1926年製作のおすすめ映画 210作品

1926年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、フリッツ・ラング監督のメトロポリスや、グレタ・ガルボが出演する肉体と悪魔、下宿人などの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

MOLOCH!!! …って何だい?グーグル先生… 現代に作られたサイレント映画「アーティスト」 これを観た時に、 …

>>続きを読む

No.30[ボンボンが階級闘争に目覚める、ハルボウ時代のフリッツ・ラング] 95点 紀伊國屋CEのラングは全部見たと…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

グレタガルボ作品レビュー第1弾‼️ まず最初にグレタガルボという女優を簡単に紹介します😊 グレタガルボはサイレント映画…

>>続きを読む

ガルボの傑作、ガルボの魅力を堪能したければこの作品。 1926年に公開されたガルボの『肉体と悪魔』。 サイレント作品…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

毎週火曜日に金髪の美人を殺す謎の殺人鬼が住人を脅かすロンドン、貸部屋業をいとなむ場運ティング家に入居希望の謎の男が現れ…

>>続きを読む

「ヒッチコックはブロンドの女性を殺し続けた」  毎週火曜日に金髪の女性が殺される。そんな金髪美女連続殺人事件が世間を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

物凄くカッコよく降臨しておいて、以降はおもしろおじさんっぷりを発揮しまくるエミール・ヤニングスのメフィストフェレスがと…

>>続きを読む

『ゲーテの≪ファウスト≫を映画化することはできる。そして、たしかにこう言える。―これは冒瀆であり、文学作品≪ファウスト…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

観初めてすぐ、しまったこれサイレントだったか…今そんな気分じゃなかったな〜……と正直思ったけど、結構面白くてあっと言う…

>>続きを読む

アネミック・シネマ

製作国:

上映時間:

7分
3.0

おすすめの感想・評価

デュシャンのローズ・セラヴィ物、協力:マン・レイ。宇宙戦艦ヤマトでドメルがヤマトの波動砲発射口に巨大ドリル型ミサイルぶ…

>>続きを読む

Markが700超えてきた辺りから何の映画をMarkしたのかが全く把握出来なくなってきたので、既にMark済みの短編映…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

文芸映画の例にもれず、原作の冗長的な奥深さを排し、表層的なメロドラマとして語るに注力。それがみごと功を奏している。表情…

>>続きを読む

2018/10/23@ ギンレイホール 神楽坂映画祭2018 “サイレント映画特集 ~活弁とピアノ演奏による三人三夜~…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

とにかくリリアン・ギッシュが綺麗。

煙り草物語

製作国:

上映時間:

3分
3.3

映画演説 政治の倫理化 後藤新平 1926

製作国:

上映時間:

32分

ジャンル:

3.0

キートンの大列車追跡/キートン将軍/キートンの大列車強盗

製作国:

上映時間:

106分

ジャンル:

4.0

おすすめの感想・評価

世界の三代喜劇王、バスターキートンによる、映画黎明期のスチームパンクアクション映画。 やっぱりああいう蒸気機関車での…

>>続きを読む

キートン2作目。 キートン演じる機関士は南北戦争の徴兵を希望したが採用されず、ヒロインにそっぽを向かれてしまう。そん…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

タイトル「衣笠貞之助作品 狂った一頁」と続いて出る「新感覚派映画聯盟第一回作品」のフォントのデザインが素晴らし過ぎる。…

>>続きを読む

主人公のDVで精神病院に入院した妻。主人公はその贖罪のために、妻がいる病棟で小間使いとして働いている。そこへ娘が面会に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

自分は常に他人より勝り、その自分に付いて来れない"他人"には「素寒貧だ!」と罵る。彼女の、あまりにも際立つ暴君ぶりに…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

シネフィルだとこのプドフキンの名前は、必ず観たことがあるがエイゼンシュタインと比べると圧倒的に見る機会がない。今回初め…

>>続きを読む

@アテネフランセ サウンド版。最初に軽くリマスター時に入れた説明あり。 やはり母親にフォーカスされるとちょっとくるもの…

>>続きを読む

キートンのラスト・ラウンド/拳闘屋キートン

製作国:

上映時間:

68分

ジャンル:

3.7

おすすめの感想・評価

無声映画見てたら久々にキートンしたくなったので、未だ見てなかったボクシングを鑑賞。キートン長編のなかでもかなり話がまと…

>>続きを読む

なにもできないおぼっちゃまが似合いすぎる。「西武成金」の後、「キートン将軍」の前という事で、少々地味なのだけども、かな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

完全サイレントながら置いてきぼりにならず、飽きずに観ることができる。 テンポよくリズミカルな展開ゆえか。字幕とそのタイ…

>>続きを読む

2組の夫婦が 互いの伴侶を口説き合う話。 …なんだけど、 本作のタイトルは 「陽気な巴里っ子」 なんですよね。 内…

>>続きを読む
>|