ネイキッドの作品情報・感想・評価

「ネイキッド」に投稿された感想・評価

じょー

じょーの感想・評価

3.0
ロンドンを舞台にした、彷徨うロードムービーのようだった。

しかし、語られるテーマは人生そのものかもしれない。
平凡な日々にも人はささやかな悦楽や苦悩を持ち合わせて生きている。
それが他者には苦痛を与えたり、不快を与える。
人と人の微妙なすれ違いを描いているのだろう。

自分に置き換えても、優しさ、触れ合いを求めていても、なかなか互いを理解するのは難しい。
ただ、まだ人生という旅の途中。
傷ついていても、前に進んで生きていくのが人生そのものかもしれない。
shin01

shin01の感想・評価

2.5
この映画はなんだなんだろう・・・

会話劇には引き込まれるけど、内容が意味がわからん・・・
最後まで面白く観れたけど内容が分からん・・・

登場人物がみんな異常でしたw
道のカップルの彼氏とお金持ちの性癖が変な人がなんなのか意味がわからん・・・
たむ

たむの感想・評価

3.3
マイク・リー監督は人間の心理ドラマの巨匠の一人ですが、本作はその中で最も激しい欲望の映画です。
たなか

たなかの感想・評価

2.7
あらすじからして最初に入り込めなかったらきついだろうなと思ってましたが、意外に最後まで面白く観てました。

レイプシーンはちょっときつかったけど、、

ジョニーみたいなダメ男は本当にいるからね、、うん、、

そしてルイーズみたいになるんですよ女は…
紫色部

紫色部の感想・評価

3.5
2017.10.28 U-NEXT

ロンドンの闇を彷徨するデヴィッド・シューリスの圧倒的魅力!「空間の管理人」と議論を交わす中盤辺りがべらぼうに良い。
水曜日

水曜日の感想・評価

2.5
「Naked」剥き出しの恋愛が描かれるドラマ。

一見すると女性に対する剥き出しの暴力的で性欲をする男たちが「Naked」のように見えるが、類ゆる感情から逃げて安住を求める主人公こそが、真の「Naked」に他ならない。

ラスト、足を引き摺りながら歩く男が彼の多難な「逃げ人生」を表している。
boliwa

boliwaの感想・評価

3.9
嘲讽力max
与保安的哲学对话真是笑喷了。
究竟是谁对生活对世界一无所知,反正不是我。
ask

askの感想・評価

4.8
おれマイクリーめちゃめちゃ好きだわ
こんな素晴らしい映画が3点台前半ってどうなってんだ
ゆみな

ゆみなの感想・評価

3.2
これ感想書きづらいですよね。

主人公ジョニー(デヴィッド・シューリス)が、とにかくダメ男なんですよね。レイプまがいのセックスをして、逃げるように町を出て、昔の恋人ルイーズに会いに行く。ルイーズに会いに行ったはずなのに、彼女の同居人ソフィーとすぐさまセックスをして、恋人のような関係を求められて逃げていく。夜の町を彷徨いながら、それでも誰かと関わりたくて話をすれば、彼の口から出てくるのは終末論などの暗い話ばかり。

これ、たいした脚本もない…って話をチラッと目にして、それであれだけ捲し立てるように会話をしてるんだったら、デヴィッド・シューリスとんでもない役者だな…!って思いました。

ジョニーみたいにめんどくさい男に惹かれる気持ちも分かるんですよ。女って振り回されるの好きだよね。ルイーズなんて可哀想だな。弱った彼を甲斐甲斐しく世話して心が通じたと思えば、彼はそれをすり抜けるかのように逃げていく。
ラストシーン…確かに凄く記憶に残りましたけど、彼は一生根無し草のようにそこやあそこを彷徨い歩くんだろうな…って考えたらちょっと切なかったですね。

この映画、カンヌ国際映画祭の監督賞と男優賞を獲ってます。若いユエン・ブレムナーも拝めたので満足ですね。
keiji

keijiの感想・評価

2.8
聖書や古代哲学を口にしながら徘徊する男の話。人生に絶望した男の物語としても中盤の「空間の警備員」との会話劇しか引き込まれず。
>|