ネバーセイ・ネバーアゲインの作品情報・感想・評価・動画配信

「ネバーセイ・ネバーアゲイン」に投稿された感想・評価

ショーンコネリーが主演てだけで、007要素はない。年取っちゃってジェームズボンドの機敏さと色気がなくて残念。

ただ、社交ダンスのシーンは素敵
1971年の「ダイヤモンドは永遠に」を最後に、ジェームズ・ボンド役から「引退」していたショーン・コネリーが、12年ぶりに「復帰」した作品。ジェームズ・ボンドが主人公でありながら、「007」と付かないのは、本来のシリーズを製作していたイオン・プロのものではないからだ。すでに50歳を超えていたコネリーが主演だけに、物語も、一度現役を退いたボンドが、リハビリとメンテナンスを施しながら、新たに任務に就くという話の入り方になっている。

実は、この作品はシリーズ第4作の「サンダーボール作戦」とは、「親戚関係」にあるもので、映画の脚本用に書かれた「James Bond, the Secret Service」が原作となっている。脚本は原作者のイアン・フレミングも含む3人の共同執筆だったが、これを元にフレミングが小説「サンダーボール作戦」を書き、それを原作として「サンダーボール作戦」はつくられていた。というわけで、この作品の大筋のストーリーは「サンダーボール作戦」とあまり変わらない。ということで、リメイク作品とも言われているが、厳密には異なる。

製作にあたっては、ほとんどショーン・コネリーが仕切っていたらしいが、製作費は3600万ドル、同時期に製作されていた本来の「007」シリーズの「オクトパシー」の2750万ドルの上をいくものだった。監督は、「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」のアーヴィン・カーシュナー。ボンドガールとして、キム・ベイジンガーも出演しており、メイド・イン・イングランドというよりも、メイド・イン・ハリウッドというゴージャスな雰囲気が全体に漂っている。テレビゲームのようなマシンで、ボンドが悪役のラルゴと競う場面が、この時代にしては先を行っていた感じがする。
ショーン・コネリー主演だし、一応『007』だけど、いつものメンツはいないし、なんか性格の悪いボンドも嫌。
007としての能力を満たせてないという展開は『スカイフォール』と似てる。
ショーンコネリーがジェームズボンドに数年ぶりに復帰したというわけですが、ビジネス的な理由にしか過ぎないのだろうなあとしか感じられませんでした。
ひろか

ひろかの感想・評価

3.8
ジェームズボンド年取ったなあ、
ジャージ姿なのもお初にお目にかかりました(笑)

いつもの音楽がないのが違和感、
他はもういつもどおりってかんじでおもしろかったよ〜
FRANCIS

FRANCISの感想・評価

3.6
新旧ボンド対決その②、12年振りのコネリー・ボンド復帰作は『サンダーボール作戦』セルフリメイク。

アーヴィン・カーシュナー監督の手堅い演出に加え、女殺人鬼ファーティマを嬉々として演じるバーバラ・カレラの怪演、華々しいデビューを飾ったキム・ベイジンガー。ブロフェルドにはマックス・フォン・シドーとキャストは超豪華。

Mrビーンこと、ローワン・アトキンソン扮する間抜けな英国大使館員ナイジェルや、偏執狂的なラルゴとの核戦争ゲームなどはムーア作品への意識も大きく感じさせる。

冒頭の再起をかけてトレーニングに励むボンドや、ゆったりとしたラニ・ホールの主題歌、年下のMなどは加齢を加えた設定を上手く活かしている。

アクションシーンもスティーヴン・セガールのコーディネートのもと多くを本人がこなしており、タンゴのシーンや乗馬アクションも吹替無し。

しかし、本作で最も印象深いのは『ムーンレイカー』の没案を再利用したバイクアクション。イオンプロに先駆けての実現は、黒人のライターなど本家シリーズへの逆輸入も多い。

イオンプロのプロデューサー、アルバート・ブロッコリの妨害工作により、本家のスタッフの多くが参加を憚ったことにより、スタッフの不慣れさやお決まりのガンバレルやジェームズ・ボンドのテーマが流れないことでの盛り上がりに欠ける印象は否めない。高い期待と好意的な批評家の前評判にも関わらず、『オクトパシー』と興収・評価共に大きく水を開けられる。

ジャズなどを取り入れた独特のサウンド、ハリウッドにおける一流の視覚効果に、『サンダーボール作戦』水中撮影のリコー・ブラウニングの再登板がもたらす、オリジナルよりのグレードアップ、本家コネリーボンドの延長戦としてのストーリー、ラストの粋なセリフとウィンクは良い。
本家と裁判をしてまで製作された「007番外編」。裁判で出された条件で、「アノ個性的なオープニングは禁止」。「ボンドのテーマ使用禁止」。「オリジナルストーリーを作って製作禁止」などなどかなりがんじがらめ。そこで諦めないのが凄いよ。ストーリーは「サンダーボール作戦」のリメイク。主演はショーン・コネリー。やっぱりいくらコネリーでもあそこまで歳をとってからのボンド役はかなりキツイ。女性にうつつをぬかすシーンもプレイボーイと言うよりもスケベ爺になってしまっている。ストーリーの元ネタが良いのと、職人監督のアービン・カーシュナーのお陰で並に楽しめるアクション映画には仕上がってました。同年公開された本家の作品は「オクトパシー」。うーん...やはり本家の方に軍配は上がるなぁ。
感想川柳「貫禄が かなり増した ボンドくん」

TVでやってたので観てみました。_φ(゚Д゚ )

犯罪組織スペクターによるNATOの核ミサイル強奪事件が発生。特命を受けたジェームズ・ボンドはバハマに急行し、スペクター幹部・ラルゴの愛人との接触を図るが、そこにはスペクターの罠が待ちかまえていた…というお話。


ショーン・コネリーは007を引退した後に
一回復活したことありますが


また変則的に復活( ゚A゚ )内容はサンダーボール作戦のアメリカリメイクとしてみたいですね

さすがにかなり髪の毛が薄くなっていますね(^o^;)
でも体格は大きくなってる?(´・(ェ)・`)

アクションは…( ゚A゚ )まぁしょうがない

秘密兵器もアメリカっぽいというか
結構ハデなものになってます((゚□゚;))


あの不思議なゲームはあんまり意味が分からなかったな( ・ω・)


一番ビックリしたのはローワン・アトキンソンが出てたこと(笑)( *´艸`)キャラもあんまり変わってない



んでまず( ´∀`)/~~
もうひとつの007だとしても、
あの曲を流してほしかったなぁ…
007のお決まりになってるサメさんと
謎ゲームのJAPANと
変わらない若きMr.ビーンが良き◎
SEA

SEAの感想・評価

2.9
幻の007番外編!
ショーン・コネリーはやっぱカッコイイなー
>|