シャルロットとジュールの作品情報・感想・評価

「シャルロットとジュール」に投稿された感想・評価

pika

pikaの感想・評価

3.0
ゴダール節炸裂!
短編である意義を満遍なく味わえる、さすがの作品。

コクトーに捧ぐ。
喋りまくり動きまくりで楽しい。オチが良かった
丘

丘の感想・評価

-
2019.2.6鑑賞。
ゴダールとジャン=ポール・ベルモンドが初めて組んだ記念すべき短編。(ここでは何故か1960年製作となっているが)

他愛無い男女のやり取りなんだけど、茶目っ気のある動き方のおかげで楽しく眺めることができ、ただでさえ短い尺が本当にあっという間に感じられた。

しかしジャン=ポール・ベルモンドの声をゴダールが代役として吹き替えていたらしいが、案外違和感が無くて驚き。
kotone

kotoneの感想・評価

4.5
わかんない 泣いちゃった なんて詩なの
nivnoriki

nivnorikiの感想・評価

3.1
2019年7作目
ジェラールが一人遊びをし、ベルモンドが喋り倒すだけの13分!
二人の動きや仕草は勝手にしやがれのホテルシーンを彷彿させる短編作品。

男の車から出たシャルロット(ジェラール)は先週別れたジュール(ベルモンド)の部屋へ入る、現れたシャルロットを見てジュールは、やっぱり戻ってきた、お前は俺がいなきゃダメなんだ、でも俺が喜ぶかと思ったか!帰れ…!と一人シャルロットに気持ちをぶつける。
シャルロットはジュールの話を流し聞きしながら、部屋にある物や帽子を使い一人遊びをしながら暇をつぶす。
シャルロットを乗せていた男が車のクランクションを鳴らす。
ジュールはシャルロットに君が必要だ、やり直そう、君もその気だろ?という風にシャルロットに愛を伝える。
シャルロットはジュールに一言、歯ブラシを取りに来ただけよ。
出て行くシャルロットと落ち込むジュール、FIN.
miharu

miharuの感想・評価

4.5
アイスを食べたりそれをポイっと捨てちゃったり、目をくりくりさせるシャルロットが本当に可愛い。
e抜け

e抜けの感想・評価

-
19分と短いが満足感さえある
杜口

杜口の感想・評価

3.9
全編ジャンポールベルモンドの喋りに埋め尽くされてる。で、逆にジェラールの方はん〜とかふーんとかしか言わない。
でも、印象に残るのはジェラールのその手持ち無沙汰に動かす可愛らしい仕草ばかり。

台詞に埋め尽くされていながらも、台詞の印象が薄くただの音楽のようで、一周回ってサイレント映画のよう。
題材的にも昔のサイレント時代のコメディっぽいね。
>|