スワロウテイルの作品情報・感想・評価

「スワロウテイル」に投稿された感想・評価

私の好みではなかった。
リップバングルの花嫁は良かったんだけどな。
キャラに芯が無かったせいかな。
ストーリーもなんだかな。
世界観も中途半端。
長くて飽きた。
歌が有名だったから映画の存在も知ってたけど、こんな人達がでてたの?って感じ。
世界観が最高。
九龍城みたいな中国スラム的埃っぽさのある雑多感と、日本の見慣れた都市が隣り合わせになってる感じ。それもあって、単なるファンタジーじゃなくて地続きの場所で起きてるリアルな物語に仕上がってる。

映像美が素晴らしい。光の使い方が綺麗。センス抜群でグラフィカルなカットが沢山ある。

少し話が膨らみ過ぎなきがしたけど、最後の方で一気に持ってかれた。
雰囲気映画かと思いきや、起承転結しっかりしてる。頭から尻尾までずっと面白い。
映像がエモかったり、
ハラハラしたり、
グロさにゾワゾワしたり、、
んで最後は泣いてしまった。


圧倒的な非日常で描かれてるんだけど、描かれてるテーマが妙にリアルだから共感できる。
要約すると
「金に吸い寄せられて集まってた連中が最後に金で買えないもの、夢より大切なものに気づく」ていうありがちなお話。でも金のため夢のために仕事ばっかしてる社会人には案外響きそうかテーマなんだよな

最高の世界観で、妙なリアリティもありつつ、B級映画バリの雑さもあって。
これをセンス抜群の美しい映像で撮ってるから、かなりゴチャゴチャしてる。でもバラバラな感じはせず、よーく纏まってる。エモい映画なんだ〜。

そういう点で岩井俊二にしか撮れない映画に感じた。もう一度観返したい。


あとCHARAがアジア系の立ちんぼにしか見えなくなってしまった
みき

みきの感想・評価

4.5
生きようとする力に泣いてしまった
アゲハがお金を燃やすところで我慢できなくなった(;_;)言葉にするのがすごく難しい
この映画を見て何も感じない人とは仲良くなれないと思うくらいには心に来た
とても挑戦的な作品。長いけどなぜか飽きずに観れてしまった。言葉で表せないのになぜか胸に残る。これは芸術だ。絆の話だと思った。

貧困、犯罪、スラム、音楽。精神性はGet Downに近いものを感じつつ。よりリアルな何か。現代と地続きなものを感じる。特に僕の住んでる街は出稼ぎの外国人が多いから。
ユーコ

ユーコの感想・評価

3.6
悪夢であればまだ良かったかもしれない

Charaさんが好きです。個人的な好みではこれだけです。ストーリーにハマる美術と世界の描写はさすが岩井さん。
Charaはイイ女だし伊藤歩は透明感がすごくて良かった。会えそうで会えないのが切ないね
mandry

mandryの感想・評価

4.5
イェンは危険。
お腹にカセットテープ。
用心棒のパンチは強い。
ストーリーよく分からなくても好き。
映画のための唄があると大体名作。
●'98 9/?〜『静かなる俊英〜岩井俊二特集』
(初公開: '96 9/14〜)
配給: 日本ヘラルド/エース・ピクチャーズ
ワイド(ヨーロピアンビスタ)
ドルビー
9/23 11:20〜 テアトル新宿にて観賞
フィルム上映
ドルビーSR映写
パルコ購入不明
深い世界観でのめり込まれそうになった。
特徴的なシーンが多すぎて飽きない
>|