女は男の未来だの作品情報・感想・評価

女は男の未来だ2004年製作の映画)

여자는 남자의 미래다/LA FEMME EST L'AVENIR DE L'HOMME

製作国:

上映時間:88分

ジャンル:

3.5

「女は男の未来だ」に投稿された感想・評価

ホンジュンとムノは大学の先輩後輩の間柄。
ホンジュンとソナは学生時代交際していたが、ホンジュンのアメリカ留学から自然消滅していた。
ホンジュンが帰国して久々にムノと再会、酒の席でソナの近況をムノから聞き、今から会いに行く事になるのだが・・・・

ホンジュンがアメリカ行った直後からソナにモーション賭けてたムノ。
ソナも何だかんだ言って満更でもなかった。
再会した3人、ソナの大胆さが半端なかった。

ソナの奔放さは無自覚なのか、本性か。
正直ドン引きしてしまったけれど、ホン・サンスがフランスで人気なのは何となく解るような気がした作品。
ソン・ヒョナは結構好きかも。
Mshi

Mshiの感想・評価

3.9
30代になっても何わたしやってるんだろうみっともな、とか思うことがあるけど、そんな映画。前半のぷつりぷつりと時系列がよくわからなくなる構成も、人間が断片的に記憶を覚えてるみたいな不思議な感覚を味わえる。大人の部屋飲みのシーンは匂いがしそうなくらいリアル、こんなシーン飲み会でみたことあるわ。あーおもしろかった
NICE

NICEの感想・評価

3.7
緩くシュールでおバカけど、ほんのり切ないラブコメディ。

全てがちょっぴりズレてて、全てが絶妙な作品。マーティン・スコセッシがオススメしてた。

ホン・サンスはヌーヴェルヴァーグの影響を強く受けているらしいが、あまり上品ぶらないところに愛嬌があって良い👍

特別面白いわけではないけど、終始画面に釘付けになってしまう魅力がある映画。
nicoden

nicodenの感想・評価

3.8
未来は女性への欲求で振り回されちゃうんだよなぁといった内容。時系列が組み合わさり、同じ女性を口説くシーン(店員までも)。主役が入れ替わっていく様はさすが。音楽が、あれ?青春ストーリーではないかと錯覚させる威力。
miyagi

miyagiの感想・評価

3.0
大学教授の異常なまでのおしゃぶりへの執着。
そこまでなら浮気にはならないという考えの裏返しか。
ソナの部屋でのおしゃぶり中に急に起き上がりフレームアウトするワンコロが賢すぎる。
ただ、人物の登場比率に難がある気がする。
そんなに教授の話は必要ないやろ。
Hani

Haniの感想・評価

3.8
どうしょうもない男たちの話。特にユジテ演じる大学教授のしょうもなさといったら…。フランス映画の影響を受けている監督と聞きましたが、どこか昔のウディ・アレンみも感じる。
ユジテ、いわゆるイケメンとは違うのかもしれないけどなんとも色気があって(と私は思う)好きです。
男女関係の愚かさを滑稽に描いているのがホン・サンス作品の醍醐味であるが、その意味ではこの極限まで筋の無い本作はある意味最も彼らしい作品なのかもしれない。些か露骨に感じる場面もあったが、それすら笑わせてしまうのは流石。ただ、初期作だから仕方はないのだが、ロメール感がなく過度に癖が強いゆえに、一体何を見せられているんだとなってしまうところはあった。
ずっと観たかった映画。
ホン・サンス監督の映画はすごく面白いと感じる時と観てるのが苦痛に思う程つまらなく感じる時がある。
でもこういうタイプの映画はとても好き。
今回はその中間よりちょっと面白い寄り。
「絶対の愛」を観てからソン・ヒョナが好きでユ・ジテもそこそこ好きな俳優さんなので観てみた。
男の人はこういうものなのかこの人達がたまたまこうなのか私には分からないけど彼らの行動が私にとってはかなり不快だった。
ソナはソナで今の自分の生活をどう思って生きてるのかを聞きたくなった。
落伍者

落伍者の感想・評価

2.0
ホン・サンスの映画に出てくる、社会的地位や大学の先輩後輩の関係から女に言い寄る男が好きではない。
여자는 남자의 미래다
La Femme est L'avenir de L'homme

強い女性に比べて情けない男が印象的な映画
喫茶店で主人公2人が同じ女性を時間差で口説くシーンが好き