ハズバンズの作品情報・感想・評価・動画配信

「ハズバンズ」に投稿された感想・評価

ごめんなさい、流し見です!!
でも釣られて笑ってしまう映画なんてほとんどないからほんとにおじさんキラキラしていたよ
akubi

akubiの感想・評価

3.5
哀しみを酒でながしこみ、辛くないふりをして笑っても嘘なんてつけやしない。完璧にくるってしまえたらどんなに楽だろう。ぽろぽろと剥がれおちてゆく自尊心をしかたなく抱きしめ、すべてから逃げるようにはしゃいでみてもからまわってずぶ濡れ。そして今日もじぶんのなかの矛盾を笑ってやりすごす。

おっさんってどの国でも家に帰りたくないんだな。さびしくてかわいいくてダサいきもの。ずるい。
いの

いのの感想・評価

4.1
濱口竜介は毎回、『リオ・ブラボー』と『ハズバンズ』を観てから撮影に入るのだという。どうしても観たかった、そしてどうしても観られなかった『ハズバンズ』、やっと観られました!(そのためにU-NEXTに加入。菩薩さん、教えてくださってありがとう)


ジョン・カサヴェテス
ピーター・フォーク
ベン・ギャザラ
この3人が演じる黄金のエクスタシー(ちがう)


友が死に、4人から3人になって、家にはどうしても帰りたくなくて。家に帰りたがらない夫たち。大声で喋って、呑んでゲスに笑って吐いて咳して大声で喋って。顔のクローズアップの応酬が続く。切羽詰まった感や気まずさが全開。張り詰めた緊張感や、その場の空気のようなものが、痛いくらいに伝わってくる。


ロンドンに出向いた3人が、ホテルかどこかの賭博場で、大声でわめいている時。ガス演じるカサヴェテスがこう言う。「俺たち うるさすぎる。アメリカ人丸出しだ。」


ひと晩を明かした翌朝、ロンドンの女性がカサヴェテスに言う。「あなたって複雑な人。アメリカ人で無遠慮だし、本当は敵でも友達面する、表面だけ。クスクス笑いや子どもじみた真似。」


自己の心の空洞を見つめられないからこその虚しい会話。ずっと喋っている3人は、笑いながらも自分たち以外の人を蔑み嫌悪し、あんなに喋っていても、真のコミュニケーションをとることはできない(中国人女性とピーター・フォークとのシーケンスはすごくいいし、そしてまた象徴的でもある。コミュニケーションの不全は、彼をどうしようもなく中国人女性に惹かれさせることになるし、同時にそれが旅の終わりのふんぎりへと向かわせる)。


この映画のなかの男たちは本当に嫌だなあ。女を蔑んでるし、女だけじゃなくて他者を蔑んでる、だから今のアタシはこの映画を好きとは言えないなあと思いつつ観ていた。けれど、これはアメリカそのものを描いているのかもしれないと思ったとき、映画は全く違った見え方となった。およそ40年前の作品が、現在のアメリカの影を描く映画のようにもみえてくる。まだまだアタシの理解は足りてないということだ。


これから何年かにいちど観て、自分がこの作品をどう思うかなって確かめたい気持ちはある。それまでに早くディスク販売してくださいっ! 


終わり方も絶品!!!
あんな終わり方、ずるい!!!
男ってやっぱずるっ!!!
オカダ

オカダの感想・評価

4.0
前半微妙だなあと思ったけど終わってみるとやっぱカサヴェテス節炸裂した
yuho

yuhoの感想・評価

-
うだうだと練り上げていくような感情の爆発の連続。その末に日常に戻っていくところもなんともカサヴェテスらしい。男3人で戯れるシーンとか濱口竜介のカサヴェテス愛も改めて実感した。
monaminami

monaminamiの感想・評価

5.0
おい、知ってるか?死は必ずやってくるものなんだぜ!って言う友人の葬式でのやり取りからじわじわくる。
喪失とその逃れられない死や言葉に出来ない(あえてしない)不安から目を逸らしまくり逃避行のロンドンへの虚しい女漁りの旅。2人での帰路の、お迎えの図まで全て哀しい。オッサンの受け入れなさ具合が意地悪すら感じて泣ける。
Komeda

Komedaの感想・評価

-
アメリカ式の喪失の埋め合わせ方
限りなくdisgustingな中年男が3人も爆誕する映画
otom

otomの感想・評価

5.0
ハメ外すオッサン3人。葬式トリガーからの中年ならではの喪失を埋めようと埋めようとして、歌の如く暗闇で踊りまくるオッサン3人。グダグダ体感時間と即興がほとんど現実のソレな具合で凄いオッサン3人。ハイセンスなOPから、なんとなく人生を見つめ直してきた男を迎える怒りと優しさの両方とも与えてくれそうなジーナ・ローランズ(出ない)が絶妙。
yuma

yumaの感想・評価

4.0
濱口竜介監督が影響を受けたと言っていたので、観てみました。

正直、理解は出来なかったが、たまにセリフでグサリと刺さる瞬間があった。

2時間越えの作品ですが、不思議と退屈はしませんでした。なぜなのかは自分も良く分からない😅
シネマQ

シネマQの感想・評価

4.5
最強ダラダラ映画。グダグダっぷりがやばい。なのに面白い。どうなってんの?
>|