アナザーラウンドに投稿された感想・評価 - 5ページ目

「アナザーラウンド」に投稿された感想・評価

goo

gooの感想・評価

4.0
お酒は適度に楽しむのはいいよね。飲み過ぎは良くないよねって話
tipsy806

tipsy806の感想・評価

3.6
人間は血中アルコール濃度を0.05%に保つと調子いいって仮説を検証しようとのみまくる高校教師たちの話。 
人生にお酒を!という気持ちは私もめちゃくちゃあるのですが、この実験は、飲むのをやめられない自分的には絶対無理。お酒は楽しいだけじゃなく、心の弱さも映し出すきっかけになる時もあるよという描き方。ダンスシーンよかったなー。
デンマークは16歳から酒が呑めるんだって!
nabe

nabeの感想・評価

3.5
それぞれオジサンとなり、自身に大なり小なり閉塞感を感じている教師四人で「ほろ酔い状態が人生を改善し得るか」を検証する映画。

シンプルに設定が面白く、酔いが回った際の行動も現実に即した範囲で良くも悪くも創作の世界だな〜みたいな感情になることは一切無くて良かった。

そこを加味してなのか終盤の酒を断つフェーズから、一人だけアルコール依存から抜け出せないのが独り身である人間なのがとてもリアルに感じて悲しい気持ちになってしまった。

それ故にラストのジャズダンスがどういう気持ちで受け止めたら良いのか分からず「味わい深い」以外に処理できなかった

あとはマッツ・ミケルセンがあまりにもカッコよくてそっちに思考が行くタイミングがしばしばあった、スゴイ
kcm

kcmの感想・評価

2.9
ハングオーバー的なやつかと思ったら違った。
コメディよりにするかシリアスよりにするかどっちかにして欲しいと思った映画でした!
mada

madaの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

いつ破滅するかハラハラしながら見てた。
犠牲になったのが自制できなかった彼だけで他はアル中サクセスストーリーなの複雑だけど楽しい側面もあるから適量が良いよって話だった。
赤ワイン飲みたくなった。
Hiroyuki

Hiroyukiの感想・評価

3.4
会社の上司からから、いっぱいひっかけてきてから会社に来たらどうかと言われてる先輩を思い出しました。酒は適量に。。
ree

reeの感想・評価

3.8
🗣「酒は飲んでも飲まれるな」
これさえ肝に銘じておけば、味方になってくれるアイテムなのかなぁってたまに思うことがある🙃🍻

それを証明しようとした教師たちのお話!!

良い例も悪い例もどっちも分かる作品で、お酒との向き合い方がわかるムービー🙂🎞

マッツ主演のデンマーク作品ですが、デンマークはお酒好きさんが多いみたいですね🥂🇩🇰
たしかに作中でも10代の子にお酒をすすめる場面が😂💦

お酒を飲んで言葉遣いが荒くなったり、態度が大きくなったりするのは嫌だな😣🌀

マッツの色気はハンパなかった〜🫣
ラストシーン良すぎてそこだけ何度も観ました🥺✨

お酒の力を借りなくてもいいぐらい人生が充実してればいいんだろうけど、難しいのかな〜🫠
RINSUKAM

RINSUKAMの感想・評価

3.8
久々のマッツミケルセン😎
こんなカッコいい歴史の
教師🧑‍🏫いないよ〜🤣笑


『人は血中アルコール濃度を常に
 0.05%に保つと1番調子が良い』

という理論があってそれを立証
する為に学校の先生仲間で
試してみたお話🥹✨


観る前は凄く楽しそうな映画なのかな
と思ってたんだけど、意外と
そうでもなかった💦

めちゃくちゃ飲みまくった結果…
やらかしちゃうし、アルコール依存症
になったりと…🍺

お酒🍺は適量が1番☺️

ラストのマッツの踊り🕺は最高🎶
イケオジ、マッツのダンスは必見🙌
voltboy

voltboyの感想・評価

4.0
人体の血中アルコール濃度が常に0.05%だと仕事も生活も上手くいくか?

