みかんの丘(2013年製作の映画)

Mandariinid/Tangerines

上映日:2016年09月17日

製作国:
  • ロシア
  • グルジア
  • エストニア
  • / 上映時間:87分
    監督
    ザザ・ウルシャゼ
    脚本
    ザザ・ウルシャゼ
    キャスト
    レンビット・ウルフサック
    エルモ・ヌガネン
    ギオルギ・ナカシゼ
    ミヘイル・メスヒ
    ライボ・トラス
    あらすじ
    アブハジア自治共和国でみかん栽培をするエストニア人の集落。ジョージア(グルジア)とアブハジア間に紛争が勃発し、多くの人は帰国したが、イヴォとマルガスは残っている。マルガスはみかんの収穫が気になるからだが、みかんの木箱作りのイヴォは理由を語らない。ある日、彼らは戦闘で傷ついた二人の兵士を自宅で介抱することになる。ひとりはアブハジアを支援するチェチェン兵、もうひとりはジョージア兵で敵同士だった。彼らは互いに同じ家に敵兵がいることを知り、殺意に燃えるが、イヴォが家の中では戦わせないというと、家主が力を持つコーカサスのしきたりに則り、兵士たちは約束する。数日後、アブハジアの小隊がやってきて‥。戦争の不条理と人間性の尊さを描く感動作。多くの映画祭で受賞を果たしたエストニアとジョージアの初の合作。

    「みかんの丘」に投稿された感想・レビュー

    ハヤテ
    ハヤテの感想・レビュー
    5時間
    4.8
    こういう映画を見るとなんともやるせなくなると同時に今の自分がどれほどまでに恵まれているか痛感するし、この恵まれている環境下でいかに自分が無駄な時間を過ごしているのかを考えてしまう。僕は彼らのように銃を持たないし、宗教を信じてない。ましてや、愛国心は皆無。 でも、彼らは違う。銃を持つのがきっと当たり前で殺らなきゃ殺られる。教育を受けれてない人も中にいると思う。そんな彼らに今の自分は見せられない。だから、頑張らないと。そう思いました。






    映画は、すごくよかったです。戦争について、またヒューマンドラマの要素もあり、最後のアハメドがニカの音楽を聴きながら車を運転するシーンは、すごく好きです。

    面白いので、ぜひ見て欲しい。
    2wd4wdRocK
    2wd4wdRocKの感想・レビュー
    1日
    3.9
    熱い暖炉の蓋摘んだ指を耳たぶで冷やす仕草とか、カセットテープに鉛筆刺してテープ巻き取るとか何故か親近感。

    ロシア車好きにはたまらない。

    UAZとかニーヴァとかが出てきてテンションあがってしまった。

    タイトルと設定がとうもろこしに似てるけど、こっちの映画はタイトルミスだと思う。
    ミカンはメインじゃない。
    まぁ当たり前だけどね。

    でももっと他のタイトルがあっていいと思う。

    とうもろこしはトウモロコシがメインの映画だし、タイトルをとうもろこしの島以外に付けようがない。
    gosunny
    gosunnyの感想・レビュー
    1日
    3.4
    悪くはないけど似たような作品があるからか半減してしまった。
    人間って国や宗教、人種関係ない。
    先入観や偏見は捨てるべき。
    蟻子
    蟻子の感想・レビュー
    1日
    3.7
    道徳の教材VTRみたいな、すごくメッセージ性の強い映画でした。

