偶然と想像に投稿された感想・評価 - 5ページ目

『偶然と想像』に投稿された感想・評価

人が本来持っているのは現在という時間軸だけ。でも記憶を通して過去を、想像を通して未来を知覚できるがゆえに、過去と未来の自分が現在の自分と同居している。その中には、何かに絶望した自分もいるはず。

3…

>>続きを読む

面白い!笑えた!

短編3本のオムニバス。
濱口作品の独特な喋りと舞台のようなセリフ回しで繰り広げれる会話劇。すごく引き込まれるし何より笑えて面白い。

三本共通するのは、2人の人物化部屋に入り、会…

>>続きを読む

演出が面白い第一話
会話劇が面白い第二話
展開が面白い第三話

と、それぞれの映画表現に光るものがある濱口竜介監督の短編オムニバス作品。

〜第一話〜
パーティはそのままに

トントン拍子で撮影は進…

>>続きを読む
たわし

たわしの感想・評価

4.5
一話が特に良かった。芽衣子と和明の会話劇には人間の情動の襞が少しずつ開いていくさまが完璧に表れている。

『つまらんネットは、誤爆し助成の対象となるだけ』

偶然の出会いがきっかけの想像力豊かな会話劇が連なる濱口竜介監督作品。本読みのような発話は感情そのものよりもその発露が興味深く、実験◯◯と銘打った数…

>>続きを読む
常識人の私には理解し難い登場人物ばかりだが、話に引き込まれた。3話の中では第1話が面白かった。ラストは?だったけど。
ももせ

ももせの感想・評価

4.0
演技テンションと本読みテンションの混在がクセになる

1話のズームが好き
あ、これ映画(作り物)やったわとまんまと翻弄された

3話がすき
chisaki

chisakiの感想・評価

4.7
会話劇が心地いい。会話の応酬だけで、人はこんなにも変化して救われるんだな〜 タイトルが秀逸
いげ

いげの感想・評価

4.4

逆走、逆転、密室、反復、演技、選択が偶然を生む、ラストシーンのハグはズームによって祝祭され、ズームは契機になりあり得た可能性が一度だけ提示される、距離・時間・心的隔たりは無かったことのように融解しま…

>>続きを読む

濱口監督作品を続けて見ていて
こちらの作品も気になったので
Blu-rayを購入して鑑賞。

ドライブマイカーとは正反対の
静(画面上の動きが少ない)で
会話の多い映画。

実に文学的で
映画という…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事