10億ドルの頭脳の作品情報・感想・評価

「10億ドルの頭脳」に投稿された感想・評価

honobon

honobonの感想・評価

3.2
若きマイケル・ケインを楽しめるスパイもの。時代を感じさせられるようなオープニングと美しいフィランドの光景。
riko

rikoの感想・評価

2.0
この手のスパイ映画にしては、パッとしない。
やべー!クソつまんな!!!

007を濾過して、濾し取った荒唐無稽さを無個性な主人公と昇華させたC級映画!!!

ドクターノオを完全にパクったオープニングシーケンスだけはカッコよかった
KW

KWの感想・評価

2.5
フランソワーズドルレアックの遺作。B級なマイケルケインは珍しい。その二人目当てで観ても退屈だが、それ好きならまあ許せるか。
荒唐無稽な印象が笑えるハリーパーマーシリーズ第三弾。監督が毎回変わって、今回は巨匠ケンラッセル。アルタード ステーツ一作のみで評価しており、心配したが、心配が当たった感じ。
ロンドンの雰囲気だけが、セピア色に感じられて、魅力的なだった。誰かリメイクしてくれないかな。
活動屋ケンちゃんのプログラムピクチャー。集会のスピーチでの顔と炎や大勢が一気に動き出す突撃シークエンスでケンラッセルらしさを感じるも基本的にはあんまり面白くない。ただ、フィンランドのロケーションは最高。氷は割れるためにある!!
chnhmn

chnhmnの感想・評価

3.3
有名な題名とジャケで気になり何も知らずに鑑賞したけどまさかのハリーパーマーシリーズなるものの3作目だったとは!笑 1.2作目の方が評価高いみたい。
キングスマンの前身だのオマージュがどーだら言われているみたいだけど、主人公ハリーだし黒縁眼鏡だし、キングスマンにマイケルケイン出てくるし納得。
3作目でコケたのかな?いまいちグッとくるシーンも盛り上がりもなく少し期待はずれ。
miumiu

miumiuの感想・評価

3.6
ハリー・パーマーシリーズ第3弾。
前2作がサラリーマンスパイのリアルな戦いと冷戦期の緊迫感を描いていたのに比べ、今作はなんだか荒唐無稽…
登場人物が入り乱れるからか、いろんな組織が出てくるからか、途中から置いてけぼりになってしまった💦 今でいうところのスーパーコンピュータと思われる「頭脳」の設定も何だかわかりにくかった。(原作はあるが途中からは随分違う展開らしい)

ハリー・パーマーシリーズらしくないのを除けば、音楽も衣装もキャストもとてもとても素敵。
謎めいた美女役のフランソワーズ・ドルレアックはひたすら美しい!(交通事故で夭逝したため本作が遺作だとか。残念。)
舞台のほとんどが北欧、東欧の寒い地域、ハリー・パーマーおなじみのサラリーマン風コートスタイルに加え、モフモフのお帽子姿が見られる。お似合い。
テキサス由来の組織、雪上を追いかけてくる敵集団など『キングスマンゴールデンサークル』のビジュアルイメージはこれが元ネタかなあ、なんて思ったり。

中盤からはハリー・パーマーのトレードマークの黒縁眼鏡を何故かやたらと外すシーンが続き、そのときの色気とイケメンっぷりがすごい。
リアル・スパイ映画ではなく美男美女を堪能する作品のつもりで観ると満足。
今ならTSUTAYAの発掘良品コーナーにあるけれど、前の2作品も置いてほしいなあ。
tukino

tukinoの感想・評価

3.0
ハリー・パーマーシリーズ3部作で前2作は未鑑賞。KGBシュートク大佐の物理攻撃で全て方が付きそうな荒唐無稽さがあったが、終盤のフランソワーズ・ドルレアックが足早に隠れ家から駅へ向かうシーンはリチャード・ロドニー・ベネットの音楽と相俟って美しくスマートな流れ。散乱するコーンフレークも良い。
Ken

Kenの感想・評価

4.6
オープニングがステキ。マイケルケインは眼鏡がないと別人に見えてしまいます。出撃シーンがなんかすごかった。
>|