極私的エロス 恋歌1974の作品情報・感想・評価

極私的エロス 恋歌19741974年製作の映画)

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.7

監督

「極私的エロス 恋歌1974」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

とっくに終わってしまった渋谷アップリンクの特集上映「挑発するアクション・ドキュメンタリー 原一男」にて鑑賞。

特集上映はすべての回でトークショーが付くのだけれど、本作は原一男監督の話を聞いたことで、面白さがグッと増した映画。内容は前半は三角関係物語で、後半はその関係から男がはじき出され、女性同士が絆を強めていく物語だという。

原監督と結婚し、3年半過ぎた後、経済的に男に世話になるのは嫌だとして離婚し、もうけた男の子を連れて沖縄に渡ったウーマンリブの活動家・武田美由紀さんが、自力出産する自分の姿を見たいから撮って欲しいとお願いしたことが本ドキュメンタリーのきっかけ。

原監督は考えたそうだ。クライマックスの出産シーンにもっていく過程で、3年半の間にあった非難されるされるようなことを、つまり人に聞かせたくないようなことを美由紀さんは追求するだろう、果たして自分はそれに耐え、カメラを回し続けることができるのだろうか、と。

そしてドキュメンタリー監督の性なのか決意した、耐えよう、カメラを回し続けよう、カメラは止めない、と。

美由紀さんが原監督のことをボロクソに言えば言うほど彼女が光輝く一方で、原監督は反論できないという構図。ある時、黒人兵と同棲しているという手紙をもらいインタビューに向かう。まだ恋愛感情が残っている中で、嫉妬の気持ちが出ないか心配だったが、男性も含めたインタビューの最中、感情の高ぶりはなかった。

ところが、さらに踏み込んだ話しを聞くため美由紀さんと一対一になるとそれは一気に爆発する。たまたま見学に居合わせた友人にカメラをまかせ、原監督は突如、画面に登場する。本作ハイライト場面のひとつ。

屈辱を受けた原監督は逆襲に転じる。現在の妻で、原監督が所属する失踪プロダクション代表の小林佐智子さんを映画のためと口説き落とし、録音助手として連れていく。狙い通り嫉妬する美由紀さん。かくして三角関係の物語が出来上がる。

しかし、女性の間でしか共有できない出産を控えていたからか、美由紀さんと小林さんの関係が少しずつ変わっていく。そのことが明らかになるのが、大半の人が意図した映像と勘違いする、原監督「一世一代の不覚」のピンボケ出産シーン。美由紀さんが陣痛の苦しみに耐えるために叫んで呼んだのは「小林さーん」。

ああ、これこそ人生の深淵、1970年代の男女関係の空気感(らしい)。終盤のもう一つの出産シーンでは原監督、すなわち男の存在感は薄れ、女性と子どもたちの共同体があるのみ。

ということで、人に見せたくないものを映像化することを通じて、人間と世界とかかわり、その真理の一端を垣間見せてくれる原監督の作品の中でも結構好きです、本作。

●物語(50%×4.5):2.25
・聞かないと良くわからないところがアレですが、物語としてかなり面白い。

●演技、演出(30%×5.0):1.50
・空前絶後の作品における2人が凄いとしか。

●画、音、音楽(20%×2.5):0.50
・話を聞くとピンボケが残念過ぎる。
masajyo

masajyoの感想・評価

4.0
赤線地帯コザ吉原の社交街がまさしくこんな感じだったのかも
5畳程のアパート一室で股の間から子どもの頭がみえる衝撃
mew

mewの感想・評価

4.4
原一男作品は好きだが、それにも増してオーサカモノレールの中田さんとのトークショーに釣られて鑑賞イベントへ。
衝撃。武田ゆきこのパワーに当てられて少々のぼせ気味に。しかし何故かもう一度観たいと。。。
yusuke

yusukeの感想・評価

3.0
かなり私的な内容なのに見れてしまうのは、共感とかでは全くなく、時代感に対する好奇心や、男女関係に対する下卑た知的欲求によるものか。刺激的だ。
なつ

なつの感想・評価

3.9
どの作品も応援歌だ…倫理観ない人も居るけど…どの人も、その人なりに懸命なんだよ、生きてる。
ドキュメンタリーを撮るって、フラットな目線が必要だし、ときに共感し、その人に取り込まれて同化しそうになる時もあるんじゃないかな、これの疲弊感は想像を絶すると思う。
監督、新作の水俣病作品の為に、自分で海に潜ったと、97回も。
片耳が聞こえなくなったんだって。
魂削ってるなぁ、だからこそ猛烈に伝わってくる事があるんだよな。

