「わが教え子、ヒトラー」に投稿された感想・評価

コメディ要素が強い。
ドイツの映画は本当に毎度面白いはずなのに、コメディだけはどうも合わない。
強制収容所にいた元有名俳優のユダヤ人男性。

以前にヒトラーに歌?を教えていた。


ある日、ヒトラーの側近に召集される。

そして…

ヒトラーの演説の指導を任せられる。

若かりし頃の闘争心を甦らせてくれとのこと。

最初それを拒み続けるヒトラーだが
次第に打ち解けていき…

"ヒトラーも人間だった"第二弾。
ただ『ヒトラー最期の12日間』の方が
リアル感はある。

ちゃ…これがホンマの話かが分からん過ぎる…わかれば評価は変わると思われ…

まあ見やすいと思います。
よくあるヒトラー愚弄ものの映画だった。
うーん、私にはレビューできないこれは

ラスト終わってからエンドロールのとこあれなに?

最近週1でユダヤ人迫害がテーマの映画見てるけどね

ヒトラーの内面とかちゃんと描けてたのかもしれないけど、

こういうこと言うと、ファシズム擁護みたいになるかもでいやなんだけど

ヒトラーは人間の弱い部分を多く持ってる人なんだとおもう
結果的にものすごい数の無実の人たちを殺してるわけだから、責めるべきだけど

そこから反省するものとしては彼を笑い物にしてたら同じ道を歩みかねないきがして

彼を認めてから、そうならないためにっていうのが大事じゃないのかな

単純にバカにしていいのは、思考しない人だよ
アイヒマンみたいな

ハンナアーレントが悪の凡庸さって言ったでしょ

とにかく、私たち皆、ほんの少しならヒトラーに共感できる部分があるはず

ないことはない

だから単純に笑い物にするのは違うだろ
ユダヤ人がヒトラーを、ナチスを、ブラックユーモアで包み込む問題作。憎しみは判断を硬直化させる。レヴィ監督の凄さを感じた。
度がすぎるコメディー映画だが、ストーリー性溢れる内容。
フィクションか否かは誰がみても一目瞭然だが、彼のドイツでの一般的な評価がこの一本の映画にまとめられていると思う。
>|