みかんの丘(2013年製作の映画)

Mandariinid/Tangerines

上映日:2016年09月17日

製作国:
  • ロシア
  • グルジア
  • エストニア
  • / 上映時間:87分
    監督
    ザザ・ウルシャゼ
    脚本
    ザザ・ウルシャゼ
    キャスト
    レンビット・ウルフサック
    エルモ・ヌガネン
    ギオルギ・ナカシゼ
    ミヘイル・メスヒ
    ライボ・トラス
    あらすじ
    アブハジア自治共和国でみかん栽培をするエストニア人の集落。ジョージア(グルジア)とアブハジア間に紛争が勃発し、多くの人は帰国したが、イヴォとマルガスは残っている。マルガスはみかんの収穫が気になるからだが、みかんの木箱作りのイヴォは理由を語らない。ある日、彼らは戦闘で傷ついた二人の兵士を自宅で介抱することになる。ひとりはアブハジアを支援するチェチェン兵、もうひとりはジョージア兵で敵同士だった。彼らは互いに同じ家に敵兵がいることを知り、殺意に燃えるが、イヴォが家の中では戦わせないというと、家主が力を持つコーカサスのしきたりに則り、兵士たちは約束する。数日後、アブハジアの小隊がやってきて‥。戦争の不条理と人間性の尊さを描く感動作。多くの映画祭で受賞を果たしたエストニアとジョージアの初の合作。

    「みかんの丘」に投稿された感想・評価

    レイ
    4.3
    途中まで観て「別にフツーだな」とか思ったそこのアナタ(私がそうだった)、最後まで観なさい!

    じいさん(イヴォ)がとても良いじいさんだ。

    そして音楽がとっても良いのだが、エンディングの歌で え?ってなった。
    正直気分が崩れたよ…………。残念。
    同じ題材の『とうもろこしの島』よりドラマ性とメッセージ性が強い作りになっている。
    こちらの方が一般受けしやすいと思う。
    人間関係、というか闖入者との仲の変化を描いた類の映画

    そのせいかテーマが似てても映像の構成や美しさがメインだったとうもろこしの島と比べると視覚的に見劣りしていた

    でもバーベキューのシーンやラストシーン等叙情的な場面も多少見受けられたから決して悪い映画ではない
    中庭
    2.8
    主人公の老人の手や目線のクローズアップはなく、お茶を淹れる仕草自体はほとんど特権化されない。唯一、オープニング含め二度スクリーンいっぱいに映し出される「棺」を作る手の動きも、決して長くはもたず、感情の移り込む余地はあまりなさそうだった。
    つまり、台詞の内容と、繰り返される喧嘩の仲裁場面の質の変化を注意深く観察する必要がある。自分はそれを、極限状況に置かれた人間の厚みがどれだけ削られるかということを表現するための試みととらえた。
    sukekooo
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    戦争モノが好きで、前から観たいナーと思っていた作品。

    泣いたー。

    こんなにも簡単にスッと胸の奥に感動を与えてくるとは…。
    主人公・イヴォの暖かさは勿論、多くを語らずに伝えてくれる男らしさ、勇敢さ。自分の家を守る信念。素晴らしかった。
    最後のシーンはただただ予測出来ただけ、ひたすら悲しい気持ちになってました。敵国兵士が持ってたテープを聴きながら終わるなんて、…小さく号泣。

    映画館で観たかったと後悔。
    途中までは、正直平凡な映画だなと思って観てた。けど最後まで観るともう涙が...
    戦争ってなんなんだろうね。
    「何も違わない」のに。
    haru
    4.0
    このおじいちゃんを抱きしめたい。
    静かでスローなのに緊張感に満ち、
    短く濃密で心温まる悲しい映画。

    エストニアとかよく知らないけど
    現代の戦争映画を観てると
    日本は平和すぎて申し訳ないで候。
    >|