みかんの丘の作品情報・感想・評価

みかんの丘2013年製作の映画)

Mandariinid/Tangerines

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:87分

4.1

あらすじ

アブハジア自治共和国でみかん栽培をするエストニア人の集落。ジョージア(グルジア)とアブハジア間に紛争が勃発し、多くの人は帰国したが、イヴォとマルガスは残っている。マルガスはみかんの収穫が気になるからだが、みかんの木箱作りのイヴォは理由を語らない。ある日、彼らは戦闘で傷ついた二人の兵士を自宅で介抱することになる。ひとりはアブハジアを支援するチェチェン兵、もうひとりはジョージア兵で敵同士だった。彼ら…

アブハジア自治共和国でみかん栽培をするエストニア人の集落。ジョージア(グルジア)とアブハジア間に紛争が勃発し、多くの人は帰国したが、イヴォとマルガスは残っている。マルガスはみかんの収穫が気になるからだが、みかんの木箱作りのイヴォは理由を語らない。ある日、彼らは戦闘で傷ついた二人の兵士を自宅で介抱することになる。ひとりはアブハジアを支援するチェチェン兵、もうひとりはジョージア兵で敵同士だった。彼らは互いに同じ家に敵兵がいることを知り、殺意に燃えるが、イヴォが家の中では戦わせないというと、家主が力を持つコーカサスのしきたりに則り、兵士たちは約束する。数日後、アブハジアの小隊がやってきて‥。戦争の不条理と人間性の尊さを描く感動作。多くの映画祭で受賞を果たしたエストニアとジョージアの初の合作。

「みかんの丘」に投稿された感想・評価

yoshimin

yoshiminの感想・評価

4.0
何が違う?
何も違わない。

人種や民族、宗教が違うだけで、人として大切なことは何ひとつ違わない。

敵同士だったけど、優しいおじいさんのおかげで、ジョーク言って笑い合ったり、助け合ったり、人としての気持ちを取り戻していくふたり。
わかりやすい!
正直ね、異国の地の戦争映画って背景とかわからんし、横文字の名前チーム達が戦ってるからめちゃ混乱して苦手なんですよ。
でもね、この映画わかり易い。
教科書みたいな優しさ。
チームAとチームBの戦い。
憎み合うよねー、最初は。
でもミカン爺さんに二人とも助けられるよねー、どうなるかな?
わかるよねー。

『戦争てやっぱり良くないよ』
と、そう素直に思える。
そんな映画。
Matsuzoh

Matsuzohの感想・評価

3.9
牧歌的なタイトルだけど・・・

ジョージア(旧グルジア)とエストニアの合作の戦争映画

ジョージア西部、アブハジア、1992年、ソ連崩壊後ジョージアは独立、自治権を失うことを恐れアブハジア自治政府も独立宣言したが、ジョージアと戦争になる
・・・そのアブハジアには100年前からエストニア移民がいたが、開戦後続々帰還。少数が残る中での物語
(「帰る」という表現になってたけど、100年経ったらみんなアブハジア生まれで「帰る」感覚でもないだろうね・・・)

地域に3人だけ残るエストニア人は、ミカン農家と、ミカンの木箱を作る老人と医者
老人の顔 ↓ が味があっていいですね

地域で戦闘があり、傷を負った兵士2人が老人の家に助けられる。
1人はアブハジア側の傭兵、チェチェン人。
1人はジョージア人。

どちらも最初は瀕死だが、治療を受けて徐々に回復
呉越同舟で一触即発だが、老人が「うちにいる間は手を出すな」と、いさかいを制する・・・

隣のミカン農家を含めて、ほぼ4人で展開していく物語
基本敵対しながらもじんわりと交流も生まれる2人の兵士

さてどういうところに着地していくのか思っていたら・・・

最後に現れる人たち、これが誰なのかが、残念ながらよくわからず展開をよく飲み込めませんでした

実際、あらすじをネタバレしているサイトでも全然違う解釈に分かれていて、それはおかしくない?というのもあり、英語のwikipediaでそっちだろうな・・・と納得した次第

なるほど、と思うのですが、それはやはり映画の中で飲み込みたかったな~と
それならもっと高評価でした

紛争自体あるのは知ってましたが、詳しく知るきっかけになったのは良かったですし、「敵対関係」も状況によって変わっていくあたり、興味深い所でした

劇場では同時上映してたというもう1本のアブハジア映画「とうもろこしの島」も観てみたいかな~
natsuko

natsukoの感想・評価

4.5
とにかく良作。たくさんの人に知ってほしい映画。

なぜ、二人だけ残ってみかん収穫?

じいもマルゴスも優しい

四人でバーベキュー嬉しい

パンと野菜スープとゆで卵

いっつもカセットテープ直してる

戦争って?民族って?なんだろ

四人とも皆んないい奴


あれ、絶対 みかん酒 だね(´∀`)





感想川柳「向き合えば 個人で争う 理由無し」

予告が気になって観てみました。。φ(..)