聞いただけでは"そんなわけない(^^;)"
と一蹴しそうな実験をこともあろうか教師であり友達の4人が始めることに、、、

授業は盛り上がり、アルコール効果を確信した4人は次にアルコール度数を高めていくが、、

みんなでやれば怖くないとばかりに4人が楽しそうに酔っ払っていく姿がコミカルに映る時もあるが最悪の結果は言うに及ばず
(T∀T;)
依存性の怖さや学生の頃からの飲酒も孕んでいて問題の根深さが感じられる作品。

このレビューはネタバレを含みます



 Another Round (映画)
ウィキペディア、フリー百科事典から
ナビゲーションへジャンプ検索にジャンプ
別のラウンド
アナザーラウンド (映画).jpg
プロモーションリリースポスター
デンマーク語 ドルク
監督 トーマス・ヴィンターバーグ
によって書かれた
トーマス・ヴィンターバーグ
トビアス・リンドホルム
プロデュース
シッセ・グラウム・ヨルゲンセン
カスパー・ディスシング
主演
マッド・ミケルセン
トーマス・ボー・ラーセン
マグナス・ミラン
ラース・ランテ
撮影 シュトゥラ・ブラント・グロブレン
編集
アン・オステルド
ヤヌス・ビレスコフ・ヤンセン
音楽 ヤヌス・ビレスコフ・ヤンセン
制作
会社
ゼントロパ
フィルム・イ・ヴェスト
トプカプ映画
デンマーク映画研究所
TV2デンマーク
ユールイメージズ
オランダ映画基金
スウェーデン映画研究所
配布元
ノルディスクフィルム
(スカンジナビア)
9月映画
(オランダ)
発売日
2020 年 9 月 12 日 (ティフ )[1]
2020 年 9 月 24 日(デンマーク)
実行時間 117分
国々
デンマーク[2]
オランダ
スウェーデン
言語 デンマーク語
予算 3350万ウォン[3]
(520万米ドル)
切符売場 2170万ドル[4][5]
『Another Round』(デンマーク語: Druk, "binge drinking")[6]は、トーマス・ヴィンターバーグ監督、ヴィンターバーグとトビアス・リンドホルムの脚本による2020年のブラックコメディドラマ映画である。デンマーク、オランダ、スウェーデンの国際共同製作で、マッド・ミケルセン、トーマス・ボー・ラーセン、マグナス・ミラン、ラース・ランテが出演しています。

この映画は2020年9月12日にトロント国際映画祭でワールドプレミア上映され、2020年9月24日にデンマークでノルディスクフィルムによって公開されました。第93回アカデミー賞では国際長編映画賞を受賞し、監督賞にもノミネートされた。また、英国アカデミー賞の英語以外の映画賞とヨーロッパ映画賞の最優秀映画賞を受賞し、ゴールデングローブ賞の外国語映画賞にノミネートされました。


内容
1 陰謀
2 キャスト
3 生産
4 解放
5 レセプション
5.1 批判的な反応
5.2 称賛
6 リメイク
7 関連項目
8 参照
9 外部リンク
プロット
マーティン、トミー、ピーター、ニコライの教師は、コペンハーゲンの体育館の学校で働いている同僚や友人です。4人ともやる気のない学生と格闘し、自分の人生が退屈で陳腐になったと感じています。ニコライの40歳の誕生日を祝う夕食会で、グループは精神科医フィン・スコルデルードの理論について議論し始めます - 人間は0.05%の血中アルコール含有量(BAC)欠乏症で生まれ、0.05%にいると、人はより創造的でリラックスします。マーティンは先輩たちとその両親と対峙し、彼らは彼が歴史試験に合格するための障壁になったと表現する。

