グランド・ホテルの作品情報・感想・評価・動画配信

「グランド・ホテル」に投稿された感想・評価

りんや

りんやの感想・評価

3.5
映画で最も面白い手法は群像劇だと思ってるのでその開祖のような映画を観れて良かった

約90年前の映画かと思うと全く色褪せない面白さにビックリした

ところどころ人生の教訓にしたいようなセリフもたくさんあり、全体を通じて「徳を積むこと」がテーマにあるのかなあなんて安直に思った
けな

けなの感想・評価

-
「アパートの鍵貸します」で、バクスターが夕食をとりながらテレビで流している映画。
やっと観れた!!

群像劇の面白さが詰まってる。
老い先短いキャラクターにハマってからは夢中になった。
I am my own master for the first time in my life!
にグッときて。

グレタガルボは美しいなぁ…
「グランド・ホテル形式」という手法も誕生するきっかけとなった1930年代のハリウッドを代表する作品の一つ。

細かい説明や感想は不要というか、改めてホテルは駅同様、色々な人間が集まる故に元々ドラマティックな場所なんだという事を再確認しましたし、シンプルに「人生そのもの」が描かれている為観終わった後に凄く満足感が有った記憶が有ります。

似た感覚はロバート&バーブラの「追憶」でも抱いたのですが、両作品共また少し年をとった頃に観ると違った面白さを発見出来るんじゃないかと思ってます。
masososo

masososoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

グランドホテル形式の元祖。
ホテルに宿泊する客たちはそれぞれに抱えるものがあり、彼らの人生が交差していく模様を描く。

ホテルという場所がまったく異なるバックボーンを持った人たちが同じ空間で昼夜を過ごすという特殊な空間であるからこそ生まれた設定で面白い。

没落し宝石泥棒に身を落とした男爵。倒産しかけの会社の社長。人気に陰りの見えるバレリーナ。野心があり愛人となることも厭わない速記者。余命宣告を受け残りの人生を謳歌しようとする老人。。。

個々のエピソードがインパクトに欠け、出会って一晩の人たちが恋だの愛だのに揺れるというには説得力が足りない感じはした。
まあ、そのエピソードに温かみがあって意外と人々の善良なところが目立っていたのは気持ちが良かった。

ラストで新たに夫婦が訪れ、そしてシュラーク医師が呟く。
「グランドホテル いつも変わらぬ光景 多くの人がここを訪れ 何事もなく去っていく」
また新たな物語の始まりを予感させる演出が実に良きだ。
グミ

グミの感想・評価

3.5
予期せぬ出来事からグランドホテル形式を知り、見ようと思っていた作品。

白黒にもかかわらずとてもわかりやすく見やすい内容でした。
みんな少しだけ他人の熱を求めて生きている。そして少しだけ人を信じすぎている。
およそ90年前の映画とは信じ難い。洗練された台詞の巧さで物語に引き込まれていく。それぞれのキャラクターが立っていて絡み合っていく展開が飽きさせない。オールスターキャストの中でも、妖艶な神秘性を漂わせるグレタ・ガルボの存在感は絶大だ。
青猫

青猫の感想・評価

-
前半一時間のキャラを把握するまでに多少飽きがくるが、後半の展開は中々!
男爵さん。。

これがワンシチュエーションで群像劇を展開していくグランドホテルスタイルを確立した歴史的決定版。

第5回アカデミー作品賞

個人的アカデミー作品賞網羅キャンペーン28
araki

arakiの感想・評価

4.0
全キャラ濃すぎて離脱しそうになったけど、頑張って()見てたら終盤から面白くなった。昔の人は個性が強い。本作を機に「グランド・ホテル形式」が生まれたそうな。
WestRiver

WestRiverの感想・評価

3.4
お話の表現方式の一つである「グランドホテル方式」の元ネタにあたる映画です。1箇所に多種多様な人が集まって物語を形成する、いわゆる群集劇ですね。

ストーリー自体は会話が中心で淡々と進んでいきますが、個性的な登場人物達が交錯し合うので、不思議と観ていて飽きません。

人間の数だけドラマあり、ですね。
Taki

Takiの感想・評価

-
グランドホテル形式の話が私は大好きやから、名前にもなったこの作品を見ときたかった
今ではたくさんこの形式の作品は出てるけど、これを1番最初に考えた人はすごい!
>|