Vフォー・ヴェンデッタの作品情報・感想・評価

「Vフォー・ヴェンデッタ」に投稿された感想・評価

坊主のナタリー・ポートマン、仮面のヒューゴ・ウィーヴィング …エプロン姿が可愛すぎる!
スタイリッシュなアクションを期待して、肩すかしを食らった記憶ありです。
謎に包まれたVの愛と復讐の物語。

ただただVのカリスマに圧倒されました。
国家相手の復讐ってもはやテロリストでは?とも思いましたが、信念が伴っていたので美しかったです。
あれだけ異常な独裁国家相手なら武力行使しかないんですかね。

全体を通してオペラっぽい雰囲気があり、好きな人はとことん好きそうな映画だな、と思いました。
藏人

藏人の感想・評価

-
中二病の僕のフェイバリットムービーをここに記す
実際面白いけどね

このレビューはネタバレを含みます

映画界においてクラシック音楽は「大爆発シーンBGM」になってしまったのだ!!!
KERNEL36

KERNEL36の感想・評価

3.9
話はダークでシリアスな社会派ダークヒーロー映画です。
ですが冷静に観ると笑える部分やユニークな遊び心が垣間見えます。
スタイリッシュなアクションは一部ありますがそれを期待して観ることはお勧めできません。

個人的にスルメ映画かも。
アニメ「コードギアス」が好きな人におすすめ出来そうだ。

話0.8 人0.8 絵0.7 音0.7 味0.9
第三次世界大戦の後の監視社会が舞台ですが、リアルにこうなりそうで怖かったです。仮面をかぶったVが何かのために動いているのですが、それがなぜなのかわかりにくかったです。ナタリーちゃんを独房に入れる理由もよくわかりませんでした。
第三次世界大戦後、
独裁国家となったイギリスで起こる、恐怖と復讐と革命の話。
主人公は仮面の男”V”


"V"は基本的に殺人や爆破によって革命を遂行します。
そのため必ずしも正義とは言えませんが、
そこには一貫した確信犯的な理念があって
人々を扇動していきます。

うーん、かっこいい!


「神様は雨の中にいる」というセリフが印象的でした。
kupa

kupaの感想・評価

3.6
僕が満面の笑みをすると、「Vフォーヴェンデッタだ!!」と友人からよく言われていたので満を持して鑑賞しました。

ナタポーの優しさがすごい!!ナタポーが優しくなかったらとっくに終わっている映画!!と思ったんだけど、よくよく考えたらナタポーいなくてもまあなんとかなってんじゃない?ナタポー、いる?

第三次世界大戦後の世界観と、最後のVのアクション!!めちゃカッコ良かった。気取ったセリフもすべて許せてしまうナイスキャラだった。

このレビューはネタバレを含みます

仮面の復讐者による革命。

死してもなお理念は生き続ける、真のヒーローを見せつけてくれる映画。

Blu-rayに入ってるナタリー・ポートマンのラップにはまいったね(笑)
>|