青の炎の作品情報・感想・評価

青の炎2003年製作の映画)

製作国:

上映時間:116分

3.5

「青の炎」に投稿された感想・評価

諦め

諦めの感想・評価

4.3
高校生がゆっくりじっとり追い詰められていくの好きすぎて、暗い気分の時に見てさらに暗い気分になる。
ak205

ak205の感想・評価

4.0
自分の境遇と重なる部分があって共感できた。
こういう雰囲気の映画が好き。
あと、こんなお兄ちゃんがいたら確実にブラコンになっている…。
kitsun8

kitsun8の感想・評価

4.2
切ないですね。
高校生の全て誰にも吐き出せない、自分の中の葛藤の表し方が上手。ニノの表情、雰囲気の出し方、素敵です。
普段はふんとしてるのに母、妹に出す顔は優しい。

音楽、古っぽくとられた映像、部屋の空間、鎌倉の綺麗な景色、私は好きです。

切ない映画なのに、警官のおっちゃんは可愛らしくて、ちょい役の唐沢さんや竹中さんが出てくるのもちょっと笑える。
遠藤勲

遠藤勲の感想・評価

3.8
切なく悲しい映画
松浦亜弥が下手だけどいい味出してる
結末が悲しすぎるだけに余計良かった
また見たい。義理の父?が妹に手出す→殺す→トラックに突っ込む。 生まれて初めて、こんなシリアスな映画を見た10歳くらいの私には衝撃の映画でした。隠そうとするけど、どんどん追い込まれる(?)描写がツラかった…。落ち込みながら泣きたい時はコレ!13.9.7
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.5
久々の再鑑賞。家に居着いてしまった継父を殺害。目撃した同級生も殺害。完全犯罪には程遠いけど刑事が矛盾をつく。ラストは記憶になかったけど中々衝撃的。二宮は若い。上手。松浦亜弥は微妙。山本寛斎がちゃんとしていたなぁ。
苺猫

苺猫の感想・評価

3.8
小説が好きすぎて、楽しみにしてたのに色々原作と違ってショックを受けた記憶。
ニノがハマってた。良かった。
この子こそ幸せになってほしいと何度願ったかわからない。
のん

のんの感想・評価

3.5
タイトルの意味が分かったら切ない

どこでどうしたら結末が良くなってたのか考えてしまう〜
更紗屋

更紗屋の感想・評価

3.5
原作から先に読ましたけど、本だと心情が読めば分かるんですが、この映画は映像によって心情を表しているので、見る人によって登場人物の解釈がだいぶ変わってくると思います。私はちょっと分かりにくかったです。でも10代後半の揺れ動いてる心みたいなのは映像で表せてる気がする。あと、完全犯罪に向けて準備した部分、警察が真相にたどり着く過程がやっぱり少し足りない気がする。紀子との関係も微妙すぎる。友達達ももう少し関わりが深くてもいいと思う。ただ、紀子は松浦亜弥さんで正解!ニノはうーん、正解かは分からない⋯。
あと本に書かれてない、石岡拓也がどうして金を借りたかったのか、秀一の計画を実行しようと思ったのか、なんかは映画の方がわかり易かった。要するに若者の浅はかさを際立たせてる気がする。悪くはなかったけど、小説の方が良かったですね。
mayu

mayuの感想・評価

2.2
私は映像も音楽も好きな感じじゃなかった、すみません。前後の苦悩とか迷いとかが少なくて考えが浅いようにみえる、それは小説に比べたらしょうがないかー。あとお母さんが他人のような冷たさで、家族愛が薄い。あややは人形のよう。最後のカットも長すぎて。
でもニノの一生懸命でカッコつけた切ない高校生の雰囲気は良かった、ニノはずっとすごい。
>|