Vフォー・ヴェンデッタの作品情報・感想・評価

「Vフォー・ヴェンデッタ」に投稿された感想・評価

Hiroto

Hirotoの感想・評価

4.5
革命の強さ
理念と自由の強さがすごかった
素晴らしい作品だと思う
Iair

Iairの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

映画全体でのシリアスな雰囲気の中で、アップテンポな曲と爆発っていう爽快感。電車を棺桶に見立てるセンス。
Vは父であり母であり弟でありあなたであり私である。復讐の中には自由はないが、自由は復讐から生まれた。皮肉なもんやねぇ。
ohshima

ohshimaの感想・評価

5.0
"As only celluloid can deliver."あるいは
"A revolution without dancing is a revolution not worth having."あるいは
"Ideas are bulletproof."
台詞が金言に満ちておりいつ見てもとにかく素晴らしいの一言に尽きる。
自分の人生において最も面白かった映画はなにか?という問題への純粋な正解は藪の中ですが、人生において最も好きな映画を選ぶとするならば恐らくこの映画だと思います。
SFとしてのこの映画の特性に関しては故伊藤計畫氏のブログが詳しくここであーだこーだ書く意味はあんまりないので割愛。ただまあ近年、あるいはポストトゥルースの時代においてこの映画の描くあんまり暗くない、今とそんなに変わらない、規範の暴走と不寛容が生み出すディストピアというのは残念ながら全然色褪せてくれてない訳です。イヤな世の中になったもんです。幸い住んでる人たちのことが元々そんなに好きじゃないのであまり気を煩わせることもないのですが。
まあとにかく12年前に初めて見てからこっち、その当時は全く自覚してなかったけど粋であること、気障であること、教養と引用、不可能性の極めて高い、あるいは引力と斥力が拮抗し続けるロマンス、最後まで解かれることこないまま残される謎etc. ある意味美学の根底を固定されてしまったようなものらしくその後の人生で触れたものも実は全てここに含まれているのではないか?とめまいを覚えそうになった久方ぶりの鑑賞でした。
青星叫

青星叫の感想・評価

3.0
全編通してかっこよかった
見ようと思うインパクトが強い
鑑賞メーター
http://video.akahoshitakuya.com/v/B003GQSYGW
torizo

torizoの感想・評価

3.7
サスペンスの側面も面白いけど、社会への批判的なメッセージ性を強く感じる。

また観よっと。
遼

遼の感想・評価

4.1
知らんかったけど
これ原作DCコミックスなんですね

かなり好きだわ
アクションではなくサスペンス
最初の台詞にまず惹かれるわ

ダークナイトはなんだかんだ犯罪者を相手にするけど
V'は反逆者なんだよね
でも彼の理念と経緯、感情的な部分が良いわ

抑圧されてる感じもよく出てるし逆に大衆は怖い
V'の素顔の描写と音楽もめっちゃオシャレ

itunesで買っちまったよ

しかもV'役の人かキャプテンアメリカのレッドスカルの人だと言うことにもびっくり


これみて損ないですよ
オススメです


ありがとうございました
tomoyoshi

tomoyoshiの感想・評価

5.0
僕もナイスガイになりたいなと思いました。
おもしろーい。
仮面のモデル知ってたらもっと面白い
刺繍屋

刺繍屋の感想・評価

4.5
あまり期待していなかったのですが、予想に反して、とても面白かったですし感動しました。

ここまで酷い世界になる事は現時点では有り得ないような気がしますが、少なからず、国やメディアによって操られているのも事実でしょうし、不正が蔓延っているのも事実だと思います。

個人の力でいったい何が出来る?といったネガティブな考えを払拭してくれるような素晴らしい作品でした。

一年経ってもナタリー・ポートマンが坊主のままだったり、細かい疑問点は有るものの、それを感じさせない程の作品だと思います。

それにしても、あのガイフォークスのマスクが、時には格好良く、時には哀しげに見えるのですから、映画って本当に不思議ですよね。
>|