あなたになら言える秘密のことの作品情報・感想・評価

「あなたになら言える秘密のこと」に投稿された感想・評価

一人で過ごすことが多い主人公が、心を閉ざしたきっかけとは。

人は謎が多いと惹かれる傾向があるが、その過去の重さに耐えることができるか?
事実、一生癒えない傷というのもあると思う。死んだ方がマシかもしれない。
黙っている人が話したいのなら聞くが、無理に話させるのは……相応の覚悟が必要だと思った。
muka

mukaの感想・評価

3.6
ヒロインが徐々に身体的に精神的に負った傷の事に心を開いていく。

ただラストがあまりピンと来なかった。
azusa

azusaの感想・評価

3.5
画の切り取り方、雰囲気がおしゃれ。

現実から離れた海の上。
なんだか雲の上に居るような気分になった。

皆、様々な問題を抱えて日々を生きる。

皆、孤独。

……………
戦争。絶えることのない "きず" 。
(部隊が海だからと言う意味ではなく)湿度100%の空気がまとわりついてくるような映画。
無音と言うBGMが効果的に使われている。
テーマがテーマだけに「死ぬまでにしたい10のこと」と比べるとものすごい暗いです。
でも、こういうのすごい好きだな。
Cettia

Cettiaの感想・評価

3.9

暗いけど良い映画です。
メンタルの調子が良いときに。
最後は救われたはず
yoshiko

yoshikoの感想・評価

4.6
決して忘れられない映画である。北海に浮かぶ製油所で、彼女が語るそのことば、質感、肌の映像、等々。私が性暴力の問題に関心を持つようになった遠いきっかけの一つは、10年以上前の公開時に見たこの映画にあると、いま改めて思う。戦争や内戦が起きるたびに、あるいは紛争がなくても日常の中で、どのような暴力が起きるのか、それがなぜどのように語られないままに心身の記憶の中に沈んでいくか。映画を見ることで、観客である私たちはそのことを自分の心に受け止め、あたかも自分の身に起きたことであるかのようにありありと感じとる。それは、私の中から消え去ることはないのである。
何の予備知識も無く鑑賞、想像していたものとは異なりシリアスな内容。
主人公は孤独で心を閉ざす女性。
主人公演じるサラ・ポーリーとティム・ロビンスのやり取り、会話にグッときた。
iceman

icemanの感想・評価

3.8
原題 " 言葉に秘められしもの "

一人になること、それは孤独を背負う事。

人は傷つけば傷つく程その訳を言えなくなるもの。

不自由で必要な事以外話さない主人公、しかし人をわかりあえる為には会話が必要だ。

一人が好きな人も本来決して一人が好きではないはず。
一人でいる時間が好きなだけ。
それは私にも言える事だ。

何気ない一言で安心したり傷ついたり…
人の心の中を写したショッキングな作品。

強烈な事件、事故、天災、戦争…
決して風化させてはいけない。

"運命の皮肉"

傷は一生消えない…

フィクションであり全てがこうなるとは思わないが、ラストの台詞は温かくとてもいい。
なにわ

なにわの感想・評価

4.0
何も調べずに見たら結構重め。
ティム・ロビンスがだいぶ渋かった。
あと流れる音楽が美しい。
人は誰もが何らかの秘密を抱えて生きていると思う。
ただ、この映画のそれは途轍もなく重い。
支えてくれる家族が出来たとしても、時が経ったとしても、一生消えない傷というものがある。
最後のあの陰鬱な表情が忘れられない…。
>|