郊遊 ピクニックの作品情報・感想・評価

郊遊 ピクニック2013年製作の映画)

郊遊 Stray Dogs

上映日:2014年09月06日

製作国:

上映時間:138分

3.6

あらすじ

「郊遊 ピクニック」に投稿された感想・評価

花子

花子の感想・評価

5.0
台北市で、無宿父親と子供たち二人は避難所を探す。
「郊遊」は今の時代の一番最高の映画だと思う。各ショットの像と迫力は永遠に忘れられない。
ツァイミンリャンの商業映画の引退作。とにかく長回しが多くセリフも少なく芸術要素の強い映画に思えた。最後に彼の描きたい事を好きなように表現していた気がする。今回も雨、川で流れるボートなど水の描写が印象的。映し出された人や場面の奥にあるものを考えさせる作風は素晴らしい。特に最後の長回しを乗り越えた鑑賞後は自然と感動できた。
セリフが、少なく、映像多目。
全然わからんかった。
トイレの送風機で髪を乾かしていたシーンは印象に残った。。
koms

komsの感想・評価

-
空調機の真下の席に座ってしまって死ぬほど寒かったのですが、この映画を観るのはこの地獄のようなシチュエーションくらいでちょうど良かったのかもしれない。でもやっぱりご飯美味しそう。
o8o

o8oの感想・評価

4.0
圧巻のラスト

壁、廃墟、雨、灯り、砂利、流れ出すボート、画、全ての要素が登場人物の心の中を映す

子供の、父のキャベツへの愛情表現
菩薩

菩薩の感想・評価

4.5
食うと寝ると出すのバランスを崩すと、人間は結構簡単に壊れるという事をこの監督はきっと知っている。かつて一人で店に立たなければならない仕事に従事した事がある。一人なのだから例え尿意を催しても、便意を催しても、自分のタイミングではそれを排出しに行けないなんて事はしばしば、食うに関してもゆっくり食事を摂るなんて事は出来ず、手に出来る食物も近くのコンビニでそれらしき物を、確実に毎日飽き飽きしながら、そんなストレスに脅かされて行った自らの身体は、簡単にバランス感覚を失い、本来は回復の儀式であるべき睡眠は、ある日を境に完全なる試練へ姿を変えて行った。自分の体内がどんどん黴ていくのが分かる、初めは白く、彼らを守る為の物だったあの壁の様に。黴ていく人間が住み着いた、黴ていく家の集合体である、黴ていく社会で滞った、本来は循環の果てに処理されるべき物(者)達、増えすぎた生物は本来共喰いを始めその数を自然に減少させていくべきなのだろうが、人間が生み出した「倫理」というまやかしはそれにストップをかけ、違う形での共喰いへと人類を導いた。いくら都市を築こうとそれはつまるところ自然の一部に過ぎない、需要と供給のバランスを欠けば余剰が生まれ、それは放棄されていく。ハッピーバースデー、キャベツ、一皮剥いた所で綺麗にはなれない人間、だがその芯の部分が一番の甘みを有する、あの野良犬達の様に仮初めの宿に留まりながら現代社会を漂い、社会に餌付けをされながら、ただ「試食」として消費されていく姿が今日も都市の片隅をさすらう。彼らが発する強烈な臭いを無視し続けて良いものか、この「消費(観たい)」と「生産(作りたい)」のバランスを著しく欠いた名ばかり引退作に込めた願いでありメッセージは、そんな所にある気がする。
奏

奏の感想・評価

4.0
おそらく定点カメラのみで全て長回し、カット数を始め台詞自体が本当に少ない。稚拙な感想だけれど、難しかった。
もう一度劇場で観たい。
ぐ

ぐの感想・評価

4.5
ツァイミンリャンが好き、と言えた映画である。
長回しのシーンがいちいち美しく、現実的かつ色味が綺麗で、カーションの動きも圧巻。
話のうえでは表層と深層意識の狭間のような印象だけれども、ひとつの作品として上質である。
エンタメではなく、時間芸術として、自分は最高の作品のひとつだと思う。
わかるけど!
序盤の雨風に耐えながらフード被って、立て看板構えて…ジェダイのようだった
今年からツァイミンリャン監督作品を見始めた。
「青春神話」「河」では、洗面所で「カァーッペッ!」とおじさん特有のうがいをしていたのはミャオティエンだったが、本作ではついにリー・カンションがおじさんうがいをしていたので感慨深くなってしまった。
ツァイミンリャン作品の面白さは、人々の生活におけるギリギリ決壊しそうなラインの綻び加減にあると思うんだけど、本作は最初から崩壊している状態だからひたすらに孤独。そして流した涙も乾ききる長回し。
>|