みかんの丘の作品情報・感想・評価

みかんの丘2013年製作の映画)

Mandariinid/Tangerines

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:87分

4.1

あらすじ

アブハジア自治共和国でみかん栽培をするエストニア人の集落。ジョージア(グルジア)とアブハジア間に紛争が勃発し、多くの人は帰国したが、イヴォとマルガスは残っている。マルガスはみかんの収穫が気になるからだが、みかんの木箱作りのイヴォは理由を語らない。ある日、彼らは戦闘で傷ついた二人の兵士を自宅で介抱することになる。ひとりはアブハジアを支援するチェチェン兵、もうひとりはジョージア兵で敵同士だった。彼ら…

アブハジア自治共和国でみかん栽培をするエストニア人の集落。ジョージア(グルジア)とアブハジア間に紛争が勃発し、多くの人は帰国したが、イヴォとマルガスは残っている。マルガスはみかんの収穫が気になるからだが、みかんの木箱作りのイヴォは理由を語らない。ある日、彼らは戦闘で傷ついた二人の兵士を自宅で介抱することになる。ひとりはアブハジアを支援するチェチェン兵、もうひとりはジョージア兵で敵同士だった。彼らは互いに同じ家に敵兵がいることを知り、殺意に燃えるが、イヴォが家の中では戦わせないというと、家主が力を持つコーカサスのしきたりに則り、兵士たちは約束する。数日後、アブハジアの小隊がやってきて‥。戦争の不条理と人間性の尊さを描く感動作。多くの映画祭で受賞を果たしたエストニアとジョージアの初の合作。

「みかんの丘」に投稿された感想・評価

A1Q

A1Qの感想・評価

3.6
ミカン農家の爺さんが敵同士の負傷兵助けて静かに熱く日常送ってグルジア人を息子の隣に葬るオハナシ。
「何が違うのか?答えてくれ」
みー

みーの感想・評価

5.0
素晴らしい!
87分という短い時間にギュっと思いがこめられていた。

戦争映画の概念がかわった。
よくぞこの分数で、これだけまとまった内容が出来たなと感心しました。
心を揺さぶられるという作品は、このこと。
紛争時にみかん箱を作っているおじいさんとみかん農家のおっさん。そしてその2人が近くで救出した2人の兵士の物語。

2人の兵士が敵同士というところがポイント。

主要人物がこの4人しかいないミニマムな構成ながら紛争や戦争の愚かさをきっちり伝えてくれる作品。

箱作りのおじいさんが語る言葉が沁みます。

トランプと金正恩も一週間位同じ屋根の下で暮らせば考え方も変わり、くだらない争いもなくなるんじゃないかと思わされます。

ビーフジャーキー。
とうもろこしの島と同時上映。つまらなくないけどメッセージ出しすぎ
lgKaoring

lgKaoringの感想・評価

5.0
これ…なんていい映画なんだろう。

87分という短い中に戦争の愚かさが、分かりやすく絶対的に描かれている。

「なにが違うんだ?」

なにも違わない、みんな同じ人間。
敵が全員悪人な訳はない。

戦争の不条理さを改めて考えさせられた。

多くの人にお勧めしたい映画。
いや観るべきだ。
出来れば世界中の人に観てもらいたいと思う。
とてもいい映画でした。

一軒家を中心に描かれる映画が好きなので非常にツボをつかれました。
tomoccoco

tomoccocoの感想・評価

4.0
復讐は不への連鎖の始まり。
個人で繋がること、他人を思いやること、そのより多くの連鎖が憎しみを減らすと信じます。
たくさんの人がこの映画を観ると良いのになぁ。

それにしても、多民族、陸続き、とは大変なことよ…。
これ見たらなんで戦争してるのかアホらしくなってくるだろうに
Bom

Bomの感想・評価

3.8
戦争とは。人間とは。短い間でとても大きな題材をぎゅっと詰め込んである。イヴォとマルゴス、敵同士の2人。4人の実際の生まれもエストニアとジョージアなところも合わせて凄いです。
初観作品2017年~352本目
>|