    戦争の虚しさとか、こういう現実もあるってことから目を逸らしちゃいけないのはわかるんだけど。今の自分の世界とかけ離れているし、自分の好みで言えばちょっと重たすぎで、あと舞台の戦地についての知識がなさ過ぎてごめんなさい…。
    私は泣かなかったしそこまで高評価にはならないけど、とても沁みる部分もありました。大切に後世に残していきたい映画のひとつなのではないでしょうか。
    KH
    KHの感想・レビュー
    1日
    3.8
    ジャケットにジジイが写ってるとヘビーな匂いがするから敬遠するけど、ジジババ好きな嫁に勧められ借りましたが、所謂これこそが映画みたいな作品でした。設定を聞いた時からなんとなく結末をわかっていたような、なんとなくそーなってほしくないと思いつつもやはりそうなったかと、すげーその辺のまとまりが80分ととても良く、綺麗な映画でした。見て損はないとゆーか、こーゆーのこそ見なきゃならんとゆーよーな映画。最近の変化球とゆーか、奇襲戦法どえーす‼︎みたいな映画ばっかりだった気がするからそのギャップもあって良かった。
    takerootsboy
    takerootsboyの感想・レビュー
    2日
    4.7
    すっすばらしい! 家2軒の周辺で、4人だけの間に起こる、ほんの90分の小さなドラマのなかに、紛争と平和のすべてが凝縮されていた! 珠玉の傑作! 最初はちょっとだけ民族関係がややこしく見えたけど、以下の事だけ頭に入れておくと大体の流れが分かる。ドラマの舞台は、ロシアから独立したジョージアという国内で、ジョージアから独立したいと思ってるアブハジア人たちの自治区。ここでは、ジョージア人とアブハジア人の紛争が続いており、アブハジア側はチェチェン人の兵士を雇っている。で、ジョージアに住んでいたもうひとつの民族エストニア人には戦火を逃れるために、大半がヨーロッパの自国に戻って行ったんやけど、主人公の爺さんイヴォと、みかん畑を所有している隣人マルガスは、ジョージアに残っている。ある日、彼らの家の外で、ジョージア人とチェチェン人の撃ち合いが起こり、全員死んだかと思われたが、外に出てみるとそれぞれの側がひとりずつ重傷を負って生き残っていた、というとこから話が始まる。イヴォは彼らふたりを自宅で介抱しはじめます。ふたりとも徐々に回復して、イヴォを命の恩人と感謝し、敵同士お互いを憎み合うのいいが家の中では殺し合いをしないよう、とイヴォに約束させられる。エストニア人、ジョージア人、チェチェン人が一堂に会し、食事をくり返すうちに、彼らの憎悪の心に変化が起こり始める。争いの原因となっている国や民族の差異は、誰かが勝手に決めた概念的な枠組みでしかなく、取っ払ってしまいさえすれば、何の違いもない、同じ人間同士であるということが、非常に巧みな作劇を通して明確に伝わってくる。そして、生身の人間というベースに立ち返ったときに、民族同士の殺し合いがいかに無意味であるか、なのにいかに簡単に、そして無意味に、そこに巻き込まれてしまうかを鮮烈に浮かび上がらせる。その衝撃的なクライマックスのやるせなさといったらハンパじゃない。その後のエンディングは、一気に涙がボロボロこぼれ嗚咽を禁じ得なかった! 何てことだ! 何てことだ! イヴォは彼のすべてである最愛の娘がエストニアに帰ったにも関わらず、ジョージに居続けていた。その理由が、あまりにもやりきれない悲劇をきっかけに明かされます。からの、カセットテープ。うわああああああああ!!! 最高! 時々流れる物悲しげな音楽も、俳優さんたち四人も、最高だった! また見たい!
    nori
    noriの感想・レビュー
    2日
    -
    戦争は誰のためにやるもの?
    国のため?
    自分のため?
    この映画は、それを考えさせる。

    みかんのなる村に住むエストニア人。
    他の者は国に帰ってしまったのに残った2人。
    1人はみかんを獲るため、もう1人の老人は分からない。
    そこに敵対している国の2人がケガで老人の家でケガを治す。
    個人になると、敵対意識もなくなってくる。
    なんで目の前の者を殺すのか分からなくなる。

    しかし、そこは映画、そのままでは終わらない。
    老人は、何があってもエストニアに帰ることはないことだけは分かった。
    その理由が悲しい。

    戦争は上層の人同士だけでやればいい。
    YuichiHattori
    YuichiHattoriの感想・レビュー
    2日
    4.3
    アブハジア紛争を背景にみかんを育てる二人の老人の前に怪我をした二人の敵対する兵たちが運ばれてくる。最初は歪みあってたが次第に奇妙な友情が生まれてくるというあらすじ。
    非常に静謐な作品だけど人間の尊厳、争うことに対する無情感など約90分の短い尺の中に力強く大切なものが込められていた。イヴォの言葉で「なにが違うんだ。」という言葉はこの映画を象徴するメッセージであり印象的だった。
    まつこ
    まつこの感想・レビュー
    3日
    4.3
    アブハジア紛争を背景に人の尊さ、争いの不条理を描いている本作。

    おじさんの優しさとユーモアに救われる。とってもあったかいのに現実を感じるととっても冷たい。

    戦争が終われば同じ空間で手を叩けるんだと笑い合っていた矢先に訪れる死の雨。

    なんのために戦うの。
    誰のために銃を握るの。
    一体、いつまで続けるの。

    「何が違うんだ」ってちょっと離しても相手を受け入れようとするおじさんに涙が止まらなかった。

    映像も音楽もだけど、おじいさんのすべてが心に沁みる。いい作品を観たなぁ。

    『ここが大好きで、大嫌いだ』
    Marrison
    Marrisonの感想・レビュー
    4日
    4.3
    戦いがちな二つの“善”が、さらなる上の善へと和解(アウフヘーベン)していく図って、いつ見ても美しい。善悪二元論でしか世界を見ず、しかも自分は常に善の側にいると信じ込んで心狭く暴力を振るっていく幼児性を、世界はいつか卒業できるのだろうか。
    その卒業までに、どうせまだまだ幾千万もの命が犠牲にならないといけないのだろう。もちろんもちろん私は死にたくないし、他人が死ぬのを見るのもやはりまっぴらだ。

    エンドロールの音楽(いわゆる主題歌)って、大抵はあってもなくてもいいものなのだが、この映画の場合は心の底からイイナと思わせてくれた。悲しいままに。
    >|