1917 命をかけた伝令の作品情報・感想・評価・動画配信

1917 命をかけた伝令2019年製作の映画)

1917

上映日:2020年02月14日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「1917 命をかけた伝令」に投稿された感想・評価

m

mの感想・評価

4.0
一瞬だった。
戦争映画全然観ないから抵抗あったけど、リアルな臨場感溢れるカメラワークは見事に観客を虜にし、煽ることができていると感じた。

戦場は緊張が付き纏うものは分かっているけどスクリーン越しになると半減されてしまうものが多かったりするのではないかな。でもこれは自分もまるでスコと一緒に出ているかのような感覚に陥る。新鮮で良かった。
toy

toyの感想・評価

4.1
臨場感がすごい映画。
戦場の緊迫感、凄惨さがめちゃくちゃ伝わってきて飽きることなく見入ってしまった。
伝令という任務の重さを実感。最後の大佐の言葉にはちょっと絶望感というか虚しさを感じる。

戦争映画を見る度に戦場の悲惨さ、今の生活の有難みを感じる。
花見て家族を思い出したり子供を愛しんだりするシーンが辛い
Johnsteed

Johnsteedの感想・評価

4.0
メンデス監督の祖父から聞いた第一次大戦の話をベースに作った本作
ほぼワンカットで撮っている事もあってずっと主人公達に着いていってるような感じで他の戦争映画よりも臨場感がある、撮影も大変だったからこそ出来た素晴らしい出来です。
まーこ

まーこの感想・評価

3.9
この物語だからこそのカットなしなんだなと納得のいく臨場感、自分も戦場で任務を実行している気持ちに。
戦争という現実に真っ向から向き合って、自分を犠牲にするギリギリで常に勇気を振り絞る主人公に、自分はなれないと思いました。
Pinkman

Pinkmanの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

ラストでオープニングのシーンを思い出して、見終わってからもう一度最初の5分くらいを見返した。寝てるブレイクを軍曹が足で蹴って「おい!起きろ」と起こすシーンで、よく見たらブレイクが死んだときと全く同じ格好で寝ていてうわあああーってなった。

雪のように舞うさくらんぼの花を見たときと森の中で聞く歌声に一瞬だけ心が癒された。フル装備だったスコフィールドが目的地に着く頃には身一つになっていたのがこの任務の過酷さを物語っていた。驚異の長回しに一時停止するのも許されない感じで、トイレ休憩を挟んでいいものかどうか迷った。ブレイクが人とぶつかるシーンが伏線になってるのが良かった。ディーン=チャールズ・チャップマンはトメン・バラシオンの面影があるけどないのな。もっとイケメンに育つと思ってた🥲ロブ・スタークのリチャード・マッデンと兄弟役とかGOTファンにはたまらん!
ウ

ウの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

長いようであっという間の2時間…。
静かなようでめっちゃハラハラ…。
全部どっちつかずなのが絶妙なバランスだったんだろうと思います。


この映画1番スッキリした所は、伝令が無事?成功したところではなく、小屋で水筒に注いでおいたミルクの伏線回収が出来たところなのが泣ける


ショックシーンの合間合間見える、口には出さずともスコフィールドの憂鬱・葛藤・鼓舞、周囲の大袈裟でないリアルな空気感が凄い伝わる。

戦争物もっと見てみようと思った。
みの

みのの感想・評価

-
🌼記録
かぁ

かぁの感想・評価

4.5
常に緊張感がある感じ、、、ラストでグッてなった
>|