最強のふたりの作品情報・感想・評価

最強のふたり2011年製作の映画)

Intouchables

上映日:2012年09月01日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「最強のふたり」に投稿された感想・評価

Y

Yの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

面白かったけどラストの終わり方が中途半端で残念でした

リピはないです
Water

Waterの感想・評価

5.0
心温まるストーリー。
全く別世界で生きてきた2人が出会い、交わることでお互いの足りていなかった空の部分をどんどん幸せで満たしていく様子が見ていてじんわり感動する。

幸せをお裾分けされる映画。
Takumi

Takumiの感想・評価

4.8
一度は見るべき作品。心温まる作品だった。
富裕層の障害を持った老人と前科のある無職の黒人。出会うことのない2人が出会い、少しずつ変わっていく。フィリップの「彼は私に同情していない」という言葉にいろんなものが詰まってる気がした。

笑えるシーンはたくさんあるけど
髭でいじるシーンが一番笑えた〜
s

sの感想・評価

3.8
127

デリカシーないこと言ってるはずなのに、笑えるし、そんな冗談を言い合える2人が素敵
AKI

AKIの感想・評価

4.4
フランス映画の傑作。
人生で一度は観るべき映画だと思う。
観終わった後、何故か幸せな気分になった。フィクションではなく実話に基づいた話だからより感慨深い。
この映画で何回笑ったか分からないほどユーモアがあり、素晴らしい絆を感じた。
映画のタイトルである最強の2文字がしっくりくる素晴らしい作品でした。
amiru

amiruの感想・評価

5.0
このふたり、最強だよう〜〜、、。
むずかしい問題を割と明るくとりあげていて 自分のなかでいつも避けているものともけっこう対峙できた。それらの問題に日本人は我關さずという感じで、かくゆう私もそうだから この映画にはすごく良い機会を与えてもらった気がする。
かな

かなの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

良かった!

妻と手を繋いで、うきうきしていた気持ちを思い出したって。

夫を死ぬ前に失いたくないって。

12月5日
これはしっかりと感動できたいい映画
グリーンブックのレビューにやけに出てくるタイトルなのですごく気になって鑑賞

無骨な男が高貴な男の常識を打ち壊し、新しい世界を知る事で心の支えに変わっていく流れは似てるな〜と思った

「彼は私に同情していない」ってセリフにこの作品の全てが詰まっているんじゃないかと思う。行き過ぎたほどのブラックジョークも彼だからこそ出てくる言葉で、雇い主の後ろに金の姿を見る人達からは薄っぺらい慰めの言葉しか出なくて、それに気づいてしまうからこそ孤独だったんだろうな

個人的に一番好きなジョークは「障害者の居場所は?」「置いていかれた場所」
2人のやりとり、思わずクスッと笑ってしまうストーリー、名作だと思います。
misato

misatoの感想・評価

4.0
本当に親友のように信頼し合ってる雰囲気を出してて2人とも演技が上手だな〜と思いました!ドリスの破天荒で天真爛漫なところも可愛いし、それを暖かい笑顔で見守るフィリップもめちゃめちゃかわいいかった!!
>|