TOKYO!の作品情報・感想・評価

「TOKYO!」に投稿された感想・評価

piyo

piyoの感想・評価

3.0
世界のTOKYOのカオスさが出ていて良いと思う。
正直よく分からない、なぜ東京に住んでるのか、という問いへの答えにも類似する。
なぜこんなにも人を王寄せ付けるのか、そうよく分からない街なのだ。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.6
“世界の巨匠が見た、光と希望の影に包まれた真実の東京”…“世界で最もクールな都市 TOKYO”を三人な外国人監督が日本人俳優で撮ったオムニバス作品。
今時の風変わりなカップルに焦点を当てたシュールなミシェル・ゴンドリー監督、“糞”みたいな幼稚な事件が増えつつある日本を皮肉ったレオス・カラックス監督、引きこもりをネタに独特のラブ・ストーリーにしたポン・ジュノ監督。
やはりポン・ジュノ監督がグッジョブだったが…TOKYO?!ってタイトルにしたい苦笑の余韻(笑)

このレビューはネタバレを含みます

1作品め
こんなに役に立ったと思えるのは初めてだ
2作め
あまりわからなかった
3作品め
宮崎あおいの存在感。
K

Kの感想・評価

3.5
3人の監督のそれぞれの作品をあつめたオムニバス映画。

ミシェル・ゴンドリー監督作品のインテリア・デザイン
映画作家を目指す恋人と一緒に上京してきた女性の物語。

レオス・カラックス監督作品のメルド
下水溝から神出鬼没に現れる、言葉も通じない謎の男の物語。

ポン・ジュノ監督作品のシェイキング東京
10年間引きこもり続けていた男の物語。

ありそうでない、東京を舞台にしたストーリー。東京という巨大都市のある特徴をめちゃくちゃ誇張したらありえそうな世界。そんなストーリーがなんともアーティスティックで良かった。
福田

福田の感想・評価

3.7
海外の監督3人がそれぞれ日本人を使って東京で撮っているオムニバス

『インテリアデザイン/ミシェル・ゴンドリー』
後半からの安部公房みたいな奇妙さが面白い
ミシェルゴンドリーってこんな感じだっけ?

『メルド/レオス・カラックス』
汚い人がマンホールから出てくる
風刺的で言いたいことがあるのはわかるけど ポンヌフの恋人を観ればいいかなと思ってしまった

『シェイキング東京/ポン・ジュノ』
個人的にはこれが一番気に入った
10年引きこもっている男と🍕、地震
香川照之×蒼井優
ちよめ

ちよめの感想・評価

3.4
椅子とマンホールと宅配ピザと

『インテリア・デザイン』
拭いきれない世にも奇妙な物語感
荻窪と下井草に何回×付けるんだろうっていう使い回しが少しだけ残念
中銀カプセルタワービルをチョイスするセンス◎

『メルド』
一文字菊と紙幣
裁判の際、返しで何故か置き去りにされるフランス語
びっくりするほど下手な尋問からのあの判決はちょっと面白い

『シェイキング東京』
すごくよかった
西川美和監督に続きポン・ジュノ監督によってまたもや「ゆれる」香川照之
チーズエンドスペシャル Mサイズ ¥1,525

このレビューはネタバレを含みます

一話目
こういう主人公は自分のことを言われているようで嫌い。
椅子の描写は初め夢かと思った。
安部公房の棒を思い出した。

二話目
結局メルドとはなんだったのだろうね
ゴジラの曲と歩き方がすごいマッチ
メルドが菊を持って寝てる姿が良かった
メルドと弁護士の会話は何を見せられてるんやって感じ笑
ニュースのシュールな感じは敢えてなのか、それとも監督の日本のイメージなのか
どちらにせよ嫌いじゃない

三作目
一番好きだった。
みんな引きこもり。
引きこもっても行きていけちゃう世の中
でも、今でないと一生出られなくなる
映像美でした
みんな完璧というけどほんとに完璧な部屋
ピザ配達の蒼井優良さしかないな
タトゥーのデザインも可愛かった
そして香川さん演技上手い
モブ竹中も良かった
たみお

たみおの感想・評価

3.8
1話目 人ごととして見てられない
3話目 香川照之の家の中で考えていることや行動は人間味があって共感するし、だからこそいい部屋、いい空間だなって思った 磨りガラスの怖い切り取り方天才…
ANAMI

ANAMIの感想・評価

3.5
世にも奇妙な的ノリでTOKYOで起こる3つの短編集!
ミシェルゴンドリー目当てで見て、加瀬亮そのものを自分として見立ててるっぽい。カメラワークとかお話含め、ミシェルゴンドリーっぽくて可愛らしい!
カラックスのも死刑!って赤文字テロップと糞がシュールでサイコーにおもろかった(笑)
あと最後の蒼井優は100点です。
IKIYUICO

IKIYUICOの感想・評価

4.0
わたしにはどうしても面白かった
不思議で奇妙で可愛いお話

3本目特にとても好き
2本目はまあええねん、ええんよ。
>|