友人たちは、スコルデルードの理論をテストする実験に乗り出すことにしました。彼らは、この血中アルコール濃度を維持するために定期的に飲み始めたときに何が起こるかのグループログを開始します。友人の二人は、この実験を魅力的にする個人的な課題を抱えています:マーティンは落ち込んでいて、家族や学生から疎外されており、ニコライの妻は彼を軽蔑しているようです。子供たちを教えたり、コーチングしたりしている間に、日中アルコールをこっそり飲む方法は男性それぞれですが、彼らは決して飲んだり運転したりすることはありません。彼らは一連の規則に同意します:彼らのBACは決して0.05を下回ってはいけません、そして、彼らは午後8時以降または週末に飲んではいけません。

短期間のうちに、グループの4人のメンバー全員が仕事と私生活の両方をより楽しく、成功させています。特にマーティンは,ようやく妻や子供たちと再会できたことを喜んでいます。彼の歴史の教えはインスピレーションを受け、彼の生徒は授業を楽しみ、彼を尊敬し始めます。彼はアルコールを飲むというレンズを通して歴史を教え、大酒飲みの学生とつながっています。実験をさらに進める必要があることに同意し、グループは毎日のBAC制限を0.10に引き上げました。それでも生活が改善されたことに気付き、ある夜、彼らは解放効果をテストするために忘却の彼方に飲むことに決めましたが、無力で家に帰った後、マーティンとニコライは家族と対峙します。マーティンの家族は心配事を述べ,マーティンが何週間も酒を飲んでいることを知っていたことを明かしました。彼と彼の妻は、お互いがお互いからどのように引き離したかを表現し、彼女は不貞を認めます。グループは実験を放棄します。マーティンと妻は別れ,彼が償いをしようとするが,彼女は彼を拒む。

グループのすべてのメンバーは、他の人が世話をしようとするトミーを除いて、日中は飲酒をやめました。しかし、校長が教師が職場で酒を飲んでいたことを明かす教授会で、トミーは信じられないほど酔っ払って到着します。その後、トミーは老犬に酔ってボートに乗り込み、海に出航し、海で溺死する。

グループの残りの3人は、トミーの葬儀の後、彼を祝うために夕食に出かけ、スパークリングワインを楽しみます。食事中、マーティンの妻は彼に、彼女は彼をとても恋しく思っているとメールを送ります。最近卒業したばかりの学生が通りかかり、マーティン、ピーター、ニコライが港で祝い、飲むのに加わります。元ジャズバレエダンサーのマーティンは、同僚の勧めにもかかわらず、ここまで拒否していたパーティー参加者の残りと踊ります。彼のダンスは、港から飛び降りる前にますますエネルギッシュで楽しくなります。

キャスト
マッド・ミケルセン: マーティン
トーマス・ボー・ラーセン: トミー
マグヌス・ミラン: ニコライ
ラース・ランテ: ピーター
マリア・ボネヴィー: アニカ
ヘリーン・ラインガード・ノイマン: アマリー
スースは校長として
マグヌス・ショーラップ: ヨナス
サイラス・コルネリウス・ヴァン: カスパー
アルバート・ラドベック・リンドハルト: セバスチャン
マーティン・グレイス=ローゼンタール: オヴァーチェナー
フレデリック・ヴィンサー・ラスムッセン: マルテ
アクセル・ヴェドセゴール: ジェイソン
生産
この映画は、ヴィンターベルクがウィーンのブルク劇場で働いていたときに書いた戯曲に基づいていました。ヴィンターベルクの実の娘アイダは、デンマークの若者の飲酒文化の物語を語っていた。アイダは当初ヴィンターバーグにこの戯曲を映画化するよう圧力をかけており、マーティン(マッド・ミケルセン)の娘を演じる予定だった。物語はもともと「アルコールがなければ世界史は違っていただろうというテーゼに基づいたアルコールのお祝い」でした。しかし、撮影から4日後、アイダは交通事故で死亡した。悲劇の後、脚本はより人生を肯定するように作り直されました。「ただ飲むだけじゃなくていい。それは人生に目覚めることだった」とヴィンターバーグは語った。トビアス・リンドホルムは事故の翌週にディレクターを務めた。この映画はアイダに捧げられ、部分的にはクラスメートと一緒に彼女の教室で撮影されました。[7]

