北京的西瓜(ぺきんのすいか)の作品情報・感想・評価

北京的西瓜(ぺきんのすいか)1989年製作の映画)

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.6

「北京的西瓜(ぺきんのすいか)」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

八百屋と留学生の日中交流

実話に基づいて制作されたらしく
内容については個人的にお父さんがどんどんお金を費やして家庭が危うくなる描写がしんどくて

正直終わりがいい話になったからいいものの
けっこう観てる側がハラハラする内容だったので途中辛かったよ

それはそれとして終盤の突然のカメラ目線は、奇をてらったのか関係者への誠意だったのかどっちだったんだろう?

自分としてはちょっとだけ気分が冷めたのであんまり好感には思ってない
an0nym0us

an0nym0usの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

大林監督作品を連投してみました(笑)

昔ながらの下町の喧騒や、そこに集まる人情味あふれる人々と中国人留学生との交流…その中での軋轢、葛藤。時を経て、真価を見出す…人間らしさを感じる作品。

現実に真摯に向き合って作られたんでしょうね…ちょっと驚く展開を見せます(笑)

中国も経済成長を遂げた…とは言え、それも『一部の都市において』という限定的なもの。日本よりわかりやすく格差がある。

私は経済的困窮だとか、倒れるほどの空腹だとかを感じた事が無いので…彼らのことを真に理解できているとは言い難いですが…どんなに剣呑な事件が起こっていても、日本は安全で平和な部類の国だと思います。

私も留学組でしたが…向こうの教室では驚きました。それから恥ずかしくなった。

日本人は当たり前のように義務教育を受けられる…学校という場所の価値を、恵まれた環境に身を置く者が理解できてないなんて皮肉な現実ですよね。

まぁ、作中では留学生の彼らが勉学に励んでいる姿は見えてこないんですが(苦笑)

中国人グループらしさは、存分に描かれていたかと思います。彼らは大所帯で集まりますからね(^_^;) チャイナタウンって言葉の存在自体がその性質を物語ってますね。
連帯感がスゴいんだろうな。

私はフランスでは、周囲の日本人の人たちとは距離を置いて、極力ヨーロッパ圏の人たちと過ごすようにしてました…

部屋に置いたラジオからは常にニュース番組を流して、ナチュラルスピードのフランス語が耳に馴染むようにして…

そういえば私の映画好きも、フランスで映画ばかり観てたからってのもあります。
学割で安いのでよく通ってましたね。
これもけっこう訓練になるんですよ。

たまにジブリ作品とかリバイバル上映されてるのを観たり…後は名探偵コナンのマンガを読んで『説明』に使える表現を覚えたり…新聞の要約を習慣付けしてましたね。

で、そこまで追い詰めたから日本語が覚束なくなってしまった…という事です(。-_-。)
ニポンゴ、ムツカシーデェス(爆)

そうすると…新しく渡航してきた日本人の方から頼られるようになったりするんですよね。銀行の口座開設だとか、学校や領事館の手続きだとか…多岐にわたって色々とね。学校の先生が斡旋してきたりするし。

来たばっかじゃチンプンカンプンだろうしな…と、少し手助けすると、めっちゃ甘えん坊になる人とかいるんですよ(^_^;)

だが断る!( ´Д`)

…って言えればいいんだけどね(苦笑)

頼られると、なかなかノーとは言えない。
そういう時でも一人で頑張って、語学の糧にすべきなんですけどねぇ…

そういう時の「やれやれ、私も人がいいなぁ」みたいな事とかも思い出しました。

監督が真に描きたいものを素直に受け止められてはいないんだけど…なんとなく懐かしい気持ちにさせていただきました(笑)

この映画から30年が経とうとしていて…
前進しているのか…不安になります。

日中友好…もう十分?まだ足りない?
たぶん足りないんだろうな…(´-ω-`)
大林宣彦監督が描く日中友好作品。

船橋で八百屋を営む夫婦(ベンガル、もたいまさこ)であるが、ある時、怪しい青年が店にやって来る。野菜を見るだけで、買わないのだ。
次の日も来た怪しい青年に夫が話かけると、中国人留学生であり、野菜が高くて買えなかったのだった。ジャンケンで買ったら10円で売ってあげる、とジャンケンして中国青年が勝って安く買う。その次の日もジャンケンに来るが、今度は負けて野菜買えず。
といったやりとりが続いているうちに、「八百屋のお父さん」が「中国人留学生たちのお父さん」になっていく。
中国人留学生の中に、綺麗な女性が一人いる。

