大地震の作品情報・感想・評価

「大地震」に投稿された感想・評価

戯連堂

戯連堂の感想・評価

5.0
ハッキリ言って、どうでもイイ痴話話は、パニック場面の添えもん!ミニチュアと書き割りの、いい仕事っぶり!センサラウンドはスピーカー見ただけで感動した。(注:の割に、マアマアなおもひで) jビジョルドは、ええ。
地震よりも嫉妬が渦巻く大パニックメロドラマ
我々は映画を超える災害を現実に体験してしまったので、今観ると絵空事感が強いかな
思い出すのはセンサラウンド!
そして、やっぱり頼りになるのはジョージ・ケネディ(笑)
plaski

plaskiの感想・評価

4.5
旧京成ローザにて。
子供の頃、私にとって映画はアトラクションでした。地震の恐怖を体験したくて、この映画を見に連れて行ってもらいました。当時10才の私にとって、アメリカ人がネイティブな英語で怒鳴ったり、叫んだりしている事に迫力を感じ、圧倒されました。字幕の漢字なんて半分くらい読めないし、字幕のスピードにもついていけませんでしたが、それもひっくるめて、家のテレビで見る吹替映画では味わえない、映画館でしかできない体験でした。さらにはセンサラウンド方式という特殊な音響システムにより、地震のシーンはまさにアトラクション感覚でホントに揺れるような錯覚を感じました。この映画は私にとっては記念すべき1本目の劇場で見る外国映画となり、その後の映画人生に大きな影響を与える作品となりました。ちなみこの映画を見たいという動機付けとなったのは、約一年前に見て衝撃を受けた「日本沈没」。
wakaba78

wakaba78の感想・評価

3.0
中古パンフレットを見かけて気になってTSUTAYAにあったからレンタル 。40年以上前のパニック映画でタワーリングインフェルノと同時期の作品。昨日からゴッドファーザー祭りを開催していたら、こちらもまさかの脚本マリオプーゾ。(ゴッドファーザー脚本家)こういう偶然って結構あるある。

CGもない頃のパニック映画ですが、当時は画期的だったであろう映像。迫力というより、こうやって撮ってたんだなぁという見方をしてしまいますが、エレベーター落下のシーンは唖然。勢い半端ない!
大地震の直後にもかかわらず崩落しかかっているビルの地下に治療所を設けるとか現在では有り得ないことも。
ラストは予想外でしたがそれが逆にリアルでよかったです。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
2008/3/12鑑賞(鑑賞メーターより転載)
おなじみチャールトン・ヘストンのパニックもの。40年近くたった今は目新しさは感じないが、それ相応には楽しめる。
ビルの崩壊やダムの決壊などのスペクタクルシーンはかなりの迫力。
ただ、それだけで終わってしまったような…。
シスコ

シスコの感想・評価

3.5
1975年3月
日比谷 有楽座にて鑑賞。

有楽座初鑑賞作品。
確か70mm センサラウンド方式という特別音響効果システムでの上映だった
と思う。

その当時のハリウッド映画の最新技術を駆使しての画面から迫真の映像が観れた作品。

その中で繰り広げられる人間ドラマも
見どころがあった。
数ヵ月後にタワ-リングインフェルノ
という1970年代パニック映画を代表する傑作が現れて、一気に評価を塗り替えてしまうのたが、秀作としての見所
満載。

なりよりもチャ-ルトン・ヘストン
の男臭さが堪能できる映画。

黒羊

黒羊の感想・評価

3.8
「大地震」

黒羊の月イチ♡オカンとの映画鑑賞!印ゥィア!

てな訳で、昨日はオカンと焼き鳥屋に飲みに行き、俺の家で映画鑑賞しましたとさ。

オカンとは言っても、もう「リアルおばあちゃん」なので、オカンが昔観た映画や、単純明快な映画をチョイスせざるを得ない。

古いのと新しいの、どっち観る?

(古いなら「大地震」、新しいなら「カリフォルニア・ダウン」かな…)

オカン「古いの」

ほな、大地震って映画は知ってる?知らんのや。出演者は…えーっと…確か…

チャールストンへストンとエヴァガードナー…は知ってる?

オカン「うん。知ってるよ」

ほほー。流石やね。
チャールストンへストンは猿の惑星くらいでしか知らんわ…

オカン「それ、何見てるの?」

あぁ、これはフィルマークスっちゅーてね、なんか長崎のイケメンパパがダサ損っちゅー映画の感想を書いてるのを見るアプリやで!

…決して、決して映画のレビューと称して下ネタ書いたり女の子ナンパしたり酒好き野郎共を集めて飲み会するアプリとちゃうで!!


オカン「……(*´・д・)?」


まぁまぁ。ほな帰ったら大地震観ようや!