制作中、4人の主演俳優とヴィンターバーグは、お互いの前で恥ずかしさを手放すのに十分なだけ飲むために会いました。彼らはまた、酔っぱらった人々をYouTubeで見て、完全に苛立たされた人々がどのように行動するかをよりよく理解した[9]。

リリース
「Another Round」は、COVID-19のパンデミックによって促された政府の制限により映画祭がキャンセルされる前に、2020年のカンヌ映画祭でワールドプレミアが行われる予定でした。この映画はトロント国際映画祭でワールドプレミア上映された[10][11][12]。 サン・セバスティアン国際映画祭でも上映され、ゴールデンシェルを競い合い[15]、ベルギーでフィルム・フェスト・ゲント2020が開幕した。[16]

デンマークでは2020年9月24日にノルディスク・フィルムから公開された。2020年9月、サミュエル・ゴールドウィン・フィルムズがこの映画のアメリカ配給権を取得した[17]。また、第51回インド国際映画祭のオープニング作品にも選ばれた。[19]

評価
批判的な反応
レビューアグリゲーターのウェブサイトRotten Tomatoesでは、Another Roundは215件のレビューに基づいて92%の支持率を保持し、平均評価は7.9 / 10です。このサイトの批評家のコンセンサスは、「巧みに演出された悲劇的なコメディーの一部を取り、ヴィンテージの形でマッド・ミケルセンのダッシュを加えると、あなたはもう一つのラウンドを持っています - 中年の危機を酔わせるような見方」。Metacriticでは、この映画は33人の批評家に基づいて100点満点中79点の加重平均点を持ち、「概ね好意的なレビュー」を示している[20]。[21]

