺をフル活用して記録されたこの事件の一部始終は、虚像ではあるものの、信じ難い現実の形相に他ならない。ここに目撃した世界に対しても映像作品としても感動は確かにあったし、傑作や伝説という表現が使われるのも納得の大作。
Jin

Jinの感想・評価

-
頭が空っぽすぎて内容の1割くらいしかわかんなかったのでまたリベンジします
>|