1926年製作のおすすめ映画 226作品

1926年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、衣笠貞之助監督の狂った一頁や、バスター・キートンが出演するキートンの大列車追跡/キートン将軍/キートンの大列車強盗、下宿人などの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

精神病院に入院している妻と、精神病院で働いていてよく妻に見舞い来る夫のお話 普段は考察サイトやあらすじサイトは嫌いで…

>>続きを読む

原作は川端康成、制作年は大正15年のモノクロ無声映画。 そんな昔の映画が令和の時代に綺麗な状態で観れるだけでも素晴らし…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

この名作を映画館で、ピアノの生演奏で楽しむことができたことに感謝。 http://www.cinepre.biz/ci…

>>続きを読む

バスター・キートンの作品の中で(たぶん)最も有名で後年の作品からも良く引用される名作です。様々な要素を含んだ作品です。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ヒッチコック監督による初スリラー作品。 100年近く前の作品とはとても思えないクオリティに先ず驚き!凄いとしか言いよ…

>>続きを読む

毎週火曜日に金髪の美人を殺す謎の殺人鬼が住人を脅かすロンドン、貸部屋業をいとなむ場運ティング家に入居希望の謎の男が現れ…

>>続きを読む

キートンのラスト・ラウンド/拳闘屋キートン

製作国:

上映時間:

68分

ジャンル:

3.7

おすすめの感想・評価

無声映画見てたら久々にキートンしたくなったので、未だ見てなかったボクシングを鑑賞。キートン長編のなかでもかなり話がまと…

>>続きを読む

なにもできないおぼっちゃまが似合いすぎる。「西武成金」の後、「キートン将軍」の前という事で、少々地味なのだけども、かな…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

当時の「世界の恋人」ルドルフ・ヴァレンティノの遺作であるが、世界の誰も、そして本人でさえも全くこれが遺作になるなど予想…

>>続きを読む

ヴァレンティノの活躍が砂漠で展開!もともとの主演オファーは、早川雪洲だった。

おすすめの感想・評価

映像が楽しすぎでしょ!😆 工夫を凝らした技に圧巻。 最初から最後まで手を抜くことのないこだわり様。 おかげで一気にラス…

>>続きを読む

ムルナウのドイツでの最後の作品。 天使と悪魔の最終戦争みたいなド派手なオープニング。メフィストがファウストを悪の道に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

4歳児「ぼくんちのくるま、探検にでてるんだ♪」 保育園の先生によると、そんなことを嬉しそうに周りに言いふらしていたら…

>>続きを読む

最強サイレント映画の一つ。最美期のグレタ・ガルボを “演技する美女” として完璧に正しく焼きつけたフィルムだから。今さ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

観初めてすぐ、しまったこれサイレントだったか…今そんな気分じゃなかったな〜……と正直思ったけど、結構面白くてあっと言う…

>>続きを読む

ジョン・フォード監督作品。 1877年アメリカ。ダコタ州が白人に解放されるため開拓者達が土地争奪のためにカスターの町に…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「居酒屋」のナナちゃんが、こうなるか🥺。 とても丁寧な作り。 比較的長尺だったが楽しかった。 本作はナナと、墜…

>>続きを読む

フランス映画「女優ナナ」(1926)鑑賞。ジャン・ルノワール監督8作品 ひとり映画祭。ひとりで味わっています . 名も…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

フリッツ・ラングがマジックのような手法を駆使してSF映画の頂点を目指した古典SFの名作。 古典の無声映画だと思って軽く…

>>続きを読む

<概説> 100年後の世界は労働者階級と支配階級に二分された、完全なるディストピアと化していた。革命を試みる労働者階…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

恋愛を経験したからか知らんけど、もーほんとにないた。ラストにかけて、2度も号泣した。ドタバタしていて勢いがある映画なの…

>>続きを読む

アネミック・シネマ

製作国:

上映時間:

7分
3.3

おすすめの感想・評価

デュシャンのローズ・セラヴィ物、協力:マン・レイ。宇宙戦艦ヤマトでドメルがヤマトの波動砲発射口に巨大ドリル型ミサイルぶ…

>>続きを読む

デュシャンは「カメラ!」と叫んだ カメラマンは「回ってます」とそれに応える  デュシャンは私たち映画鑑賞者に回転する…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ソヴィエトの無声映画。サウンド版。 フィルマの注釈に「ドキュメンタリー」とありますが、間違いです。純然たる劇映画。原…

>>続きを読む

シネフィルだとこのプドフキンの名前は、必ず観たことがあるがエイゼンシュタインと比べると圧倒的に見る機会がない。今回初め…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

DVDを再生すると淀川さんの解説から始まる 淀川長治さんの世界クラシック名画100撰集(78) 淀川さん「スパロー…

>>続きを読む

「アメリカの恋人」と呼ばれたメアリー・ピックフォード主演のまさに手に汗握るような活劇映画「雀」。これはオススメです。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ヒストリカ映画祭にて。併映。 デジタルリマスター、着色フィルムなのでとにかく綺麗。最後の巻のみとのことで15分くらいだ…

>>続きを読む

『多十郎殉愛記』を観てすぐにこれを思い出して観た。無声映画で、ラスト13分しかフィルムが残っていない。 立ち回りの激…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

時空間の連続性を維持するようないわゆる透明な映像演出であるが、役者の動きやカット転換の速さによってテンポ感が相当なもの…

>>続きを読む

ラオール・ウォルシュ監督作品。 第一次大戦に参戦する二人の軍人と、赴任地フランスの女性との三角関係と過酷な戦場を描いた…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

‪「掟によって」‬ ‪ 冒頭、カナダとアラスカを流れるユーコン川の岸辺で黄金採掘をしている男4人と女1人。 移動計画、…

>>続きを読む

冒頭、黄金を発見して沸き立ちダンスする人々に犬が吠えるモンタージュが、彼らへの警告のように見える。言わずと知れたクレシ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

真紅の文字、その色はきっと分からないんだろうなあモノクロだし。そんな心配をしてました。 「へスター(リリアン・ギッシ…

>>続きを読む

文芸映画の例にもれず、原作の冗長的な奥深さを排し、表層的なメロドラマとして語るに注力。それがみごと功を奏している。表情…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1926年っていう最高に古い作品なのに ある意味 新しすぎてポカーンってなった笑 168分って長尺映画だから気合い入…

>>続きを読む

DVDを再生すると淀川さんの解説から始まる 淀川長治さんの世界クラシック名画100撰集(67) 淀川さん「これ、た…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

エルンスト・ルビッチ監督の艶笑喜劇を山崎バニラさんの活弁で鑑賞。 山崎バニラさんの活弁はいろんな蘊蓄が入っていて、知…

>>続きを読む

完全サイレントながら置いてきぼりにならず、飽きずに観ることができる。 テンポよくリズミカルな展開ゆえか。字幕とそのタイ…

>>続きを読む
>|