アブハジア自治共和国のエストニア人集落。この集落ではみかん栽培が盛んだったが、ジョージアとアブハジア間の紛争により、多くの人が帰国してしまった。しかし、みかんの収穫が気になるマルゴスと、みかんの木箱作りのイヴォの2人は集落にとどまっていた。ある日、マルゴスとイヴォは戦闘で負傷した2人の兵士を自宅で介抱する。1人はアブハジアを支援するチェチェン兵、もう1人はジョージア兵で、彼らはお互い敵同士だった。同じ家に敵兵がいることを知った兵士たちは殺意に燃えるが、イヴォは家の中では戦わせないことを告げ、兵士たちは戦わないことを約束する…というお話。

これもとうもろこしの島と同じグルジアの内戦絡みですが、こっちの方が戦争の虚しさや同じ人間でなぜここまで憎しみ合い、争わなければいけないのか?という感じが強いです。(゜_゜;)

舞台はアブハジアで主人公はエストニア人、アブハジア側の兵士は傭兵でイスラム圏、ジョージア(グルジア)側の兵士はジョージア人のキリスト教徒と、世界で最も多様な人種、言語、宗教な地域なだけあって複雑。(*_*)でも個人として向き合えば争う理由は見当たらない。(。´Д⊂)これはイスラエルとパレスチナだろうが、白人と黒人だろうが変わらないと思います。とは言え一度憎悪に駆られてしまうと戻れないんだろうなと( ´_ゝ`)

クライマックスもああなるとはね…((((;゜Д゜)))イヴォがここに留まる理由も悲しい。

これ以上世界に憎悪が広まらないように願うばかりです。(-_-)
戦争が残すものは
悲しみと憎しみしかない。
GK

GKの感想・評価

4.0
仮に北朝鮮とアメリカが戦争になり、日本が巻き込まれたとして、自分たちはどうすべきなのだろうか。
慌ててミサイルが飛んでこなそうな過疎地域に避難する?それとも国を守るために自衛隊に入隊する?(北朝鮮人は全員敵?)
色々な選択肢があるだろうが、経験したことがない事態に慌てる人がほとんどだろう。


本作はどうだろうか。

ジョージア(グルジア)のアブハジア自治共和国でみかん栽培をするエストニア人のイヴォとマルガス。集落のエストニア人はエストニアに避難をしてしまったが、彼らは残ってみかん栽培とその木箱作りを続けている。

彼らは戦争に加担しようとはしない。食料を求める兵士がいれば何も言わずに食料を与え、家の近くで兵士がなくなれば何も言わずに埋葬する。そして、負傷している兵士がいれば、どこの兵士かは関係なく介抱をする。

一見彼らは何も考えてないように思える。来るもの拒まず、淡々と目の前の事象に向き合うだけ。動揺はしない。

ただ、イヴォとマルカスは「集落に残る」という選択をしている。他の皆が避難してしまった状況下、大きな選択だ。

また、介抱している兵士達(アブハジアを支援するチェチェン人アハメドとジョージア兵ニカ)がお互いを「殺す」と言い争えば、イヴォはこう主張する。

『殺す殺すと。そんな権利誰がお前らに与えたんだ』

アハメドは答える。

『この戦争だ』

その言葉に対し、イヴォは言う。

『ばかやろう』

その言い争いの前、乾杯をする際に、イヴォはこうも言った。

『死に乾杯』

『君ら(助けた兵士2人)は死の子ども達だ』


イヴォにとっての死とは、戦争に参加することなのである。
戦争に参加し、普通の生活を放棄すること。それはすなわち人間性を放棄するということだ。国や宗教が違ったら、相手がどんな考えを持っているかは関係なく殺すというのは、人間性の放棄でしかない。


だからイヴォはみかん作りを手伝い続けている。だからイヴォは、それが誰であろうと、お腹をすかせていたり、怪我をしていりしたら、特に何も聞くことはなく助ける。戦争がない時と、できるだけ同じ生活を送ること。それが彼の戦いなのだ。


この映画を観て、『この世界の片隅に』を思い出した。イヴォよりも受け身ではあるものの、主人公すずにとっての第二次世界大戦は「できるだけ変わらない生活送ること」だった。

『これがうちらの戦いですけえ』

彼女はそう言っていた。


戦争になる前、戦争になった後でも、それに反対なのであれば自国の方針に異を唱えるべきだと思うが、どうしようもなくなったときにできることと言えば「可能な限り人間らしい生活を送る」ことなのだと思う。


最後に、日本語版公式サイトの監督メッセージを引用したい。

”私の主観的な考えですが、人間にとって一番大切なものが芸術です。この「みかんの丘」には、人間の精神、尊厳にとってとても強い人間的なメッセージが込められています。私は映画、芸術が戦争を止めることが出来るとは決して思ってはいません。しかし、もし戦争を決断し、実行する人たちがこの作品を見て、少しでも立ち止まり、考えてくれるならば、この映画、芸術を作った意義があったと考えています。”
Tak

Takの感想・評価

3.9
人間味に溢れた良作でした。老人の温かさが通底にあり、戦争映画なのに安心感を感じながら観ることができました。
難しい題材かなと敬遠されている方にも、実はとても見易い作品ですよとおすすめできそうです。
男騒ぎの夏
>|