フリーダの作品情報・感想・評価

「フリーダ」に投稿された感想・評価

喵來

喵來の感想・評価

4.5
最初のシーンのつながりが確かに感動ものだった🥲




ディエゴリベラとトロツキィとフリーダの話映画で見たいなって思ってたらこんな映画があったとは。シケイロスがバンデラス様だしトロツキィジェフリーラッシュだし役者は豪華。。。

てぼーっと見てたらアレハンドロディエゴルナじゃねえか。。。!!!!!!!見てよかった!!!!!🤤✨一目で気づいたわしもすげえwwwまあ喋り方がルナたんなんだけどねwwww手の動きもルナたん。。。変わってないのよ。。。🤤✨

バンデラスおじさん役作りすげえな。うめえな。
ドックオックもすげえ役作り。。全然違うもんな。。

全体的にいちごとチョコレート思い出した。南米なんてみんな雰囲気似てるよな。芸術と思想は切り離せない。。。
芸術家なんてこんなもんかあ…という………


インド映画かって音楽でびっくりした。ただ名前とおばちゃんがメキシコだ。あとガイコツくんの使い方(死の表象)がメキシコだ。(でも英語)

奔放な少年少女の描き方最高。。。。。
にしてもフリーダ同じ人。。?子役だったら変わり目がすごい自然だったし、同じ人だったら演技すげえな。同じ人か。。。。。

カットごとに絵画のような雰囲気があって綺麗だった。結婚式と髪切るとこの絵がすげえ好き✨
結局前妻と仲良くなっちゃってるのかわいい。。

なんだかんだ結構(大人な)コメディで面白い。
キングコングの使い方すごくよかった〜
あとミニピンはお猿よりおバカですねw


ヨローナ〜の挿入歌がすごくよかったのに最後英語の曲でびっくりした。好きな感じの曲だけどwww
Moet

Moetの感想・評価

3.5
鮮烈で劇的なフリーダ・カーロの人生、心も身体も痛くて苦しい思いをたくさんして、だからこそあれほどの絵が描けたのだなと。絵画を演出の要素としてとても上手に使っていて素敵だ。
matsu

matsuの感想・評価

4.0
障害がありながらも、現実に屈することなく強く明るく生きたフリーダ・カーロの波乱の人生が、カラフルに躍動的に描かれている。

宗教的なジェンダーに屈せず、信念を持ち奔放に生きた彼女のキャラクターはサルマ・ハエックにぴったり。
Riy

Riyの感想・評価

3.8
フリーダとディエゴの生活、人生がほぼ網羅されていて、先ずは満足しました。流石に建物や衣装まで色彩は豊かに音楽も良く。
ジェフェリー・ラッシュやエドワード・ノートンの登場も効いています。
TONY5

TONY5の感想・評価

4.0
フリーダやディエゴをの事を理解出来てとても良かった。素敵な映画
フリーダカーロ記念館がより楽しめた!!
剃れるぐらい欲しいよぅ眉(T.T)。

同情の余地無しなくらい、思うがまま活き活きと生きたように描いているので、あっぱれというか、オマエらやってろというかw。
ご本人もあの眉毛と口周りの毛で、うかつに軽々しくスリ寄ってくんな!って腕組みして生きてたのかも。
なまじ美人だから、カタに嵌めて見られる時代?

ひょっこりジェフリー・ラッシュが出てきて私ときめき。
え、オキーフは?
asquita

asquitaの感想・評価

3.1
フリーダもディエゴも、顔だけでなくサイズ感までリアルなのはすごい。ただ、この手の映画は明らかにスペイン語圏の話なのに英語で話が展開するだけで、どうも気持ちが冷めるわたし。そして、バス事故とかアニメーションも交えてやたら描写がきれいだが、あまり彼女の人生を掘り下げる上では関係ないかな…と思ったりすると、イマイチ集中できなかった。きっとわたしは既にフリーダの伝記を知りすぎているからそう思うのかも。
クミ

クミの感想・評価

3.0
フリーダについては、「ヘンリー・フォード病院」「ひび割れた背骨」の絵が特に印象深く記憶に残っていて、特に「ひび割れた背骨」の印象があったから、ずっと寝たきり生活をしていたのだと思っていたけど、夫ディエゴ・リベラとの関係、存在含めキレイに描いてた。

絵から実写?になるの面白いし可愛かった。
さぁ

さぁの感想・評価

4.3
フリーダの絵がちょこちょこ出てきて凄く可愛くて、絵から実写になって、絵画みたいに何回でも見れる映画。そこが好き。

フリーダの絵は、なんていうか、カラフルで可愛くて、あとちょっとアンリ・ルソーに似てると思ってた。
けど、この映画を見た今は、強さとか悲しさとか、心の奥の感情を感じるように見えてくる。

こんなに自由で激しくて、でも最後まで絵を描き続けて、ディエゴを愛し続けた。
ディエゴもずっとフリーダの理解者だったのはほんとにお互いが必要だったからかな。素晴らしい人生だと思う。

本物のフリーダの絵を見たい、絶対に。そして今すぐTシャツとかが欲しい。
sasha2022

sasha2022の感想・評価

3.8
激しい愛と憎しみ。同盟と裏切り。機能不全なのに切れない依存関係。キャリアと障害と人生。
政治家であり芸術家であり、魅力的なパワーウーマンである大胆不敵な女性フリーダ・カーロの伝記。肖像画のような鮮やかな作品。トラブルと厄介事続きの人生。苦痛が明らかに人生の大半を占めてるのに"今日も一日なんとかうまく耐えられた。明日もうまくできるはず"という人生への対処の仕方がすごい人だと思った。誰よりも人生の愛し方を知ってる女性。事故で脊髄骨折、鉄棒が膣を貫通する大怪我を負い、一生激しい痛みと闘いながら、持ち前の情熱とエネルギーでハンディキャップを乗り越えた強い女性。女に甲斐性がない有名画家でありアトリエのオーナーのディエゴとの結婚。被写体モデルとの浮気が止まらない夫に我慢する日々、女性との浮気。壊されても切れない関係。間で差し込まれるアニメーションが素晴らしい。眉毛が繋がってるのに美人なのは本物の美人!マニーシャみたい。

"夫婦円満の秘訣は?" "忘れることさ"
>|

あなたにおすすめの記事