backpackerさんの映画レビュー・感想・評価

backpacker

backpacker

映画(1369)
ドラマ(0)
アニメ(0)

ビースト(2022年製作の映画)

3.0

怪物退治が題材のモンスター映画の系譜に名を連ねた、動物パニック物の秀作!

『FRANKENSTEIN』(1910年)を始祖と考え、ベラ・ルゴシ主演の『魔神ドラキュラ』等のゴシックホラーの古典以降、ジ
>>続きを読む

デリシュ!(2021年製作の映画)

3.0

2022年第3四半期は、料理関連映画が豊作な印象です。
現代の厨房と料理人のリアルな苛立ちをノーカット撮影した強者『ボイリング・ポイント/沸騰』。
世捨て人となったシェフから人と社会の関係をフィクショ
>>続きを読む

ARIA The BENEDIZIONE(2021年製作の映画)

4.0

『蒼のカーテンコール』三部作、フィナーレとなる第三弾!

2005年から始まったアニメシリーズ。その10周年を記念した『蒼のカーテンコール』三部作第一弾『ARIA The AVVENIRE』から6年を
>>続きを読む

ARIA The CREPUSCOLO(2021年製作の映画)

4.0

「あなたの笑顔に、また会える」

『蒼のカーテンコール』三部作第二弾。
前作『ARIA The AVVENIRE』では、原作漫画から未アニメ化の2話と、新作書き下ろし漫画1話の、計3話構成の作品であっ
>>続きを読む

ARIA The AVVENIRE(2015年製作の映画)

4.0

「さあ、いま再び未来をご一緒しましょう」

マッグガーデン社の看板作品として長らくコミックブレイド誌面を飾った、未来系ヒーリングコミック『ARIA』。
メディアミックスプロジェクトの先鋒として、200
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

3.0

◾︎『ジュラシック・パーク』シリーズ第6作

【作品情報】
公開日   :2022年7月29日(日本)
作品時間  :146分
監督    :コリン・トレヴォロウ
製作    :フランク・マーシャル、
>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

3.0

「チャニング・テイタム!?サンドラ・ブロック!!?ら、ライアン・レイノルズぅ!!???」

【カメオ出演の系譜】
『デッドプール2』→『フリー・ガイ』→『ザ・ロストシティ』→『ブレッド・トレイン』NE
>>続きを読む

PIG ピッグ(2021年製作の映画)

4.5

【カットカウント結果:553回】
ニコラス・ケイジ(以下、ニコケイ)完・全・復・活!!

【作品情報】
公開日   :2022年7月15日(日本)
作品時間  :91分
監督    :マイケル・サルノ
>>続きを読む

Zolaゾラ(2021年製作の映画)

2.0

良質でクレイジーな作品を連発する新進気鋭のアートスタジオ『A24』が手がけた、「Twitter投稿の映像化」映画。
そんな出自から予想された通り、まあまあ珍妙な作品ではありました。

本音を言えば、面
>>続きを読む

ロッキー2(1979年製作の映画)

3.0

◾︎『ロッキー』シリーズ第2作

【作品情報】
公開日   :1979年9月1日(日本)
作品時間  :119分
監督    :シルヴェスター・スタローン
製作    :アーウィン・ウィンクラー、ロバ
>>続きを読む

サマリタン(2022年製作の映画)

3.0

【鏡写しの超人=映画人の老後は、どうなっていくのか?】

僕らのシルヴェスター・スタローン(以下、スライ)が演じるのは、20年前に死んだ街の英雄と思しき老人ジョー・スミス。ジョー・スミスなんて典型的偽
>>続きを読む

ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2020年製作の映画)

3.0

2021年公開当時、関心がわかず見に行きませんでしたが、配信にて重い腰を上げて鑑賞しました。

単純な感想ですが、正直、もう限界……。
ワイルド・スピード(以下「ワイスピ」)シリーズは、子どもの頃から
>>続きを読む

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

3.0

『ドント・ルック・アップ』……。

平成生まれのワタクシは、ウルトラマンでいえば所謂平成三部作あたりの世代。ただ、リアルタイム視聴したウルトラマンは『ウルトラマンコスモス』のみ。
昭和シリーズは、マン
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

3.0

ラミ・マレック演じるサフィン、こいつ、何がしたかったのかしら……?


