フロウ 〜水が大企業に独占される!〜の作品情報・感想・評価

フロウ 〜水が大企業に独占される!〜2008年製作の映画)

FLOW: FOR LOVE OF WATER

製作国:

上映時間:93分

3.5

「フロウ 〜水が大企業に独占される!〜」に投稿された感想・評価

documentary about water occupation.
It entails to take a step to protect water source otherwise all would be bought up by the multi-national companies in the future.
Koichi

Koichiの感想・評価

-
松嶋×町山
日本は飲み水が豊富やから、うかうかしてるんですかね。
ドキュメンタリー。
ひとはいくらでも愚かに、残酷になれるのだなと感じる。
こんな異常な状態に置かれている国の方が多くて、水の入手と安全を保障されている日本が特殊だなんて。驚くほか無かった。
この映画を観ると水会社たちは、触れてはいけない神域を侵した蛮族ども、という感じがする。今持つ権利を返上せよ!さもなくば神罰が下るであろう!とでも言ってやりたい。
感想川柳「水による 争いはもう 避けられない」

松嶋町山の未公開映画を観るTVでやってた作品です。

世界では8秒に1人汚い水を飲んで子供が死んでいる。アメリカはインドで水をパッケージして売り、水を汲み上げ過ぎて地盤沈下が起き訴訟になっている。これは水を巡る問題を取り上げたドキュメントです。


この作品観てると将来的に食べ物じゃなくて、水をめぐって戦争が起こると言われてるのが、現実的に思えて来ます。

日本も中国を始めとした企業に水源を狙われていますし。水道をひねれば沢山出る物になってるせいで日本人は水の有り難みを忘れています。それを改めて考えさせられる作品だと思います。(。´Д⊂)国として水源を守らなきゃそのうち外国企業に金払わなきゃ水を使えなくなってしまう。

一昔前は水を買うなんてもったいないと思っていたのに、いつの間にかミネラルウォーターやウォーターサーバーなどビジネスとして入り込んでいるから怖い。(>_<)
私たちの生活に直結する大問題。

大きく取り上げないのは企業の圧力?

何でも利権な事にうんざりしてしまうけど、問題を知る事が大切。

たくさんの方に観て欲しい。

2011年5月24日鑑賞。
だぶ

だぶの感想・評価

3.5
大手企業が水買い占めてますぜ映画

最近スーパー等でやたら「家庭用に!」アピールしてる、 ボトル水もこーゆう企業なんですかね
怖い怖い
ysak

ysakの感想・評価

4.0
番組にするのは難しいんかな…。日本でももっと騒がれていいテーマだと思います。
最終的に「自分に問いかけてみてください」と言われたのだが、何しろ問題がデカ過ぎて何を問いかけたら良いのか分からなかった。節水しろって話でもなかったし、むしろこれ水を売り物にしてる企業の問題じゃん。ただ、アメリカのある企業は水道水をボトルにつめて売りつけていて、3分の1は成分に問題があるというくだりにはビックリした。何にしろ日本という国はいろいろと恵まれてるということだ。ちなみにぼくはミネラルウォーターを買ったことがない。東京は分からないがぼくの住んでいる新潟は水道水うまいよ。