クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲の作品情報・感想・評価・動画配信

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲2001年製作の映画)

上映日:2001年04月21日

製作国:

上映時間:89分

4.1

あらすじ

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」に投稿された感想・評価

Dolphin

Dolphinの感想・評価

5.0
クレヨンしんちゃんのすべてを駆け抜けるクレヨンしんちゃん映画界の最高峰の感動作

まじで家で見た映画の中で今年一声出たかもしんない。「「ひぃ~!」「え?なにこれ。」「頑張れ~。」「よし!」「くあぁ~!」「ちょっとやばいかも。」父ちゃんの回想シーンがちょっとやばすぎた。感動作と言えば、この映画という人も多いのではないのでしょうか。もう映画界の不朽の名作でしょう。最後のしんちゃんのシーンとか世界通じるよ?絶対見たほうがいいよ?父ちゃんやばいってぇーーーーー!!!!!!
ヒロシの回想シーンとタワーでのしんちゃんのセリフが…😭野原家みてると家族っていいなって思う
平成生まれなのに昭和に戻りたい。
大人の方がより楽しめそうな作品。

このレビューはネタバレを含みます

最後にしんのすけがタワーを鼻血出しながら走るシーンに感動する。
敵の2人が飛び降り自殺を試みた際、女性が「やっぱり怖い」と言うシーンも心に残る。
ハス

ハスの感想・評価

4.2
回想シーンはめちゃ良かったけどまだ過去を振り返る歳じゃないぞうまだまだこれからなんだと自分に言い聞かせたい気持ちもあったり

でも、みんな子どもだったんだって思うと、
やっぱり切なくなる
最高だった。
ヒロシがカッコよくて仕方なくてまた観たいと思った。
しんちゃんが現代を生きることを決定付けた作品だと知って納得の完成度だし、何より切なさと雑草魂と温かさを感じる、これがしんちゃんだ…!!な映画でした。

僕は悪役の二人について、兄妹恋愛の説を推しています、どうぞよろしくお願いします。
サワノ

サワノの感想・評価

3.9
なんだかんだクレヨンしんちゃんの映画見たこと無かったから、とりあえず1番評判が高いこれを鑑賞!
くだらないけど笑ってしまうシーン多々笑 (成長してないことを実感。)
良かったけど、メッセージ性よりもエンタメ性面で見てしまったから、名作っ!みたいにはなれなかった。ただ、お父さんの回想シーンは良かった。もう少し年取ってから見たら泣くんだろうなぁ。
また見たい作品ではありました!

他のシリーズも見ます。
liam

liamの感想・評価

3.9

監督は「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル」の原恵一。声の出演は「劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 ENTEI」の矢野晶子、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル」のならはしみき、「吸血鬼ハンター"D"」の藤原啓治、「アリーテ姫」のこおろぎさとみなど。

春日部に誕生した“20世紀博”。そこはひろしやみさえたちが育った70年代のテレビ番組や映画、そして暮らしなどを再現した懐かしい世界にひたれるテーマ・パークだった。大人たちは子供そっちのけで“20世紀博”に熱中していくのだったが……。

恐らく4度目位の鑑賞。久々に観たけどやはり面白かった。
子供の時に観ても面白かったが、やはり大人になってからの方が色々くるものがあった。

今作の悪役は古き良き時代を取り戻すという理想をもった組織。彼らはただ単純に悪という訳ではなく、どことなく共感できる組織となっている。
過去を思い出すためのキーが匂いになっているのも印象的。懐かしい場所や物から、当時の匂いを感じて懐かしくなるのはみんな体験した事があると思う。

逆に正気に戻るために、ひろしの靴の匂いを嗅ぐが、その時に思い出す回想シーンが泣ける。
恐らくその当時はまだなんとも思わなかったんだろうが、今大人になってみると本当に胸に刺さるシーンになる。

過去を振り返り懐かしむのも良いが、これまでのやってきたこと否定せず現在を生きようというメッセージが凄く伝わった。
最後のしんちゃんが階段を駆け上るシーンも、その姿勢がすごく伝わる名シーンと言える。

子供も大人も楽しめるのがしんちゃんの良いところで、だからこそこんなにも長く愛されているのだろう。

子供も大人も楽しめる名作映画。
子供向け映画だけどこんなにエモかったとは!

拓郎さんの歌とエンディングがよかった!
BUSSAN

BUSSANの感想・評価

4.2
【最大瞬間風速がヤバい】


かれこれもう5回ぐらい観てるけども、身構えていても絶対にヒロシの回想シーンで泣く。

僅か3分程度。これまでの映画史にも類を見ないほどの、愛に満ち溢れた回想シーンだと思う。

あのシーンは幼い頃からしんちゃんを見ていれば見ているほどに来ると思う。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品