君が世界のはじまりに投稿された感想・評価 - 3ページ目

「君が世界のはじまり」に投稿された感想・評価

大阪に住む高校生たちの青春群像劇。

松本穂香の制服姿かわいい。
中田青渚のやさぐれぶり良い。
画はキレイ。あとブルハ。

ぼそぼそ何ゆうてるかわからん。
話の本筋やテーマもよくわからん。
冒頭の殺人事件たいして関係なかった。
AN

ANの感想・評価

3.1
典型的な
青春群像劇
キャスティングはとても良い。

お好み焼きがいっぱい
THE BLUE HEARTS
人にやさしく
キスしてほしい(台詞)
vou

vouの感想・評価

-
キッズ・リンダ リンダ リンダ・リターン。こういうこと言わない方がいいのもこういう言い方しない方がいいのも分かってるし自分が悪いのも重々承知だけど、私はずっとザ・ブルーハーツの良さが分からなくて今も分からないんだけど周りに良いって言ってる人が多くて周りが良いって言ってる良さ自体は理解できるんだけど、周りが良いと思うように私には良いと思えなくて私の青春は失敗したのかなと思ったことがあって、この映画も割とそのザ・ブルーハーツの使いどころや良さに全乗っかりしてる部分があり、お前の青春は損してると言われてる気持ちになってしまった。あと所々で安っぽいPARCOと言えば良いのか悪い意味で漫画っぽくなる瞬間があってそれにも冷めてしまう。
7

7の感想・評価

-
ブルーハーツの力と真夜中のショッピングモールとブレックファスト・クラブ感と。

青渚が青渚で良。冷えピタをペッてするのとか。
業平くんのことすきになっちゃうのわかるよ、高校生だったら。

エンドロールはもうちょいなんか爆発感ほしかった、個人的な好み。
「ガンバレ!」

この世界で起こっていることは全部地続きで
テレビのあのニュースも
隣の人の涙も
自分の気持ちも
全部繋がっている

想像はできないかもしれないけど想像したい
だれもがそれぞれの現実と戦っているということ
負けそうになって
息も吸えなくなる時もあるけれど
隣で笑っているあなたが、世界だ

_______________________________
ふくだももこ×松本穂香×ブルーハーツ
鳴り響く「人にやさしく」、そしてエンディング
業平くんのように、僕も想像したい
それがきっと、何より大事なんだと思う

溢れ出しそうなエネルギーと閉塞感
恋と性と絶望と希望と怒りと
泥泥のラストは、今までのキラキラ青春映画を殺し、本当のキラキラの意味を映し出して見せる

若手キャスト陣は全て堂々たる存在感で、彼らが今後の映画界を背負っていくのだろうことがありありとわかる
業平くんは本当のバンドマン!!

恋愛、家族、友人関係に悩みを持つ6人の高校生が
織りなす青春のおはなし。
空の切り取り方がとても綺麗だった。
ぺいくんと中田青渚ちゃんが良いんです。
関西弁とブルーハーツ合いすぎてた。


『『笑いすぎやて、世界の始まりか』』
切身

切身の感想・評価

3.8
普通よりちょっと不幸な(と感じる環境に置かれている)高校生たち同士の応援合戦。
片親の家庭だったり、閉鎖的な環境だったり、叶わぬ恋をしていたり、まぁある意味「普通」なんですが、それが不幸に感じるときありますよね。多かれ少なかれ誰もがあることなんですが、この世で一番不幸な私、みたいに思える瞬間があって、でもそれを、隣の「君」が救ってくれる、観る人にはいたって優しい映画でした。
業平くんの子はじめましてですぐ検索。
バンドやってる子なのねー
いい顔してた!

若い力のある映画だった!
琴子っていいよね
アキ

アキの感想・評価

3.8
鬱屈とした中に、凄まじいエネルギーが入ってて、それが爆発するのを今か今かと待っている。
「えん」の達観しているのに不安定な姿が魅力的だった。
りん

りんの感想・評価

3.9
めっちゃよかった!!ギャルの子達のカップルもっと見たかった同性愛が普通にそこにあって、セクシャルマイノリティがどうのとかいうメッセージ性すらそこにないくらい自然でそれがとても良かった。琴子がもっと繊細さのあるビジュだったらギャップもあってもっと良かったかなあ、関西弁ってえろいんだねえ

あなたにおすすめの記事