くれなずめの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「くれなずめ」に投稿された感想・評価

rino

rinoの感想・評価

3.2
演劇映画
城田優がでかいのと、ハマケンがいちいち面白くて笑っちゃう
あ〜こういうノリね(笑)と思って見るしかなかった
無理矢理だけど「頑張ってるな」というのが伝わってくる映画だった
SHO

SHOの感想・評価

3.6
くれなずめ 2021年公開✒︎

「途中まで良かったのに」
という言葉がこれ程当てはまる映画もない
ぐらい
THE・途中までは良かった映画です 笑
なんでその方向にいっちゃったかなー笑
好みなんで、好きな人は好きだと思いますが、僕は途中からポカーンって感じでした笑
でも途中までは本当に良いです。
見た人はわかると思います笑
あと、役者が素晴らしく良いのでそこも見どころ。みんな良かった。
中でも前田敦子のキレ演技は中々でした笑

このレビューはネタバレを含みます


若葉竜也目当てで観に行きました

いや〜どの若葉竜也も若葉竜也だねえ

いいね懐かしかったあの男が集まった時のノリ

周りから見たら「なにやってんだ」って思うけど、輪の中にいたら最高に楽しいんだよね

城田優が大きすぎて怖かった…
こん

こんの感想・評価

-
今どき俳優たちによる、男子校的なノリの会話劇が面白い!!
そこに加えて、過去との向き合い方、懐かしむ思いなどのメッセージも感じらる。
色んな展開があるけど、何よりもワチャワチャした会話を楽しむ映画なんだと私は思った。
そして、次の友人の結婚式での余興内容は決まりました!
良い作品でした。
男の青春ってバカだなぁ。
アホだなぁ。
くだらないなぁ。
でも、最高だ。
なんか自分もこんなことしてたんだなと思うとどうしようもなく何やってんだって思うけど、それはそれでなんやかんや最高の時間だったんですよ。
「また明日」って言える関係性って良いよね。
終盤のなかなかぶっ飛んでる展開、個人的には好きですよ。
普通の青春映画で終わらないあの感じ良き。
松居大悟監督、あまり好きではなかったのですがこの作品は好きです。
なんかこれからあの景色を見るたびに「くれなずんでんなー」っていいそう。
てか、言ってみたい。
カジノ

カジノの感想・評価

4.0
これもめちゃくちゃ見たかったやつ、途中までえ、良すぎん?ってなって、ちょっと泣きそうになってた、いや泣いてた
結婚式の後の現在の話と、それぞれが吉尾との思い出を振り返る過去の話が交互に進んでいくんだけど、アホな青春エピソードからだんだん現在に近づいていくにつれてめちゃくちゃ切なく寂しくなっていった
引きずることから逃げるなみたいなセリフがめちゃくちゃぐってきて、そうやって生きていこうと思った
ここにも若葉竜也がいた、そして藤原季節もいた、2人ともめちゃくちゃ良かった、スーツのシーズンさん良い

でも最後の方まじでわからんかった、なんでこうなったん?
最後のくれなずんでるあの画だけで良かったやんと思ってしまった、夕日を見たらくれなずんでんなーって言いたくなる
あとウルフルズは男臭くて良いね
換気

換気の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

最後に6人で会った時の場面をやり直すところ、みんなぼろぼろで感情溢れすぎてて最高やった。

あんな真っ直ぐなまなざしで
くさいこと言う吉尾みたいなやつが死んだら、そりゃくれなずむでしょ。

もうただの楽しい映画かと思って気抜いてたら重すぎて笑う。

でも生きるってそんなもんなんかな。
平和に浸かりながらどこかでやりようのない現実を抱えてる。

けじめをつけたくなるような悲しみとか
ヘラヘラして付き合い続けるしかないような悲しみとか、抱えながらみんな生きてるのかもしれない。

エンドロール、思いっきりくれなずんでた彼らの姿が心強いよ。

吉尾のあのかばんなんなん。
指で心臓マッサージ笑った。
みんなそれっぽく心臓取り出してるのに藤原季節だけポケットから心臓取り出すところも笑った。
win

winの感想・評価

3.8
泣いた、笑った、そしてまた泣いた。死と言う絶対的なものをこうして描く作品に出会えて嬉しい。成田凌くんや高良健吾くんはさることながら、私は若葉竜也くんに注目。なんていうかくれなずめ!
男子中学生たちを見てるみたいだ。楽しそう^^
私自身、ついこないだ祖父を亡くしたのでこの映画がどうしても見たかった。
ぶっ飛んでるシーンもあったけど、最後の河川敷の画でぜんぶ持っていかれたなあ
最高だった。
ahiru

ahiruの感想・評価

3.9
 
ぬおおおー!!って感じ
伝わるかな笑

こういう風にくだらないなーと
思われながら生きたいなと
改めて思うし
ウルフルズってやっぱ男臭くて最高