東京画 2K レストア版の作品情報・感想・評価

「東京画 2K レストア版」に投稿された感想・評価

ワンコ

ワンコの感想・評価

4.5
【それぞれの東京】

一見、小津安二郎を想い、ノスタルジックになっているのだろうかと身構えたりしたが、そうではない気がする。

この映画が撮影されてから、もうすぐ40年になる。

1983年というと、日本はもう少しでバブル経済の絶頂期を迎え、既に経済大国なる称号に浮かれつつあった頃だったと思う。

こんな中、小津安二郎を辿り、東京の今昔を見つめる「東京画」なんていう映画は、当時の日本では注目されなかっただろうし、この頃の映画と言えば、存命だった巨匠・黒澤明への注目度がまだ高かったことや、ヴィム・ヴェンダースの知名度が低かったことも、「東京画」への興味が広がらなかった要因のように思える。

ヴィム・ヴェンダースが日本で注目されるようになった「パリ、テキサス」は、1985年の公開だ。

1982年公開の「ブレードランナー」で、日本のネオン街チックな夜の歓楽街がエキゾチックだとして取り上げられて、日本人は少し自尊心がくすぐられた。
だが、ヴィム・ヴェンダースは、これをあくまでも客観的に捉えているし、竹の子族や、パチンコ、狭いドライビングレンジで黙々とゴルフボールをたたく東京の人々を撮ったのは、少しアイロニックに感じられて、経済が拡大中の日本では、少しうっとおしがられたのかもしれない。

ただ、この作品を改めて通して観て、ヴィム・ヴェンダースは、笠智衆や撮影監督の厚田雄春との対話を通じて、小津安二郎の人物像に触れ、ありのままを東京を見つめてみようと思ったのではないかと思うのだ。

自分の思い描いていた小津安二郎像との乖離。勝手に想像していたのより、様々な要求が、ヌーベルヴァーグの流れとは異なっていたかもしれない。
だが、小津安二郎の作品の価値がそれによって変化するわけではない。

小津安二郎の撮った日本は、実は、どんなだったのだろうか。

でも、それは、小津安二郎の日本であることは間違いない。

高度経済成長前夜の東京は、小津安二郎の東京とは少し異なっているのかもしれない。

でも、それも東京であることに間違いはない。小津安二郎が残そうとした”いつかの”人々の姿であることに間違いないのだ。

子供は、昔の子供そのままのように見える。

変わるもの。変わらないもの。

小津安二郎の好んだ列車の場面。
ヴィム・ヴェンダースの新幹線の場面。

演出の入り込む余地の少ない、この走る列車の場面2つを見せることで、対比とは異なる、どちらもありのままだという、受け入れるということを示したのではないのか。

実は、ヴィム・ヴェンダースの西ドイツも似たような状況だったからこそではないのか。

だから、ロードムービー三部作の最後「さすらい」では、変化を受け入れるさまを見せたのではないのか。

それは、僕たちが抗いながらも、受け入れなくてはならない変化なのではないのか。

現在の世界で広がる多様性を重視する考え方の一方、頭をもたげる分断。
加えて、コロナ禍で僕たちの価値観は揺さぶられている。
その中で、僕たちは、選択というより、変化していかなくてはならないのだ。

撮影監督・厚田雄春の涙する場面を観ると、小津安二郎を長年仕事をしたという誇りと、過去に囚われてしまっているのではないのかという孤独の両面を、僕は感じてしまう。

しかし、小津安二郎は熱田雄春と共に、未だ多くの人が越えようと思っても越えることが難しい映画の手法や演出を作ってきたのだ。

きっと、そんな葛藤の中で、僕たちはやりくりしながら、これからも生きていくのだ。

それは、それで良いような気がする。
外の世界の住人から切り取られた東京は素晴らしく魅力的なものに思える。親が子供時代を過ごした80年代、語られる言葉も文化も流れるように移ろっていく東京の街は時代ごとに全く別のものに感じた。
小津監督が描いた東京とヴェンダースが切り取った東京。2人の監督の大切な想いが、街の空気や渋谷の映画館にまで溢れ出していた。
A

Aの感想・評価

-
面白かった!
ヴィムヴェンダースが小津映画に見る東京の風景を探し歩くドキュメンタリー。

小津映画の東京は今はもちろん83年にもうなくて、私たちが文化と認識し(たく)ない看板のやかましさ、満員電車、電気屋の陽気なテーマソングたちはもうずっと東京らしさのひとつなんだよな〜と改めて感じた。パチンコと食品サンプルとゴルフの打ちっぱなし。完璧な土手ショット有り。

当時生まれていないので新鮮な気持ちで見る部分もあり、今暮らす東京と共通する風景もあり、そして小津組の台本タイトル文字を読めるという最高の状況だった。
 
騒がしい街並と打って変わった静かな和室でのインタビューが美しくて、レストアに大感謝。笠智衆の謙虚な受け答え。「無」へのお参り。ヴィムヴェンダースがクリスマイケルと「ジュテ」というスナックへ行く愉快エピソード。東京物語を引用したオープニングとエンディングに愛を感じました。「終」。
katoyu

katoyuの感想・評価

4.7
ヴェンダース監督が敬愛する小津監督へのオマージュ作品。小津監督が戦後描いた東京を追体験する感じで、非常にエモーショナルな映画でした。83年の東京の風俗文化を外国の方の眼から捉えた貴重な記録として、そして小津監督組の映画への想いが溢れる追悼作品として、とても素晴らしい映画でした。83年と言えば自分は中学3年で、東京にいたものの原宿ホコ天にも、後楽園ゴルフ場にも行ったことなかったので、ノスタルジックな反面、新鮮でもありました!ところどころ映る移動中の風景や新幹線の描写など、小津愛、東京愛が滲み出ていましたね。笠智衆さんのインタビューも独特でよかったですね。あとは、厚田さんという小津監督付きのカメラマンのインタビューはもう涙モノでした。映画好きなら一見の価値ありです!
teru1962

teru1962の感想・評価

3.7
初見からもう何年たつか。ヴェンダースの愛情に溢れている。通訳はハスミンなのかな。
OhMyGosh

OhMyGoshの感想・評価

3.5
《ヴィム・ヴェンダース レトロスペクティブ ROAD MOVIES/夢の涯てまでも》⑦
極楽蝶

極楽蝶の感想・評価

5.0
おみごと! オープニングとラストで小津安二郎監督の「東京物語」のオープニングとラストを登場させるなんて、心憎い!
ヴィム・ヴェンダース監督のプライベート・フィルムのような雰囲気の映像の中に、懐かしい日本がいっぱい詰まっています。後楽園のゴルフ練習場、パチンコ、古い新幹線(これって小津作品に出てくる電車を現代風にイメージしたのかなぁ)などなど。冒頭でヴェンダース監督の小津安二郎監督の作品に対する考えが語られるけど、ヴェンダース監督が小津監督になったとして現代の東京で撮るとこんな風なのかという映像なんだねぇ。
ラスト近くで、小津安二郎監督の作品でカメラマンを務めた厚田雄春さんの話が挿入されるけど、劇場からすすり泣く声がいくつも聞こえてきましたねぇ。素晴らしい話だった!

あなたにおすすめの記事