焼き鳥屋からとぼとぼ帰宅。
オカンは歩くのが遅いから、おいどん何回も後ろを振り返る。

ほんで、オカンと「大地震」をまったり鑑賞。1974年制作と、まさかのおいどんと同い年のこの映画。もちろんノーCGの時代の映画ですが、災害シーンはなかなか頑張っておりました!


…おや?

人間ドラマは…なんか見覚えが…

邦画「地震列島」となんか同じな感じが…

( °д° )いや!
地震列島(1980)ががっつりパクぃゃインスパイアしとる!!

地震列島はおいどんが幼い頃、オカンとテレビで観た。
その事を話してもよく覚えていないらしい。

主人公たちの結末は地震列島の方がドラマチックに描いてますね。
大地震も地震列島も、話の良さはさておき、あれはあれで味わい深い映画だと思います。

まぁ、昔の邦画はアメリカ映画に影響受けて作られていた時代もあって。
特に70年代の日本の刑事ドラマのノリは黒人映画で、音楽はドファンクやったりしますよね!マカロニウェスタンも流行ってたから、某刑事ドラマに「マカロニ刑事」とかおったし!(´∀`)

思いがけない元ネタ発見な映画鑑賞となりました。

オカンに次は「カリフォルニア・ダウン」観せて技術の進歩を体感してもらおうと思いました。
TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

3.7
【古いが迫力は十分】79点
ーーーーーーーーーーー
監督:マーク・ロブソン
製作国:アメリカ
ジャンル:ディザスター
収録時間:122分
ーーーーーーーーーーー
二年前に公開された『カリフォルニア・ダウン』の元ネタになっていると思われる70年代を代表するディザスター映画です。想像以上に、地震による破壊シーンが多くて驚きました。またリアリティも中々であり、恐怖を植えつけられる描写が多かったです。センサラウンドという機能を搭載して上映したということもあり、アカデミー賞音響賞(現在の録音賞)も受賞しています。

大地震が発生し、未曾有の大災害を被ったロサンゼルス一帯。建築会社に勤めるスチュアートは建築技術の乏しさに悲しみながらも人々の救出を試みるのだが。。

冒頭からハリウッドの有名なロゴがある山が映し出され、今から我がハリウッドのあるロサンゼルスをぶっ壊すよと言わんばかりのノリです。ダムの決壊を危惧したり、計測の結果、大地震を予見している箇所も『カリフォルニア・ダウン』とそっくりなのでやはり『カリフォルニア・ダウン』は今作を参考にしているのでしょう。こういうディザスター映画は必然的に年を経る毎に迫力が増すので、70年代となるとその迫力は知れているものかなと、高を括っていました。ところが、中盤に起きる大地震は想像をはるかに超える迫力でして、改めて地震の恐ろしさを植え付けられました。とことん破壊するので相当費用がかかったでしょう。『2012』や『カリフォルニア・ダウン』のようなCGには頼れないわけですから製作には随分苦労したのではないでしょうか。このあたりの迫力に関しては申し分ないことをまずは保証します。

しかしながらストーリーがあまり魅力的でなかったのが残念。主人公スチュアートと妻のレミーの関係は冷え切っていて、そこから感動のドラマがあるのかと思いきやそうでもない。ラストも賛否両論でしょうが、なんとも言えない。。まあ映画ならではのご都合主義を払拭しているような気もするのでその点は良いと思われますが、結局は破壊シーンに全力を注ぎすぎて、ストーリーはやや平凡になってしまっていると言わざるを得ません。

それでも破壊シーンは大したものですし、ディザスター映画好きにはなかなかたまらない作品でありました。それにしても、ハリウッドがたまにこういう大地震に関する作品を出してくるのは、そのハリウッドが地震多発地帯であるロサンゼルスに属するからでしょうか。サンアンドレアス断層が動いたことにより発生した大地震は1906年のものがあり、それ以降は1989年のものを除いて特に発生していないようですからやや他人事のような感覚を抱いてしまいます。
かたや日本に関しては、東日本大震災以降こういうジャンルの作品の製作はぴたりと止まってしまいました。ましてや災害に関する映画のテレビ放送も自粛されている気がします。『カリフォルニア・ダウン』の上映が延期になったのもそのあたりが影響してそうです。このあたりから両国の温度差を感じ取れます。無論、カリフォルニアで大地震が発生してしまったら、以後このジャンルの映画の製作は滞るかと思われます。

余談ですが、同じ『大地震』というタイトルで1923年に製作されているものがあります。ジャケットが同じなのは明らかに運営側のミスと思われますが、誰もMarkされていないので気になるところですね。こちらの方が1906年のサンフランシスコ大地震に近いので、どのような描写をしているのか気になります。
タニー

タニーの感想・評価

3.0
地震でのビル崩壊とかダム決裂してからの水害とか、いきすぎ感があった気がしたけど、地震の破壊力、恐ろし〜。
ハラハラドキドキした。

でも他人事じゃないから考えると更に恐ろしくなった。
>|