隠密同心 大江戸捜査網の作品情報・感想・評価

隠密同心 大江戸捜査網1979年製作の映画)

製作国:

上映時間:86分

ジャンル:

3.3

「隠密同心 大江戸捜査網」に投稿された感想・評価

隠密同心 心得の条
我が命 我がものと思わず
武門の儀 あくまで陰にて
己の器量を伏し
御下命如何にても果すべし
なお、死して屍拾う者無し
死して屍拾う者無し
死して屍拾う者無し

TVシリーズは当時の日産自動車社長の要請で作成され1社提供だった、個人的に金を使ったツケがフランスからゴーン氏をよんだ(笑)
京極夏彦先生にお任せで書いていただいた短冊に「我が命我がものと思わず」と書いてあったので、これはそういうことだと空気を読んでこれを鑑賞。時代劇ってちゃんと見たことなかったけど、けっこうグロくて殺陣とかもしっかりやってた。
なんだか無性に、豪快な殺陣が見たくなって鑑賞。

『大江戸捜査網』は数作しか見てないけど、三船の松平定信はこんなに何もしてないっけ??
ちょいちょい出てきては険しい顔してるだけだし。笑

ただ、序盤の集落襲撃や、ラストの乱戦、そして、爆発爆発、大爆発!
と、映画版ならではの盛り具合で、期待してた殺陣のシーンも、やっぱり松方兄貴は最高でした!

でも、全く隠密してないし、ストーリー規模や、明暗・キメの美学一つ取っても、『仕事人』シリーズの方が俺は好み。
「死してしかばね拾うものなし」というナレーションで有名なドラマの映画化。役人による集落皆殺しシーンで始まる激しくもストレートな勧善懲悪。
隠密同心の成り立ちはちゃんとナレーションで説明してくれるのですが、ドラマの番外編なのでこれひとつではそれぞれのキャラクターの性質や因縁みたいなものが少し分かりにくかった。
「この世に悪がある限り~」みたいなことを言って爆発四散するショッカーみたいな悪役で笑える。
松方弘樹の殺陣は剛剣の使い手感があり、マグロ!という掛け声が似合うかもしれない。
Burnie074

Burnie074の感想・評価

4.0
松方弘樹さん、亡くなるの早すぎだよ。松方弘樹さんの訃報のニュースを知り、大江戸捜査網見たくなってレンタルしてきた。

大江戸捜査網のドラマ、杉良太郎、松方弘樹版、子供の頃、夢中になって見てたっけやっぱり、松方さんの殺陣は最高だね。

松方さんが亡くなり、本家本元の、時代劇役者が里見浩太朗と北大路欣也さんだけになってしまったのは、残念でならない。