で、本作は極めて、私的(笑)
・元彼女の武田さん(監督の子どもを出産し、別の男性の子を妊娠)
・今彼女の小林さん(監督の公私のパートナー)
二人の出産シーンが最大の見せ場!
武田さんが小林さんに激しく嫉妬するシーンに苦笑。でもね、出産シーンでは、連帯感たっぷりの二人に、あぁ人間くさいなぁ笑った。
武田さんとの情事のシーン(監督は映っていない)…よがっている女の顔は、ブスだなぁと苦笑しつつ…
情事後の、まどろんでいる武田さんの安心・満足したような表情のアップシーンは、とてつもなく愛くるしく美しい。
監督の子どもが、ぬるっと生まれたシーンは、驚愕だったね。
生まれたてで恐ろしいほどソックリ(笑)
たぶん10年ぶりくらい二回目。一回目は学生で、ただただきわどいものを見た、って感じだった。今回はなんだかかなり感動した。武田さんの人となりや活動、小林さんの思い(映画づくりへの情熱、血縁が欲しかった)をトークとかで聞いた後で、見ると、感慨深いものが。出産シーン、あんまり覚えてなかったけど、ほんと圧倒された。この時代のコミューン熱すごいな。。
もしかして母になってから見たらまた違う感想を持つかもしれない。(今のところその予定はないけど)

こういう強烈なもの見るとさ、自分って生きてるのかな?って問いかけたくなっちゃうな。原一男監督の作品はいつもそう。
meyeey

meyeeyの感想・評価

3.6
今の時代の感覚からすると武田美由紀という人物にいまいち共感できず、遠い目で見てしまった

これを撮ろうとした監督に対しても相当な変わり者だとは思うのだけれども、監督が言うように70年代はこういう時代だったんだなてことが、ドキュメンタリーを通じてリアルに伝わった

映像として記録して共有することの大切さ、
女性の野生的な生命力を感じさせられた衝撃作品
kyoko

kyokoの感想・評価

3.8
原一男まつり@アップリンク
橋口亮輔監督とのトークショーつき。

冒頭から不明瞭な言葉に苦しんだ。音声と映像がズレまくりなので、英語字幕に頼るしかなく、かなりストレスが溜まる。
リタイアして出てしまったおじいちゃんもいたわ。

なんていうか…恥部のかたまり?
出産シーンがあるから、というだけでなく、ありとあらゆる種類の感情が恥ずかしげもなく露出されて、この映画が性器そのものに見えてくる。

そして「ドキュメンタリーとして面白くするための爆弾」は、2作目にしてすでにしっかり投じられていて、この監督やっぱクセものだわ、と思わずニヤリとしてしまった。

最後には監督も含めて画面から男が消えた。
女と子どもしかいない、そこはまるでユートピア。

出産シーンのピンぼけは狙ったものではなく、本当に失敗したのだと監督は力説していたが、個人的にはぼけたぐらいでちょうどよかった(笑)
時代の記録とか「撮られることを本人が希望した」とか、作り手のそんな言い訳じみた言葉に従って盲目的に映画を観る必要なんてないし、蛮勇と裏表の計算とか愚直と同居する狡猾を極私的のマジックワードで覆い隠そうとするえげつなさが個人的にはダメージ大。

面白いものを見たとも思うが厭なものを見たとも思う。原一男の映画がすばらしいのは撮影者のそうした共犯性を自分を餌に引き出して、撮る側が共犯なら撮ったものを観る側も共犯なのでは、と捨て身で問いかけてくるようなところがあるからだと思っているので、これも、メンタルの安全地帯から単なる面白い映画として消費することなく(原一男は戦略的にそれを望んでいるように見えるが)、できる限り厭な気持ちを引きずっていきたいと思う。
C

Cの感想・評価

-
めちゃくちゃさらけ出してて本当に極私的エロス。自力出産のシーンが凄すぎる…
未練から映画を撮るなんてみゆきさんにめちゃくちゃ惚れてたのかなと思ったけど何が良いのか分からない。現実の恋愛なんてそういうもんか。
みゆきさんは強いんじゃなくて未熟さ弱さから自分を守るための見せかけの強さなんだろうなあ
>|