最強のふたりの作品情報・感想・評価・動画配信

最強のふたり2011年製作の映画)

Intouchables

上映日:2012年09月01日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「最強のふたり」に投稿された感想・評価

普段生活してる中では、絶対に関わることないタイプの人っておるけど、意外とそういう人との方が波長が合ったりするんよな〜って改めて思った。お互いに今まで経験したこと無かったり、無いものが多いからかな?
この映画の2人の関係性がとても良くて、観てて羨ましく思った。
Toshi

Toshiの感想・評価

4.2
人種、障害、LGBTQなど様々な問題を考えさせられる。
お互いにとって不足しているものを補っている、まさに最強の2人。
主人公の優しさや、不自由な自分への葛藤など、なんだかすごくグッときました。
まさに名作。
Apollo

Apolloの感想・評価

4.0
コメディ好きなので好きな映画でした
正反対の二人を合わせるものはよくある気がするが、結局面白いよね。。

ブラックジョークやお互いに影響されていく様を観るのは幸せだった

このレビューはネタバレを含みます

スラム出身のドリスは全身麻痺であるフィリップの介護人となる。ドリスは周りからは煙たがられるような存在であったがフィリップとは”親友”になる。何が幸せなのか、何がいい人なのかそのカタチは一つではないと考えさせられる。
めっちゃ久々に見たけどやっぱこれは最高だ。当時見た時より自分が多少成長できているような気がする
出てくる人みんないい奴
UD

UDの感想・評価

4.4
階級の異なる2人が絆を深めていく実話を元にした話ですごく面白かった。本来アラブ系の人物をオマール・シーを起用して人種的な垣根を超えて仲を深めるのも良かった。2022/09
mina

minaの感想・評価

4.2
記録用。
地位も歳も何も関係ない。プラスな方向に切なくなるような映画。
これもずっと気になっていた映画!

正反対の2人が凄く良いコンビになっていくのが良い。
ドリスがフィリップにむけてどぎつめの冗談を言ったりするシーンがあるけど、2人の信頼関係から全部が笑いに変わる。2人にしかない関係性がすごく素敵でした。

公開年は前後しますが、大好きな映画「グリーンブック」の立場が反対みたいな感じです。障がいや人種差別などの設定はちがうけど…
どちらも心温まる作品だと思います。
もん

もんの感想・評価

2.5
嫌な気持ちに全くならない浄化映画
癒されたい時によい!
正反対の2人がお互いに
いい刺激を受け合ってる
ステキな関係に憧れます
なる

なるの感想・評価

3.7
対照的な2人の友情を描いたヒューマンドラマ。
ある日、下半身が不自由なフランス人フィリップとスラムで暮らすアフリカ系移民ドリスは、雇用者と被雇用者の関係で出会うことになる。

人種も性格も文化も、育ってきた環境が全く違う2人。

対立を生みやすい「差異」が逆に弾みとなって、互いの生活に刺激を与えることになり、フィリップもドリスも互いに「自分」の領域を広げてゆくのであった。
特に、冒頭のシーンはエンディングにつながる布石になっているので要注目。

なお、本作中では2人の対比を際立たせるためドリスはアフリカ系移民の黒人という設定だが、実在のドリス(本名アブデル)はアルジェリア系であり、だいぶ実際とは脚色していることに注意が必要です。
>|

あなたにおすすめの記事