5時から7時までのクレオの作品情報・感想・評価

5時から7時までのクレオ1961年製作の映画)

CLEO DE 5 A 7

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.8

あらすじ

若く美しい歌手クレオは、癌検査の結果を待っていた。パリの街をさまよい歩くクレオは恋人、仲間の音楽家、女ともだち、見知らぬ兵士など、人々との交流を通して、これまでは見えていなかった世界に気付く。そうして心の安らぎを少しずつとり戻した2時間後、クレオは医師から検査結果を告げられる。

「5時から7時までのクレオ」に投稿された感想・評価

ネット

ネットの感想・評価

3.8
男と会う時の若干スローモーションとクローズアップ!
歌のシーンも好き。ズームだけで、映画は現実と空想の壁を越えられる。
カメオ出演のゴダール、帽子被ってるだけなのにキートンにそっくりすぎた。
一般に想像されるフランス映画の雰囲気に割と近いのでは。

このレビューはネタバレを含みます

アニエス・ヴァルダねえ…
ジャック・ドゥミが見初めた女、どんな映画を撮るもんだろう?と思えば、私にはあまり合わなかった。

見所は、階段を降りるクレオに合わせてテンポが変わるオープニング、ミシェル・ルグラン出演。くらいかな。
おしゃれなんだけどコリンヌ・マルシャンはそんなに可愛くないな??
タロットの種明かしが徐々にされていったのが素敵。
sc

scの感想・評価

3.8
カツラ外した後のクレオが綺麗
不安の駆り立て方とカメラの動きがおもしろい
otom

otomの感想・評価

4.5
水は低きに流れる如くな90分の中でテーマのシーンで時が止まる。アニエス・ヴァルダの演出も素敵だけどもやはりミシェル・ルグランが天才的。今を生きよう。
anya

anyaの感想・評価

3.5
クレオが癌の検査結果を聞くまでの2時間を切り取った映画。衣装、街並み、台詞までオシャレ!水玉模様のドレスの形がとてとかっこよかった。
chi

chiの感想・評価

3.9
クレオの過ごす5時から7時までの2時間。それも、癌の検査結果に怯える不安な時間、、、。
そんな彼女を一緒に追いかけてるみたいな感覚で、彼女を見る通りすがりの人達の目、彼女から見えている景色がとっても印象的だった。
そしてそれらが全てモノクロ映像っていうのが私たちをも不安にさせるし、クレオの不安な気持ちやどうすれば気が紛れるだろうって焦る気持ちが伝わってきた。
考えれば考えるほど観れば観るほど、この映画の深みや良さが分かって面白いんだろうなって思う♡とってもオシャレな映画だし、クレオの巻き髪やスカートや帽子も可愛い!それと途中出てくるアンナ・カリーナも可愛すぎでした♡
ムチコ

ムチコの感想・評価

5.0
ルグラン!
なにもかも何かの暗示みたいに思えちゃう時間、それを無理やり引き剥がすようなラスト。おみごと。
ブティックのシーンほんと好き。バスも。

(あと、終盤の軍人さんと会話するとこ、ちょっとパターソン感ある。)
まつこ

まつこの感想・評価

3.5
一瞬で有頂天になる日もあれば、この世の終わりかと思えちゃう日だってある。
生きてるってそういうことなのかな。

クレオが過ごす5時から7時までをオシャレに追いかける。

もう始まりからオシャレすぎ。タロットシーンだけで心掴まれたけど一番好きなのはシャンソンシーン。

でも、あんまりヴァルダはツボじゃないんだなぁと今回改めて思った。あたたかさよりも冷たく感じちゃうからなのかなぁ。女の持つ鋭さに女だから気づいちゃうんだろうか。
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

3.7
ショーウィンドウや車の窓に反射する光景と、その向こう側の景色がオーバーラップする映像が面白い。鏡や自動車の車体への反射も多く用いられ、多重的な画が印象に残る。
歌のレッスンのシーンは、部屋の真っ暗な部分を背景とした顔のアップによって不安な感情を表す表現主義的な演出も。
細かく連続で差し込まれるカメラ目線ショット、ジャンプカット、コマ送りが奇妙な印象を醸し出す。
結構好きな感じの映像だったのだが、コンディションのせいか若干ウトウトしてしまった。
コリンヌ・マルシャンが階段を降りてゆくこと。前半では心理的な要因によって室内をはじき出されて階段を降り市街地へ出てゆくが、後半には彼女はバスを追って駆け降りたり、“端的に”降りてゆくという風に傾向が変わってくる。終盤公園で“端的に”降りていった先に、似たもの同士(=不確実だが可能性のある死に怯える者同士)の男に辿り着く…というのが説話的な主眼なのだろうか。一方でタクシーから階段を駆け上る女友達を見送るくだりや、その直前のサイレント喜劇で階段を駆け上る男のくだりもある(が、いまはとりあえず備忘程度に)。
鏡。服飾店の鏡、車のミラー、広義には窓の反射も含められる。冒頭取り乱して階段を降りた先でマルシャンが見つめて落ち着きを取り戻すのが合わせ鏡。序盤のカフェでは、柱に鏡が付いていて手前の出来事が奥に映るのでこちらの目が泳ぐ。後半にはあまり出てきてない印象。
>|