ショック・ドゥ・フューチャーの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「ショック・ドゥ・フューチャー」に投稿された感想・評価

甲冑

甲冑の感想・評価

3.0
話はぼちぼちであったが監督がオタクなのであろう。棚のイーノ、テリー・ライリー、パティ・スミスとかオヤジが持ってくるTGとかスーサイドとか、機材(808の前のCR-78)とか当時どういう感じで受容されてたのかとかそんな見方をしてしまう。卓球と野田努が濃い話をしてたので「テクノボン」とか愛読してた人はパンフも買ってみるといいのではなかろうか。サントラがサブスクにあって帰って聴いたら良かった。
haru

haruの感想・評価

3.4
2021/9/28 観賞。
シネ・リーブル梅田にて観賞。

1978年パリ。
ミュージシャンのアナはCM音楽の依頼を受けて作曲を行っていた。
新しい音楽を打ち出そうと奮闘する彼女だが上手くいかない。
そんな時に機材トラブルで対応に来た男が持っていた機材。
ローランド リズムマシン「CR-78」
この機材に彼女は音楽の方向が見えてくる・・・。


「シンセ=電子音楽」と呼ばれていた時代のストーリー。
もう、アナの部屋が凄い❗
同居相手の機材となってはいるが
家具の様なモジュラーシンセやアナログシーケンサー。
格好良い❗
家具の様なデカイ物体にツマミが並び血管の様に多数のケーブルが各モジュールに繋がる。 
これらの機材、当時はメチャクチャ高価です❗
CR-78も古い音なんだけど一回りして、なかなかなサウンド‼️

デジタル化が進み、これらの機材は一時安く扱われたけど、Hip-hopやエレクトロで再び脚光浴びるんですよね。
 
ストーリーとしてはアナが曲を作る1日を描いただけ(失礼💦)なんだけど貴重な機材が見られ音も聞ける貴重な作品でした‼️
Takano

Takanoの感想・評価

-
エレクトロ系の音楽を聴くと、頭を空っぽにできる気がする。繰り返されるリズムに、もやもやしていることや、心配していることを一旦預かってもらって、精神のデフラグ作業を開始する。徒歩移動しながら聴くエレクトロが好きで、10分以上歩いていると、自分の脳波もエレクトロとシンクロする感覚に陥る。朝3時ぐらいに疲れ切っているときに立ちっぱで聴くエレクトロも好きで、電子音によって体がドロドロにされていく感じに幸福をおぼえる。


『ショック・ドゥ・フューチャー』は、そんなエレクトロミュージックにスポットライトを当てたフランスの映画だ。物語上の時代は1970年代後半で、当時では珍しかった女性エレクトロミュージシャンのアナが創作することに苦悩しつつも、希望を見出す、そんなある一日が描かれている。


声を大にして伝えたいのは、とにかく最初のシーンが最高なのだ。主人公のアナが目覚めるところから始まるのだが、起きてすぐにタバコをふかして、音楽をかける(カセットテープというのもなんだかいい!)。アナは徐々に起き上がり、エレクトロに合わせて踊りだす。寝起きだから、上が大きめのTシャツ、下はパンツ一枚という格好なのだが、純粋に、音楽に身を任せるアナの気取らなさもいい。家でエレクトロかけてひとりで無心に踊るときの服装に正解があったのだと気付かされた。


アナは、制作の依頼を受けているが、なかなか形にならない。プロデューサーにも怒られ、シンセも壊れるという最悪の一日になるかと思いきや、偶然、ローランドのリズムマシンと出会ったことで、物語が大きく動き出す。この物語の中でアナは、"Future Shock"という曲を作り上げることになる。この完成までの軌跡も大きな見どころだ。


音楽をテーマにした映画が好きな理由のひとつに、OSTがある。OSTさえあれば、帰り道も映画に浸れるのだ。『ショック・ドゥ・フューチャー』のOSTも凝っていて、"Future Shock"の作成中版と完成版が入っているのだ。映画の追体験をOSTでも味わえるのが素晴らしい。最高の記憶のお土産だ。


季節は寒くなってきたけども、タイミングを狙って、大きいTシャツ1枚+パンツ1枚のスタイルでぐっすり寝ようと思っている。気持ちよく朝を迎えたら、作中のアナのように寝起きエレクトロをかますのだ。そのあとの朝食はフレンチぶった豪華なものにしてやるんだ。こんな未来を創ってくれた、革命前夜のエレクトロミュージシャンたちに感謝したい。
なんだろなー。昔、こんなことしてたんだーって思い出話を聞かされた感じの作品。

一時期、音楽で飯を食おうか?と夢に描いてドラムマシンで無敵感を感じた人にはど真ん中ホームランボールの作品ではないでしょうか?
そんな方々にはあるある感満載でビシビシ共感できるんじゃないでしょうか?

