みかんの丘の作品情報・感想・評価

みかんの丘2013年製作の映画)

Mandariinid/Tangerines

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:87分

4.1

あらすじ

アブハジア自治共和国でみかん栽培をするエストニア人の集落。ジョージア(グルジア)とアブハジア間に紛争が勃発し、多くの人は帰国したが、イヴォとマルガスは残っている。マルガスはみかんの収穫が気になるからだが、みかんの木箱作りのイヴォは理由を語らない。ある日、彼らは戦闘で傷ついた二人の兵士を自宅で介抱することになる。ひとりはアブハジアを支援するチェチェン兵、もうひとりはジョージア兵で敵同士だった。彼ら…

アブハジア自治共和国でみかん栽培をするエストニア人の集落。ジョージア(グルジア)とアブハジア間に紛争が勃発し、多くの人は帰国したが、イヴォとマルガスは残っている。マルガスはみかんの収穫が気になるからだが、みかんの木箱作りのイヴォは理由を語らない。ある日、彼らは戦闘で傷ついた二人の兵士を自宅で介抱することになる。ひとりはアブハジアを支援するチェチェン兵、もうひとりはジョージア兵で敵同士だった。彼らは互いに同じ家に敵兵がいることを知り、殺意に燃えるが、イヴォが家の中では戦わせないというと、家主が力を持つコーカサスのしきたりに則り、兵士たちは約束する。数日後、アブハジアの小隊がやってきて‥。戦争の不条理と人間性の尊さを描く感動作。多くの映画祭で受賞を果たしたエストニアとジョージアの初の合作。

「みかんの丘」に投稿された感想・評価

命の尊さ…

老人は1人木材を加工し、みかんの箱を作る。
2人の兵士が突然「腹が減った。飯をよこせ」と訪ねて来ても丁寧に対応。
兵士が去り、隣に住む同郷の友人とみかん狩りの相談をしている時、すぐ近くで銃撃戦が。
敵軍同士1名づつ生き残った兵士を、2人は介抱する。
老人の家で目が覚めた一方の兵士は、敵がすぐ隣の部屋で寝ている事を知ると「仲間の敵討ちだ、殺してやる!」と行動に出ようとするが、家の中で殺生は許さない、まずは怪我を治すのが先決だと老人は兵士をなだめた。
戦地の中の小さな家で奇妙な共同生活が始まった…老人は黙々と介抱をつづける


"面白い"映画ではなく"素晴らしい"映画。
啀み合う兵士達は"何"に捕らわれて、相手を敵とみなし殺めるのか。
人にはそれぞれの理念や信念が在り、それを受け入れるか否かによって、物の見方も大きく変わっていく。
相手を受け入れる事が、自らの敗北の様に思えてしまう為に、相手を理解しようとせずに傷つけるのかもしれない。
お互いが少しづつ理解し歩み寄るだけで、人は何一つ自分と変わらないと教えてくれる老人の強さの裏にある悲しみが胸を穿った。
兵士の「何故、ここを離れない?」の問に、「大好きだけど、大嫌いだからだ」と答える老人。
その姿は誰よりもたくましくカッコよかった。

素晴らしい作品だと思うので是非!
うめ

うめの感想・評価

4.3
アブハジア自治共和国。
そこで起きるジョージア人とアブハジアを支援する人による紛争。
しかし、そこには遠くエストニアから来た移民達も住んでいた。

静かに響く音楽。
一人、黙々と木を切る老人イヴォ。
その木で作られる箱は、隣人マルガスの作ったみかんを入れる為のものだ。
エストニアからの移民である彼等。
多くの仲間が帰国する中、こんな危険な最前線でなぜ?
様々な経験がそうさせるのか…
深く静かな湖を思わせるような瞳。
語る言葉が心を震わせる。

アブハジアを支援するチェチェン人のアフマド。
ジョージア人のニカ。
憎しみの当事者の二人が、第三者であるイヴォの家で暮らす。
みんなが背負っているもの。
悲しみが憎しみが渦巻いていても…
ふと、笑える瞬間。
心が通じ合える瞬間はあるんだ。


絶望で見えなくなってしまうけど…
信じたくなくなってしまうけど…
きっと希望はある。
あると信じなくてはいけない。
そんな気持ちにさせてくれる、素晴らしい作品でした。
ちよ

ちよの感想・評価

4.1
自分がこの映画の主人公のイヴォと同じ立場だったなら、二人を助ける事が出来ただろうか、それを見てる間ずっと考えてた。

知識がないので公式から引用するけど、コーカサスの国グルジア(ジョージア。2015年4月に法改正によって改名された)を舞台に、アブハジア紛争や南オセチア紛争などが絶えない中、農業を営む男性の元で起こったとある出来事の話。
ちなみに本作とは別にとうもろこしの島という映画もある。

イヴォは戦乱の地エストニアで、みかんの収穫を控えたマルゴスと、みかんの木箱を作りながら皆が避難する中2人だけ村に残っていた。頼んでいた手伝いも来てくれず、戦火が及ぶ前に大事なみかんを全て収穫したいと思っていたマルゴスとイヴォ。とある日2人の家のすぐ近くにで銃撃戦があり多数の死者が出る。2人が兵士達の埋葬をしてやっていると、生きている人間がいる事に気付く。重傷を負ったその人間は2人いた。殺し合いをしていた敵同士の2人だった。

アブハジアを支援するチェチェン人の傭兵アフメドと、ジョージア人のニカをイヴォ達2人はイヴォの家に匿い手当てする。アフメドの方がまだ傷は軽く、仲間を殺された彼は今にも敵であるニカを殺しそうな程憎んでいた。イヴォは2人を別の部屋に隔離し、この家にいる間は殺しあわないことを約束させる。