ホノボノとしていて良い映画なのだが、中国のホテル風景かと思ったら夫(ベンガル)が「ここは中国ではなくセットです」などと種明かししてしまうあたりがシラケた。ちょっと残念。

全体的には悪くない。

<映倫No.113066>
僕はこの作品の頃は高校生だった。当時の日中関係は外交レベルでも庶民感情レベルでも今とは違い良好だった。しかし、バイトに行った先とかに留学生の人とかがいてもあまり上手に交流出来なかった。
今とは違い中華人民共和国はとても貧しい国でその中の超エリートである彼らと、バブル期真っ只中の日本人では話題も全く噛み合わないのだ。
そういった状況を背景として、この作品は作られている。あの当時にこれを映画にしようと取り組んだ大林監督はとてもアツいね。
猫

猫の感想・評価

3.8
初見だと思い込んでいたが、その昔TVで観ていた😅
でもスクリーンでは初鑑賞。雪のせいか貸切、ありがとうございますm(__)m

始終、もたいまさこ(妻)の立場で観ていたような気がする。だってベンガルの事、私は途中、許せなかったもん。
それでも、夫婦。
映画の妻は、何とか自分の気持ちをやりくりしながら
夫の気持ちを尊重して見守る。
できた奥さんだよ、ホントに。
それだけではベンガル(お父さん)の立場がないから言葉を添えよう。
困っている人達を助けようと思い行動できる姿は立派。
映画はそれを
純粋な善い話としてだけで描いているのではなく、慕われる気持ちよさのエゴも描いている。
そしてさり気なく文化の違いも。
言いたい事も。
もたいまさこに、勝手な事をして
すまない、と謝るベンガルの姿は
監督自身が奥さんに言っているようにも聞こえた(笑)

笑いや親切は、伝わり、お返し(必ずしも、その本人にではなく)される。中国の言い伝え
"人から受けた一滴の水は
湧き水にして返せ"(不確かです)という言葉。
国が違っても、人間の本質は同じじゃないか…
そして八百屋のお客さんが言う
「彼(彼ら)は当たり前の事をしただけだよ。今は世間の方が当たり前じゃなくなってきているんだ」
これは、1989年公開映画の中の台詞。
30年近くたった現在は
もっと
当たり前が乖離しているのではないかと…危惧する。

 2018.01.26 刈谷日劇にて鑑賞
そこまでとてもよいだけに、そこからの転調に、フィクションが現実に振り回されてどうすんのと当時は興醒めしたものだけど、今となっては立派な歴史の証人。今こそ見たい、見て欲しい。
映画男

映画男の感想・評価

4.0
良い映画やな〜。

八百屋の親父と中国人留学生の交友録。

これ観て中国人のこと前より好きになった。

演劇界で活躍する熟練の役者たちの芝居を堪能できる、これも良い。
新文芸坐の大林宣彦映画祭にて。

もたいまさこ理想の人間過ぎる。ラストのトンデモ展開はわたしは好きだなあ
mingo

mingoの感想・評価

3.8
もたいまさこ、わかっ!どこまでいってももたいまさこ。ベンガルとの夫婦良すぎか。
印象的だったのは街や人々の雑音がこれでもかと聞こえてくる。どの会話が大事な台詞なのか分からないくらいみんながしゃべっている。時代が良すぎてもうタイムスリップしたすぎた。80〜90年代の人の豊かさ今と比較すると別次元異常だろ、平和そのものか、、、
やはり本作も大林節炸裂!撮影中に天安門事件が発生したことにより撮影スケジュールの変更を余儀なくされ、劇中で事件に対する抗議を込め37秒間の空白場面が挿入されている。これにはビックリしたが、その後の飛行機の演出もにくい。大林の映像表現っていつも斬新で、映像で語ることの面白さ、こだわりがとても好き。優しい優しい映画。
もたいまさこが眼鏡を外して顔にクリームを塗るシーン。
美男美女ではない中年ばかりが飲んだくれる居酒屋のシーン。
終盤に皆が集まる場で夫婦が並んでぎこちないスピーチをするシーン。
>|