僕はそんな経験ないから、思い出話を聞いても「へー、すごいねー」で終わっちゃう。だから本作観ても同じ感想だなー(笑)
確かに好きな事に打ち込む姿やワクワク感は伝わるんだけど、そこまでなんだよな。映画としてのストーリーは弱いし、稼げないなんちゃってクリエイターにイラついたり。

曲作りに関しての熱いドラマが欲しかったかな?あー、こんな感想をもっちゃう僕はきっとアナログ人間なんだろな。雰囲気好きだけど、中身無かったなー。
askQ

askQの感想・評価

3.5
ピコピコ音楽も去ることながら、山積みのアナログシンセで音作りするシーンがかっこいい。観賞後クラフトワークが無性に聴きたくなった。
この時代(今も根強いが)、女性クリエイターやアーティストがビジネスシーンで足元を見られたり軽くあしらわれたりしながらも、創作活動に打ち込む姿に胸があつくなった。
ホドロフスキーの娘、アルマがとても可愛い。
メラ

メラの感想・評価

4.6
【見えないところで起き上がる靭やかな奮闘劇】
1978年、電子音楽黎明期のパリを舞台に女性ミュージシャンの活躍を描く青春音楽映画。

YMO含むエレクトロミュージックが大好きな自分にとっては至福の時間を過ごせました!そういった意味で音楽映画の中でも大好きな作品になりました。

1970年代の粗めな肌感も良いのですが、監督がヌーヴェル・ヴァーグという音楽ユニットに関わっているのもあって音楽も音響効果が素晴らしいです。
特に音響効果でROLAND CR-78を使った音楽製作シーンでは音の発生時に奥行きや空間を与えていて、それがまるで作曲者の頭の中に没入していくかのような感覚を与えてくれる演出が良かったです!
後半のパーティーのシーンでも音楽で場を包み込むような演出もあって、エレクトロミュージックの多種多様なジャンルの自由度も含めて音楽映画の良いところが詰まっていると思います!


ストーリー自体はかなりシンプルでインディーズ感溢れる映画ではあるものの、音楽演出や主人公演じるアルマ・ホドロフスキーも素晴らしいです!
アナログの機材を背景に映される彼女のシーンのどれも一枚の絵画のように絵になるものばかりで、音楽製作時の職人感(例えるならば美味しんぼ、の花川さん)の佇まいや作業時のメガネをかける仕草…が好きです。


青春音楽映画でありながらも、その音楽性で魅了される上にアルマ・ホドロフスキーの絵作りで見る価値ある作品だと思います!エレクトロ音楽好きなら、なお見て欲しい作品です!
Yasai

Yasaiの感想・評価

3.4
アナログとデジタルのはざまみたいなのがかっけぇ
ストーリーが微妙で乗りきれなかったが惜しい
yuka

yukaの感想・評価

3.8
即興で曲を作り上げるシーンが好きだった

一晩の間に女性をめぐる状況や当時の音楽の流行とか、ミニマルなつくりながら意外といろんなものを見せていた

アナの頭上から光が差し込むラストカットはまさに電子音楽の「夜明け」という感じで綺麗だったな
otakon

otakonの感想・評価

3.5
劇中、壁に積み上げられたシンセ類が
コックピット「もどき」と蔑まれていたがそれは違う。

ダンスミュージックの輝かしい未来へと飛び立てる
本当のコックピットなのだ。

ギャスパー・ノエの『CLIMAX』しかり、
Supernatureで始まる映画は傑作確定。
今池の名古屋シネマテークにて鑑賞。
すでに先週から?公開されて気がしたが、ほぼ席は埋まってたよう。噂に違わぬ人気作と思った訳だが、ウワサ以上に面白い。ってかスゲェ良い♪

電子音楽の黎明期に新しい音楽への無理解や男社会のマウンティングに苦しみながら戸惑いながらも怖れずに征き己の道を拓く女性音楽家のとある1日の物語。
日常生活のシーンでは無防備でエロ可愛く、クソ野郎どものセクハラを我慢しながらの交渉はどこか媚を含んだ女を出しつつ、戦友とも言うべきシンガーとのジャレながらの曲作りでは年相応に朗らかな笑顔を見せる。

そんな人間臭い彼女が、壁一面を埋め尽くす電子機器に相対し未知の音を拾い音楽の明日を手探るときの横顔は神聖で荘厳な創造の御業を下される楽神の化生のよう。
無表情で無機的で非人間的。魅力的な彼女の千の媚態よりも万の微笑よりも超越的に美しく硬質な、どんなに俗塵に塗れても侵されない、そんな人間離れした孤高の人に魅入られてた雑魚なのでした。

あなたにおすすめの記事