ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲の作品情報・感想・評価

「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」に投稿された感想・評価

すごく前に録画したままのやつを消化。
ワンコたちの演技がすごい、そして、それを撮るカメラワークすごい。人間のドラマなんてどうでもよくなるレベル。しかし、主人公はリリである。ちょっと少女をやらしく撮りすぎか…というところもあったりするけど、ヨーロッパ映画にはありがちか…。序盤の自転車で走る少女が犬を従えているように見える部分のリフレインが、あー、しまった考え甘かった…てなるけど、ラストシーンで、いや、もっと甘かった…ってなる。
MsArsenal

MsArsenalの感想・評価

3.5
カメラワークにより、犬と街が映えていた。徐々に世界観に引き込まれてゆく作品。
なほ

なほの感想・評価

3.4
ワンコ達の演技、、犬が演技してるぞ、、表情、、すごい、、犬、、ってなる映画。
一応アクションだから普通に恐怖を感じるシーンもあるのだけど、またいつもと視点が変わるからとても複雑な気持ちになる、ワンワンアクション、、犬好きが見てあまりいい気はしないかも。
リリ、淡いブルーのパーカーがとても似合う!ラストシーンは印象的、

大好きな人に「猫の映画が見たい」って言ったらこれを勧められた、猫?犬だよ、ワンワンアクション。
犬の視点を別のものに置き換えるとより衝撃的。

これだけたくさんの犬が出演していて、とてもいい表情を捉えた作品は初めて観た。
それだけでもすごい。
とにかく、わんこ達の名演技が素晴らしい。
実際に保護所で保護されていた
250匹のワンコ達。
この映画をキッカケにワンコ達は
1匹残らず里親さんが見つかったみたいです😭
ただラストの展開が期待外れというか、、、
残念な終わり方でした💭
SammyA

SammyAの感想・評価

2.4
犬好き、動物好きが見る映画では無かった…結構描写がエグいシーンも多く、正直何度か目を背けてしまった。
とはいえ話の内容は深く、犬たちの演技や世界観の映し方も凄い。
きど

きどの感想・評価

3.3
手持ちカメラなのかなって終始、画面が揺れるのが気になってしまいました。
ナギサ

ナギサの感想・評価

3.2
ディズニーアニメーションかな?!?!?!って言うぐらい犬達の演技が上手い。
1時間半ぐらい、ただ辛〜い気持ちが微動だにしないのだけど
ラストが確かに、これは凄い。
nnn1909

nnn1909の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

人間の都合に翻弄されるワンちゃんと飼い主の女の子の話

音楽の国ハンガリーでは雑種犬には税金が課せられ、父親が犬を捨ててしまう
保護団体に追われ、闘犬にされ、脱走して保護されて殺処分されそうなところでみんなで大脱走
少女は親や先生に反抗しながら犬を探し続ける。犬を愛していることが原因で危うく音楽学校を退学というところまで追い詰められ、半ば諦めてちゃんと音楽を始めたあたりで犬の大脱走を知る。
闘犬となったワンちゃんは少女に牙を向けるが慰めに使っていたトランペットでバーサク化解除

音楽が狂詩曲で、犬の狂って行く様、大人の狂った言動にあっていてよかった。
ワンちゃんパートの描き方がやけに擬人化されたようでリアリティが薄れたのがちょっと。もっとされるがままで、ワンちゃんの意思や心境は削いでよかったのでは、と思った次第です

このレビューはネタバレを含みます

序盤はゆっくり物語が進んで行って犬が飼い主の側から離れて行った時からもう正直心理的に辛いシーンが多くて目を背けたくなった簡単に言うと捨てられた犬が人間による凄惨な虐待や無理くり参加させられる闘犬大会やらなきゃやられる野生の本能、心優しい犬が恐ろしく変幻してく姿に胸が締め付けられた。ラストスパート、小さな飼い主の彼女がシンと静まり返った住宅街で飼っていた時の心優しい飼い犬を前にし、トランペットを吹く姿。それは彼を眠らせる時に吹いていた音色で、自分の記憶を思い出させる楽曲。彼女も犬をならい伏せをしてお互い見つめ合うシーンよかったな。何が一番すごいって総勢何百匹と言うこの犬がCGじゃないって事と、リアルにこの犬が保護施設で管理されている犬である事、作品終了後無事飼い主に引き取られた事なんよなあ、圧巻の文字に尽きる。植えつけられた本能をむき出しにし飼い主である彼女に牙を剥いた時はちょっとうるっときたみんなも見て欲しい。
>|