大殺陣 雄呂血の作品情報・感想・評価・動画配信

「大殺陣 雄呂血」に投稿された感想・評価

MOCO

MOCOの感想・評価

4.5
「貴様(小布施拓馬)が背後から斬るような武士でないこと俺は信じる。弟伝七郎殺害の下手人、貴様ではない。その証拠をこの目でしかと見た。しかし俺にも武士の意地は捨てられん。岩代藩の武士の面目にかけて 斬る!」

 1925年に公開された阪東妻三郎主演「雄呂血」の話を大幅に変更して市川雷蔵を主演に撮影した1966年の映画です。「雄呂血」に比べるとストーリーはしっかりして、悲劇性も増しています。

 信州水無月藩の井坂道場に道場破りに訪れた岩代藩の男を師範が留守であるためお引き取り願った師範代小布施拓馬(市川雷蔵)であったが、男に馬鹿にされた思いから家老の息子が人気のないところで後ろから男を切りつけてしまいます。男は馬上で命を落とし亡骸となって藩に帰ります。
 後ろから切りつける卑劣な行いに藩のとり潰しを怖れた家老は息子の謀叛を隠し、名案を真壁半太夫に託します。半太夫は娘波江(八千草薫)の婚約者である道場の師範代 小布施拓馬に一時的に下手人となり一年ほど姿をくらますよう頼みます。その一年の間に岩代藩とは手打にする約束をしました。
 他言無用の話は半太夫の甥十郎太には襖ごしに聞かれてしまい小布施は「たいへんなことになったなぁ」と声をかけられます。
 約束の一年が近づいたある日、半太夫は心労からか突然倒れ他界してしまいます。
 一年後、半太夫を訪ねた小布施は半太夫の急死を驚き、当時の約束の証明を十郎太に求めるのですが、十郎太は真実を語らず「知らぬ」と言い放ちます。
 水無月藩は藩を守るため小布施を早急に処分する必要があり、十郎太は波江を自分のものにしたかったのです。
 水無月藩の武士に囲まれた小布施は命からがら逃げ出すのですが藩からは上意討ちの命が出、岩代藩からは下手人として、また町で役人を切ったことから手配人として追われることになります。

 父親が約束を果たせなかった謝罪のため小布施を探しに旅に出た波江は、女郎宿の主に捕まり・・・。

 用心棒に成り下がった小布施は雇い主仏の五郎蔵の息のかかった女郎宿に連れていかれ、そこで波江に出会います(時間経過が短く、対面時に悲壮感がないことから波江は客をとった事は無いように思われます)。
 女郎宿への誘いは賞金目当ての仏の五郎蔵の罠でした、小布施は五郎蔵一家と戦い五郎蔵を返り討ちにするのですが、女郎宿の外には役人・水無月藩の侍・岩島藩の侍およそ200人が取り巻いていたのです。

 十手、捕縄、六尺棒、さすまた、梯子、戸板、大八車・・・必死でとらえようとする役人、名誉のため命を奪おうとする二つの藩の侍達との闘いは壮絶です。「雄呂血」と比較されることは必至、素晴らしい出来のモノクロ映画です。
あそこまでやったんだからラストもっと何か盛り上げて「完」が良かった。今の眼で観ると血が出ないのも迫力不足だし。

このレビューはネタバレを含みます

200名を無傷でぶった斬ります。無双雷蔵。理不尽に始まり理不尽に終わる時代劇です。市川雷蔵という役者の存在感だけで説得力を持たせる演出はある意味天晴れです。
Jaya

Jayaの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ストーリー自体はただただ理不尽、平三郎がすべてに裏切られてゆく様が淡々と描かれ、ある種、ノワール的と言えるでしょうか。しかし凛然たる平三郎がカッコいい…。

敵のもう片方はどこ行ったのかという疑問が残ったり、今ひとつなところもある筋立てでしたが、とにかくラストの殺陣が凄すぎました。キレのなさが逆に壮絶な泥臭さを生み出しているようで、色々な意味で雷蔵にしかできない殺陣だろうと感じました。
無音の中、「御用!御用!」の声だけが響き平三郎が佇む様には痺れました。これだけの数の相手、普通に考えれば一人残らず斬り捨てるなんてありえないんですが、平三郎の演技だけでリアリティーを感じさせらるようでした。
精魂尽きるまで斬り尽くしてからのラストも、勝利で終わりながら悲愴感漂うもの。二人がこの後どうなるのか、色々と考えさせられます。

市川雷蔵、個人的に、演技はズバ抜けているものの、作品としては現在では通用しづらいものが多い印象がありますが、この作品は時代を超えるものがあると感じました。
TsutomuZ

TsutomuZの感想・評価

3.2
阪東妻三郎の雄呂血と比べると殺陣も脚本も見劣りする。

ラストの殺陣は見事だが、雷蔵のはリアルになりきれない優雅さが残っているのが逆に足を引っ張っていないか?
市川雷蔵の殺陣の集大成と言われる本作だが、時代を考慮すれば、これまでのチャンバラ映画のようなものではないリアルな泥臭いものにしようとしていたのかなと推測するけど、成功しているとは思えない。

