クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲の作品情報・感想・評価・動画配信

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲2001年製作の映画)

上映日:2001年04月21日

製作国:

上映時間:89分

4.1

あらすじ

「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」に投稿された感想・評価

henoheno

henohenoの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ヒロシの家族を思い出すシーンがほんとに良かった…
敵が悪じゃないところも好き
イヨ

イヨの感想・評価

-
高校の友人のおすすめ。

これを見るのは小学生以来かな?当時は、しんちゃんと同じく「お父さんとお母さんを取り戻さなきゃ!」と思いながら見ていたけど、今回は大人側の目線になっていた。
まだ20代の私でさえあの時は楽しかったなぁとか考えることがあるから、さらに心配事や責任が増えて忙しい親世代ならその想いは当然大きくなると思う。

一番グッときたシーンはここ。
謎の女「どうしてあんな世界に戻りたいのよ!?」
しんちゃん「オラ、大人になりたい!!」

将来への希望に満ち溢れていて、なんでもできると信じているしんちゃんが少し眩しかった。

このレビューはネタバレを含みます

大人にとって懐かしいものレトロなものをわーってごった煮にして混ぜたようなテーマパーク、「20世紀博」にどハマりしているひろしとみさえ、そして何度も連れてこられてうんざりしてるしんのすけやひま、カスカベ防衛隊。しかしある日20世紀博のお知らせにより大人達は幼児退行し、しんちゃん達本物の子供を雑に扱うようになってしまう。しかもそのまま20世紀博のお迎えのトラックに乗り込んじゃって…これは大人の、オトナ帝国の逆襲だ!みたいな話。

初見の時は幼稚園生、本当にしんちゃんとあまり変わらない年齢の時に観たんですけどめたくそ怖かったのを覚えている…!千と千尋の冒頭的な怖さ!大人から見放されて急に非日常に巻き込まれていく怖さ…これを岡田斗司夫先生が「子供にとっては前半ホラー映画」って言ったのがほんとそれーーーってン十年ぶりに飲み込めた気持ちでしたね…。今見ると「まあしんちゃんがなんとかしてくれるし〜」くらいの気持ちで観れてあまり怖くないのもなおさら。小さい頃、ひろしの靴かぎからの回想以降の記憶がすっ飛んでたのもよっぽどのショックのデカさが窺える…。

今回の映画、子供は楽しめるんだろうか…とたまに思うことがあるんですけど自分が実際子供の時に見て強烈な記憶が残っており、後々見返すってことが起きてるから楽しめたんでしょうね。

ウィキでみたけどこれ試写会で不評だったらしい。まージャングルとかブタのヒヅメとかに比べたらしんちゃん感は薄いわな。しんちゃんっていったらお下品ギャグ!キッズアニメ!みたいなイメージで観たらえぇ〜〜〜こんなにまで大人に媚びていいの!?ってなるし、そこまで大人に媚びておいて急に中盤から「甘えんな!子供には未来しかねえんだ!一緒に今を生きろ!!」と叩きつける映画である。多分私も一歩間違えて昔は良かったノスタルジーおばさんになったらこの映画を「レトロやエモさへのアンチテーゼだ!!」とかってブチギレ回してると思う。
でもこれは他の国民的アニメがやるのではなく、野原しんのすけが叩きつけることに意味があると思う。というのもクレしんは国民的アニメで唯一大人の汚さを描くことが許されているのだ!!
この映画で描かれる大人の汚さというのは「責任を投げ出して子供に戻りたい」「今の生活にうんざりしている」という気持ち。子供からしたら信じらんねーそれでも親かよ!!なんですけど親も人間だから当たり前やろが!!
しかししんちゃんはそれを飲み込んだ上で「自分は家族と一緒に過ごしたい」って自分の意見貫ける数少ない主人公です。飲み込んだ上で、というのがとてもポイント。しんちゃんってある意味理想の子供なんですよね。自分の汚さ弱さを決して否定しないけど、それに甘んじることを許さず、ただ絶対に味方でいてくれる。最高だよ…。

この映画すごく好きなんですけど、これをきっかけにクレしん映画は大人も泣けるもんだよってイメージをこじつけられる羽目になったのがヨ…これもまたクレしん映画ってだけなのよ…。そんなわけで4.5。
クレしんも全部見たけど、これがやっぱり一番、おたけべカスカベボーイズも好き
アオE

アオEの感想・評価

3.7
子ども向けながらしんちゃんはエッジ効いてますね
世にも奇妙な物語みたいな感じ

みんな子どもに戻りたいよな!
そりゃそうだ、18の自分ですらそう思う

今は特別に感じなくても
いずれこの時代も懐かしむ時が来るんだろうな
摩周

摩周の感想・評価

4.2
これまた名作。
子供と大人の間にいる今だからどちらもわかるような気がするけど
大人になるとほんとしたいこともできやん日々の連続。わがままになっちゃいたくなるよね。
Mariko

Marikoの感想・評価

4.0
小さい頃見てすごく怖かった記憶。
見たことないと思ってたけど、最初の10分くらいで思い出した。
大人が街からいなくなるシーン、今でもちょっと怖い。笑

過去に縋りたい”大人”と未来を生きたい”子ども”の対比もおもしろい。
20世紀から21世紀に数字上変わるっていうのもそうだし、ちょうどインターネットやらでものすごく変化した時期でもあったと思うから、
これを作った人の変わりゆく世界への漠然とした不安が元になってるのかなーって見ながら考えてしまった。笑

21世紀になったばかりの映画ってこういうのを題材にしてるもの多いのかな。
クレヨンしんちゃんの映画にしてはテーマがかなり重い!w
けどそこをコミカルにしてるの流石だわ。
 「あの頃はよかったなぁ」っていう大人になりたいけどなりたくないな。って思う。
階段を駆け上がるシーンはテンションあがる。
Ryoji

Ryojiの感想・評価

3.8
泣ける作品として有名で期待していたが、泣けはしなかったです…

ただストーリーとしてはとても面白くて、傑作と呼ばれるに相応しい内容でした。
大人なんていない。
姿が成長しただけで、心は変わってないと思いたい。なんかせつない
>|

似ている作品