ダニエル・クレイグ版007の最終作。
一匹狼の無頼漢という感じの中年イケオジ路線を歩むジェームズ・ボンドが行きついた果て。それが
>>続きを読む

アウシュヴィッツのチャンピオン(2020年製作の映画)

4.0

夏と言えば、終戦。映画館にも、戦争関連映画が増える時期。
2022年は、ナチス・ドイツ関連映画の上映とタイミングが合うことが多かったのですが、ホロコーストをテーマにした映画としてはかなり珍しい「収容所
>>続きを読む

バッド・トレジャー(2021年製作の映画)

3.0

【カリテ・ファンタスティックシネマコレクション2022】
「異常じゃない。見え方が違うだけだ」

ーーー【あらすじ】ーーー
仮釈放中の男・D(演:スコット・イーストウッド)は、アパートの一室に引きこも
>>続きを読む

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

4.0

病が育む涙の友情

典型的マッチョカウボーイなテキサス男ロン・ウッドルーフ。
トランスジェンダーの青年レイヨン。
そんな二人の接点は……エイズ。
「ゲイなんて最悪だ!」と罵り、ゲイを毛嫌いしていたロン
>>続きを読む

グレイマン(2022年製作の映画)

4.0

「アンソニー&ジョー・ルッソ兄弟の新作アクション映画が凄い」との噂を聞きつけ、シネマート新宿のブーストサウンド上映を鑑賞してきました。「Netflix限定だから見れないか」と諦めていたので、ありがたい>>続きを読む

刑事マルティン・ベック(1976年製作の映画)

3.0

【カリテファンタスティックシネマコレクション2022】

ーーー【あらすじ】ーーー
深夜、ストックホルムの病院で、入院患者のティーグ・ニーマン警部が、銃剣で惨殺された。事件を任された刑事マルティン・ベ
>>続きを読む

ファイナル アカウント 第三帝国最後の証言(2020年製作の映画)

3.0

世界大戦を知る世代がいよいよ少なくなってきた中で、ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が勃発し、改めて戦争を考える場面が日常に多く溢れるようになった2022年。
ヒトラーとナチスによる第三帝国の時代を知
>>続きを読む

ソー:ラブ&サンダー(2022年製作の映画)

3.0

MCU映画第29作

ソーの単体映画が4本も作られるなんて、10年前の自分は夢にも思っていませんでしたが……、もうこれ以上作らなくていいかな。

前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』にて、持て余され
>>続きを読む

女神の継承(2021年製作の映画)

3.0

タイ東北部のリアルな生活感(いっそ生々しいと言うべきか)が溢れる、土着の神々・精霊信仰(ピー信仰)を描いたホラー作品。

当方、ジャンプスケアでは「来るぞ来るぞ……」と思っていても飛び上がって驚いてし
>>続きを読む

プレデター(1987年製作の映画)

3.0

80年代筋肉アクションスターとして、シルヴェスター・スタローンと双璧を成した、ボディビル界の巨人、アーノルド・シュワルツェネッガー。
そんな彼が『ターミネーター』『コマンドー』に続くヒット作として手に
>>続きを読む

エンジェル(1983年製作の映画)

3.0

【カリテファンタスティックシネマコレクション2022 サタデー夜コーマン】

ーーー【あらすじ】ーーー
昼は成績優秀な女子高生、夜は街角に立つ娼婦という二つの顔を持つ少女エンジェル。
娼婦を狙った連続
>>続きを読む

ブロークン・ジェネレーション/撲殺!射殺!極限の暴力少年たち(1985年製作の映画)