あらすじが長すぎたけど、このイヴォやマルゴスのような生き方を、戦地で、そして自らにも危険が及ぶかも知れない中こんな事ができるだろうか、と問いながら最後まで見てしまった。
正しい正しくない以前に、これが人間らしい生き方というものなんじゃないか。
イヴォとマルゴスは、善悪ではなく人ととして行動したんだと思う。

ジャケットにも書かれている、「世界は互いに閉じたままで、いまだに出会うことがない」という一文がまさにこの映画を表している。なぜ人は殺し合うのか、分かり合い慈しみ合う道は必ずしも無い訳では無いのに。不条理な話だけど、見た後の感情は後味の悪さではない。

ラストやエンディングがとても印象的で素敵でした。よかった。
ヅルオ

ヅルオの感想・評価

4.0
THE反戦映画ではなくて、日常の中でジワリと伝えてくる反戦。こっちの方が人には伝わるのでは?と思う様な作品でした
Tig

Tigの感想・評価

4.5
昨年みた映画の中では一番印象に残っている作品。ジョージアとアブハジア間の紛争を背景に繰り広げられる物語。
イヴォの含蓄ある言葉に観ている自分も襟を正す思いでした。明るくハッピーエンドの話では決してないけど温かな余韻を微かに感じさせてくれる良作。
『とうもろこしの島』に続く、
日常から感じる戦争。
一つ一つの台詞、掛け合い、心の通わせ方がいい。
何が起ころうとただそこで生きる。
sugi

sugiの感想・評価

4.2
この監督いいな。非常にいい作品だった。ノーマンズランド的な。ありがちな結末にならず、ラストの夜になりかけでライトのジープが美しい。

これ系って銃の扱いが鍵なのに、予想と違う使い方してたり、なかなか裏切り続けてくれるいい脚本かなと。
shin

shinの感想・評価

4.5
凄くいい!
色々な違いはあれど命を一番大事にして、押し付けがましくもなく、ありきたりでもなく、こういう戦争映画が必要だと思う。

ジョンレノンの"イマジン"のような
何があろうとも平和に淡々と生きていくという哲学も感じる。

エンディング曲も、いい!
えだ

えだの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

話の展開、メッセージ共に普通オブ普通過ぎて肩透かし

せめて敵同士の2人が相手も自分と変わらない人間なんだと気付くまでの描写をもう少し丁寧に描くべきだった

恐らく本作で観客に1番カタルシスを与えるべきニカがチェチェン兵たちに銃を放つシーンも、ニカの心境が変化していく過程の描写が乏し過ぎるせいで恐ろしく軽い

それにアフメドが良い奴過ぎて、びっくりするくらい早くニカを殺すのを諦めてしまう
そのせいで序盤の一触即発の緊張感がなくなり、中盤から場面がだれてしまっている

老人も酷い

時折りキレて2人に説教を始めるが、ただ"正論"を押し付けようとしているだけで、2人の心情に全く歩み寄ろうとしないから全然心に響いてこない

終盤、戦争が終わったらアフメドと2人でニカの演劇を観に行くかもしれないとか勝手に自分の妄想をドヤ顔で語るシーンとか気持ち悪いとか通り越して不気味過ぎる…

相手を理解しようとせず自分の常識や価値観に相手を無理やり当てはめようとすることこそ争いの火種なんじゃないの?だから、まだ紛争が続いてるんじゃないの?とか色々考えてしまう

あと、2人がそれぞれキリスト教、イスラム教を信仰しているのかぶっ込み方が雑&説明的過ぎるし、マルガスの存在や繰り返し強調される孫娘の設定とか物語上ほとんど機能していない要らんもんが多い
1992年アブハジア紛争を描く戦争ドラマ。アブハジア共和国とジョージアの、国境の狭間に取り残されたエストニア人のイヴォ。イヴォは、ただミカンを収穫したかった。

▼コーカサスにエストニア人?一応、冒頭のキャプションで100年前の入植の様子が語られていますが、エストニア人は随分と遠くまで入植したもんだ。日本人もハワイとかブラジルに入植してるので同じような感じかな?

▼エストニア人で、ミカンの木箱作りしている老人イヴォ。ミカン栽培している老人マルゴス。ミカンは完熟していて早く摘んで出荷したい。

アブハジア側のチェチェン人の傭兵アハメド。ジョージアの国境を守備するジョージア兵のニカ。
※ソ連が崩壊してジョージアも独立したがっていた。アブハジア側はジョージア独立を阻止したい。

老人イヴォの作業小屋の前で小競り合い。生き残ったのはアブハジアの傭兵アハメドと、ジョージアのニカ。イヴォの家の中で、殺す!やってみろ!の言い争い。でも2人は重症だった。立ちあがる事も出来ないジョージア人のニカは言う。「俺の国から出て行け」
医師ユハン先生の処置で快方に向かう2人の兵士。

▼マルゴスの畑のミカン畑は完熟していて一刻も早く収穫したい。それには30人の人手が必要。
イヴォの孫娘(写真のみ)
黄色のカセットテープ。
▼同じ言語を話す人間が殺し合う愚かさを、痛烈に批判する反戦の願いが込められている秀作。
※日本でも、ほんの150年前まで『薩摩だ、長州だ』って自国民同士で殺し合いしてましたけどね😅たぶん長州の末裔の安倍首相はNHK大河の『西郷どん』を歓迎していないはず(笑)

本作の48分頃にラジオの音楽で言い争いします。中東音階でクレズマーっぽいけれど、津軽三味線の様にも聞こえる不思議な音楽でしたね。

本作は登場人物5人のオッサンのドラマ。女性は写真のみで、全く登場しません。ヒロインが欲しかったなー。
※同じテーマの映画としては「ククーシュカ/ラップランドの妖精」が面白かったのでオススメです。
>|