これ以降市川雷蔵は月代を剃り丁髷を結った侍を演じることがないとの指摘は重要だと思う。

藤村志保 必要?
藤岡琢也 なんだったの?
もう一人の真犯人はどうした?
と脚本に難あり。
話のスジが藤沢周平の作品みたいだった。

雛人形で人形流し人身御供とくるから、ラストは女雛男雛だけになるのは良い。

このレビューはネタバレを含みます

陰惨な話で、何とも言いようがない…。

最初、これは『ある殺し屋』の雷蔵、と思ったら、前年の作品だった。まるであの主人公にはこんな過去があったのか、と思わせるような話。許嫁と桃の節句を祝う幸せな時もあったのだ、と。浪人になって荒んでいくにつれ、キャラが眠狂四郎方向に傾いていくのだが。

雷蔵が斬って斬って斬りまくり、ついには剣戟の様式美そのものまでも斬り捨てるかの如く斬り倒して辿り着く境地とは何なのか。これ以降スクリーンで雷蔵さんが月代・丁髷姿で堅気のお侍を演じることはなく、アウトローや裏社会に生きる主人公ばかりを演じることになるのは何やら象徴的。

八千草薫姫、雷蔵映画に登場しても決して雷蔵ガールズのひとりにならないのは美貌と気品によるのか、はたまた演技力なのか何なのか。他社の女優さんだから?しかし、おいたわしさはいかばかり、薫姫までこんな目に会わせるなんて許せない!と憤ってしまう。でも、汚れ役でも汚れない薫姫さすが。ここでは日本のイングリッド・バーグマンとお呼びしたい。

それにしても、最初のところからホントにひどい話。加藤嘉さん、アンマリではござりませぬか。大殺陣の間はバッドエンドにならないことばかりを祈って見ていたが、この結末、ハッピーエンドにも思えない。何故こんな話を書くのか…。レクイエムのような伊福部昭の曲が流れる、茅野の向こうの落日は悲しくも美しかったけれど。

この映画で雷蔵さんは211人を斬っている、とのことである。必死の形相の雷蔵さん、頑張った。

34
とにかくラスト20分の大殺陣がすごすぎてすごすぎて。
約200対1という意味不明な死闘ながらそれを見事やりきる謎の説得力。最初は苦笑しながら観てたのに呆気。

はしごや戸や縄が襲いくる息もつかせぬ立ち回りは、遠景からのアクションは少し緩慢だったが接近したカメラのカット割りは面白かったし、なにより復讐の鬼となり髪を振り乱してなお美しい雷蔵さまの寝剣技も無茶はあれど眼が離せない。全てが終わったあとの呆然とした八千草薫さんと気持ちがシンクロする。

照明の美しさや野山のみずみずしさ、草はらのアングルなどモノクロとそれを生かした演出が光っている。
しのさんがあまりに不憫で神のような存在だった。ラストで報われたと思うしかない。もう少し小道具としてクシ使い所なかったのかな。

突っ込みどころは複数あるけどあんな大立ち回り見せられたら何も言えない。
原点の阪東妻三郎さんの方の活弁ライブ行きそこねたのがくやしいな。またやってほしい。
書庫番

書庫番の感想・評価

3.5
2020年4月29日 Amazon prime video(シネマコレクション by KADOKAWA)にて鑑賞。

ある事件を切っ掛けに取り潰しの危機に直面した小藩を救う為に、無実の罪を被って出奔を命ぜられた若き師範代。
苦難の末に帰参が叶う1年後に約束の地を訪れた彼を待っていたのは、頼りの用人の急死と、同僚の裏切りという絶望であった…。

『座頭市』シリーズの田中徳三監督と市川雷蔵がタッグを組んだ時代劇。
これでもかと言わんばかりに主人公とその愛する者に降り掛かる苦難と絶望。
これが見応え満点の最後の大殺陣へと繋がり、観る者はカタルシスを得る事となる。
とは言え、一人対二百人であの結果はねぇ…。
b

bの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

大殺陣(だいさつじん)雄呂血
己の身と携えた刀のみで地獄を這いずり回る
あまりにも神々しい高潔な人間の姿
最高!!最高ですよコレ。最高の血のバージンロード。もうこの映画最後のシーンをやりきるためだけに撮ったでしょ。
阪妻版よりもっと凄いこともっとカッコイイことやってやろうって気持ちがドンドン画面に乗っかっていって最後の大殺陣は圧巻です。スタッフ役者全員に拍手!!

さておき、一人のバカが死んで、一人のバカが生きたお陰で総勢200人ぐらいが結果的に死ぬっていう物凄いバタフライ効果が起こったわけですけど、主人公が災害か何かか?っていうぐらい強いね。
宮本武蔵の一乗寺下り松の決闘ってこんな感じだったのかしら。なんて。

雷蔵の殺陣って綺麗でおっとりしてる印象ばっかりあるんだけど、こんな泥臭いのも映えるもんだね。心底カッコいい。

最後の一陣吹き抜けた通りに聞こえる啜り泣きと崩れた姿勢で佇む姿。生きる悲哀が滲むラストがまた苦い。生きろ。
>|