栄誉
賞 式典の日付 カテゴリ 受信者 結果 参照
アカデミー賞 2021 年 4 月 25 日 最優秀国際長編映画賞 デンマーク ウォン [22] [23]
監督賞 トーマス・ヴィンターバーグ ノミネート
アデレード映画祭 2020年10月25日 長編フィクション賞 別のラウンド ノミネート [24]
女性映画ジャーナリスト連盟 2021年1月4日 最優秀英語非言語映画賞 別のラウンド ウォン [25]
ボディル賞 2021年5月8日 最優秀デンマーク映画賞 別のラウンド ウォン [26] [27]
主演男優賞 マッド・ミケルセン ウォン
助演男優賞 ラース・ランテ ノミネート
マグナス・ミラン ノミネート
トーマス・ボー・ラーセン ノミネート
脚本賞 トーマス・ヴィンターバーグ、トビアス・リンドホルム ウォン
英国アカデミー賞 11 年 2021 月 <> 日 英語以外の最高の映画 トーマス・ヴィンターベルク、シッセ・グラウム・ヨルゲンセン ウォン [28]
ベストディレクション トーマス・ヴィンターバーグ ノミネート
主演男優賞 マッド・ミケルセン ノミネート
最優秀オリジナル脚本賞 トビアス・リンドホルムとトーマス・ヴィンターバーグ ノミネート
BFIロンドン映画祭 18年2020月<>日 最優秀映画賞 別のラウンド ウォン [29]
セザール賞 2021 年 3 月 12 日 最優秀外国映画賞 別のラウンド ウォン [30]
シカゴ映画批評家協会賞 2020年12月21日 最優秀外国語映画賞 別のラウンド ウォン [31]
批評家チョイス映画賞 2021 年 3 月 7 日 最優秀外国語映画賞 別のラウンド ノミネート [32]
ヨーロッパ映画賞 2020年12月12日 最優秀映画賞 別のラウンド ウォン [33]
監督賞 トーマス・ヴィンターバーグ ウォン
最優秀脚本家 トーマス・ヴィンターバーグ、トビアス・リンドホルム ウォン
主演男優賞 マッド・ミケルセン ウォン
大学賞 ノミネート
フィルムフェストゲント 24年2020月<>日 キャンバスオーディエンス賞 別のラウンド ウォン [34]
ゴールデングローブ賞 2021 年 2 月 28 日 最優秀外国語映画賞 別のラウンド ノミネート [35]
ヒューストン映画批評家協会 2021 年 1 月 18 日 外国語で最優秀映画 別のラウンド ノミネート [36]
インディワイヤー批評家投票 2020年12月14日 最優秀国際映画賞 別のラウンド 3位 [37]
最高のパフォーマンス マッド・ミケルセン 10位
ロンドン映画批評家サークル 2021 年 2 月 7 日 外国語映画・オブ・ザ・イヤー 別のラウンド ウォン [38]
ラックス賞 2021 年 6 月 9 日 LUXオーディエンスアワード 別のラウンド ノミネート [39]
オンライン映画批評家協会 25年2021月<>日 英語以外の最高の映画 別のラウンド ノミネート [40]
ロバート賞 6 年 2021 月 <> 日 最優秀デンマーク映画賞 トーマス・ヴィンターバーグ ウォン [41] [42]
監督賞 トーマス・ヴィンターバーグ ウォン
最優秀オリジナル脚本賞 トーマス・ヴィンターバーグ、トビアス・リンドホルム ウォン
最優秀撮影賞 シュトゥラ・ブラント・グロブレン ノミネート
最優秀編集賞 アン・オステルード、ヤヌス・ビレスコフ・ヤンセン ウォン
主演男優賞 マッド・ミケルセン ウォン
助演男優賞 ラース・ランテ ノミネート
マグナス・ミラン ノミネート
トーマス・ボー・ラーセン ノミネート
助演女優賞 マリア・ボネヴィー ノミネート
最優秀プロダクションデザイン賞 サビーヌ・フヴィイド ノミネート
ベストサウンド ヤン・シェルマー、ハンス・モラー ノミネート
サンディエゴ映画批評家協会 11年2021月<>日 最優秀国際映画賞 別のラウンド ノミネート [43] [44]
サンフランシスコ・ベイエリア映画批評家サークル 18 年 2021 月 <> 日 最優秀外国語映画賞 別のラウンド ウォン [45]
サン・セバスティアン国際映画祭 2020 年 9 月 26 日 シルバー・シェル 主演男優賞 マッド・ミケルセン、トーマス・ボー・ラーセン、マグナス・ミラン、ラース・ランテ ウォン [46]
プレミオ・フェロス・ジネマルディア 別のラウンド ウォン [47]
シグニス賞 トーマス・ヴィンターバーグ ウォン [48]
シルバーシェル賞 最優秀監督賞 トーマス・ヴィンターバーグ ノミネート
ゴールデンシェル トーマス・ヴィンターバーグ ノミネート
セントルイス映画批評家協会 17年2021月<>日 最優秀外国映画賞 別のラウンド ウォン [49]
ゴヤ賞 12 年 2022 月 <> 日 最優秀ヨーロッパ映画賞 別のラウンド ウォン [50]
ガウディ賞 6 年 2022 月 <> 日 最優秀ヨーロッパ映画賞 別のラウンド ウォン [51]
リメイク
この映画のアメリカ英語のリメイクは、レオナルド・ディカプリオが主演し、アッピアン・ウェイ・プロダクションズ、エンデバー・コンテンツ、メイクレディによって制作される予定です。[52]

関連項目
第93回アカデミー賞国際長編映画賞への応募作品一覧
アカデミー賞国際長編映画賞デンマーク作品リスト

 以上Wikipedia から引用

 飲兵衛肯定映画
不思議な映画でした

 
 以下ラストのダンシングクイーン

 https://youtu.be/JCZcFFKS-Qk

 以下ダンスの練習シーン

 https://youtu.be/eiLa6qjPoqU

 以下サウンドトラックビデオ

 https://youtu.be/2yGrWd_hFrE

 

あなたにおすすめの記事