3.0

【カリテファンタスティックシネマコレクション2022 サタデー夜コーマン】

男同士の"愛"

ーーー【あらすじ】ーーー
田舎町。勉学を嫌う逸れ者のボー(演:チャーリー・シーン)とロイ(演: マックス
>>続きを読む

コブラ(1986年製作の映画)

3.0

みんな大好き80年代筋肉アクションスター、俺たちのシルヴェスター・スタローン(以下、スライ)が、ロッキーとランボーに続く第3の看板キャラクターとすべくぶち上げた、アウトロー刑事。その名は、マリオン・コ>>続きを読む

炎のデス・ポリス(2021年製作の映画)

3.0

「プロの殺し屋vsワケあり詐欺師vsイカれたサイコパスvs正義感溢れる新米警官 どいつもこいつもゲス野郎」
……うーん、惹句に映画が負けちゃったなぁ。

原題は『COP SHOP』(警察署)。直球まん
>>続きを読む

マーベラス(2021年製作の映画)

3.0

〜銃声を"聴く"映画〜

『007カジノ・ロワイヤル』で知られるアクション映画職人マーティン・キャンベル監督による、復讐アクション映画。
『グリーン・ランタン』の失敗で、一時期は完全に名前を見かけませ
>>続きを読む

レッド・グラビティ(2020年製作の映画)

3.0

【カリテファンタスティックシネマコレクション2022】

ーーー【あらすじ】ーーー
異常高温による生態系崩壊と資源枯渇により荒廃した、10年以上雨の降らぬ近未来。世界は、スペース.W.R社が提供する高
>>続きを読む

戦慄のリンク(2020年製作の映画)

2.0

「忘れるな、勉強しろよ。ネットに夢中になるな」

【カリテファンタスティックシネマコレクション2022オープニング作品】
「変なトラブルに巻き込まれるから、ネットのやり過ぎは良くないゾ!当局のお兄さん
>>続きを読む

ミューン 月の守護者の伝説(2015年製作の映画)

3.0

「夜の闇の中で静かな夢を見て、明るい太陽の中で笑いに包まれる」

東京都写真美術館で2021年に開催された『世界の秀作アニメーション 2021 秋編』のスニークプレビューにて鑑賞。
2022年に行われ
>>続きを読む

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.0

「社会問題はコミュニケーション不足が原因だと思うの」

ーーー【あらすじ】ーーー
幼馴染の中年オヤジ二人組タッカーとデイルは、念願叶って手に入れたボロい山小屋の別荘で休暇を過ごそうとやってきた。
とこ
>>続きを読む

今日もどこかで馬は生まれる(2019年製作の映画)

4.0

今日もどこかで……。

日本競馬界の大問題、経済動物"馬"の生涯について、関係者の抱える苦悩と葛藤、誇りと栄光、願望と挑戦、それぞれが胸に抱く"思い"を紐解くドキュメンタリー映画。

暗めの内容を中立
>>続きを読む

ザ・ロストシティ(2022年製作の映画)

3.0

「駄作と言って読者を貶めるな」
「君は表紙で中身を判断しないと思ってた」

素晴らしい!ボンクラ映画好きには堪らない、最高のゲラ笑い映画でした!
本作は、古いミステリーアドベンチャーを現代的にブラッシ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.0

◾︎『ジュラシック・パーク』シリーズ第5作

【作品情報】
公開日   :2018年7月13日(日本)
作品時間  :128分
監督    :J・A・バヨナ
製作    :フランク・マーシャル、パトリ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.0

◾︎『ジュラシック・パーク』シリーズ第4作

【作品情報】
公開日   :2015年8月5日(日本)
作品時間  :125分
監督    :コリン・トレヴォロウ
製作    :フランク・マーシャル、パ
>>続きを読む

>|